FLOW BLOG

ブログ
データ活用とはー概論ー

【小売DX】あなたの会社に「CCO 」はいますか?

大手小売業の中には「1%の購買率改善で何億円もの利益につながる」ということに気づき、購買率に対して包括的なアプローチを取って売上を大きく伸ばしている企業があります。こうした取り組みを確実に実行するには、企業内に購買率に関する責任者、CCO(Chief Conversion...

データ活用とはー概論ー

【小売】データ分析を成功させるために必要な5つのこと

コロナ禍を生き抜く小売経営の方とお話する中、よく聞かれる質問に「データ分析における最善策は?」「一番良い結果を生み出すソリューションは?」というものがあります。今回はそのご質問にお答えしつつ、何故Flow...

データ活用とはー概論ー

コロナ禍の小売業界を読み解くー経営課題を解決する糸口は?

私達を取り巻く環境が大きく変わった2020年、小売業界はその影響を最も受けた業界であると言えますが、実際に何が起こったのか大きく4つの環境要因に分けて読み解いていきます。そして、急激な環境変化に対応し、迅速な意思決定が求められる経営課題についても触れ、解決への糸口を探っていきます。

Flow Solutionsからのお知らせ

センサー不要!?でも来客数データ化!?ーFlowの新機能Clickerとは?

IoT設置ができない店舗、センサーでは計測が困難な接客数などの活動を可視化したい店舗など、数々のリクエストにお応えするFlowの新機能Clickerのご紹介です。センサー不要、でもデータ化?その仕組みとは?さらに、Flow導入をまずは無料で!?新プランFlow FREEも登場!ぜひご一読ください。

リテールDX

【店前通行量】から潜在的な見込み顧客を知りアプローチへとつなげる!ーFlow計測領域ー

店前通行量は、店舗・施設前を通過する方々の人数を計測します。「店には入らなかった、しかし入る可能性を秘めた潜在顧客」であるこの数字つまりは来客数の母数を知ることで、精度の高い入店率を導き出し、来店促進策の検証や販売機会の増減を理解するのに役立ちます。

イベントについてのお知らせ

Flow Solutionsは「リテールテックJAPAN」(3/1~3/4@東京ビッグサイト)に出展いたします

Flow Solutionsは、2022年3月1日(火)〜4日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「リテールテックJAPAN」に出展いたします。リテールデータ活用プラットフォームFlowを実例を交えてご案内するだけでなく、新たな「計測機能」や「サービス体系」をデモを交えてご紹介いたします。

リテールDX

【購買率】は自動算出されてこそ意味があるーFlow計測領域ー

「購買率」は店舗のパフォーマンスを「見える化」する指標として、小売業界においては必ず議題に上がる重要KPIです。この値は、購買客数÷来客数で算出されます。つまり、実際の売上と来店されたお客様の人数という、店舗の実績値そのものを使って導き出されるものです。

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

【来客数】計測で収益アップを支援!IoT機器の選び方は?ーFlow計測領域をご紹介しますー

実店舗や施設において「来客数」を測定すると、「顧客とスタッフの安全を確保」しながら「事業戦略に利益をもたらし、収益を増加させる」ことができます。店内分析を確実に運用し活用していくために、一番基本となる欠かせない要素である「来客数」の測定ーIoT機器のご紹介と共に解説いたします。

イベントについてのお知らせ

【イベント報告】12/15「リテールDXプラットフォーム 」5社共催ウェビナー~顧客に愛される小売DXの4つの要素とは?~

12/15に開催された5社共催セミナーの内容を、一部取り上げてご紹介します。Well Direction, Inc代表取締役の向井氏をファシリテーターに迎え、DXを担う5社の営業担当がパネリストとなってディスカッション。台本ナシ、ぶっつけ本番の本音トークを展開しました。今後も楽しみなウェビナーです!

Flow Solutionsからのお知らせ

弊社CEOと共に振り返る2021年ーFlow Solutions 挑戦の日々

私たちFlow Solutionにとって2021年は、小売業界の効率化を図りながらも、新たな価値提案と買物体験を実現する「データドリブン経営」を浸透させるため、挑戦し続ける一年となりました。今年最後の本ブログでは、Flowの一年を振り返ります。

Flow Solutionsからのお知らせ

年末年始の営業につきまして

Flow Solutionsの2021ー2022年、年末年始営業につきましてご案内申し上げます。2021年12月29日~2022年1月3日まで休業となりますので、何卒宜しくお願いいたします。

イベントについてのお知らせ

12/15水 5社共催ウェビナー「リテールDXプラットフォーム」 お申込み受付中!

12/15水に開かれる5社共催ウェビナーをご案内。DXソリューション企業5社が業務提携して生まれた「リテールDXプラットフォーム」とはなにか?、小売業の皆様の多くがお悩みの「どうやってDXを進めていくのか?」「なにから始めればよいのか?」、をパネル・ディスカッション形式でズバリ!お答えいたします。

リアル店舗を盛り上げよう

アパレル店舗での報告業務は非効率?時間的ロスを減らす方法

Flow SolutionsでSales Associateを担当しています坂本です。アパレル店舗スタッフのアルバイト時代、その当時当たり前と感じていた作業が実は効率が悪かったのではないかと、FLOWで働いているうちに実感し、その率直な意見を今日は共有させていただきます。

働き方改革で業務効率化

福利厚生の一環〜Flowスタッフ古都鎌倉ハイキング報告【Flowの働き方】

コロナ禍のリモート・ワークでなかなか実際に会えなかった「仲間たちに会うこと」。そして「運動不足解消」。スタッフの健康・メンタルをケアすべく、福利厚生の一環としてハイキングを企画したフローソリューションズ。さてその顛末は?弊社のカルチャーを知っていただく一端になれば幸いです。【Flowの働き方】

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ⑥ 計測領域その4 「店前通行量」「施設混雑状況」

「データ活用AIプラットフォームFlow」の計測領域がいかに店舗経営に役立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』、最終回です。計測領域「店前通行量」と「施設混雑状況」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

詳細レポート

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)⑥詳細レポート

「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回が最終回。Flowの具体的機能「詳細レポート」について、例を交えてご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

スタッフブログ

統計的情報デザインの実践【Flow Tech】

ビジネス向け製品において、Webやモバイルのサービスサイトの設計・デザインは、その利用傾向に合わせて構成する必要があります。つまり、製品に関するデータ・情報量に応じて、整理・簡略化された画面設計が望ましいとされます。その手法について、Flow SolutionsのUI/UXデザイナーがご紹介します。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ⑤ 計測領域その3 「レジ待ち混雑」「試着室利用」

「データ活用AIプラットフォームFlow」の計測領域がいかに店舗経営に役立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。第5弾は具体的な計測領域「レジ待ち混雑」と「試着室利用」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)⑤レポート機能Pulse

小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第5弾、Flowの具体的機能「Pulse」について。報告書はここまで効率的かつ有効なツールになります。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ④ 計測領域その2 「来客属性」「立寄人数」

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。第4弾は具体的な計測領域「来客属性」と「立寄人数」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

ダッシュボード

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)④ダッシュボード

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第4弾、Flowの具体的機能「ダッシュボード」について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ③ 計測領域その1 「来客数」「購買率」

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。今回第3弾は具体的な計測領域をご紹介。はじめは「来客数」と「購買率」。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)③Flowの有効性ー事業KPIの統一

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第3弾「事業KPIの統一」について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ② Flowの「効能 (2/2)」

厳しい市況にある小売業の皆様を「データ活用AIプラットフォーム」でサポートしたい。Flowが必ずや貴社のお役に立つことをお伝えしたいーシリーズ『Flow計測領域の意味と効能』で、その想いをお伝えしていきます。今回は第2弾「効能」(前回の続き)について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

リテール分析

経営課題解決のヒントがここに!小売店舗での「顧客分析データ」需要と傾向

コロナ禍において「入場制限や営業短縮が続くことで集客ができず、売り上げが伸びない」「客足が戻らないかもしれない中、実店舗の顧客分析を行う価値はあるのか?」といった経営者の方々の声は多いと思います。今回、海外事例を交えながら、「実店舗における顧客分析データ需要の傾向」についてお伝えしたいと思います。

リテール分析

小売店の運営を効率化ー3つのKPIに焦点をあてて目標設定を

運営状況を知るための情報ソース「本社から共有される売上レポートや上長からの口頭での情報共有」「長年の勘」「POSなどの売上データ」などの他に、複数のKPI(重要業績評価指標)を加えることで、店舗の運営状況をより深く詳しく知ることができます。そのKPIに目標を設定し、運営の効率化を図っていきましょう。

接客を極めよう

【小売業必見】交渉で使える!心理学に基づいた3つのテクニック【スタッフブログ】

ビジネスシーンで欠かせない「交渉」。必須のスキルでありながら「交渉」は、マニュアル通りにやればうまくいくというものではなく、それぞれが経験を通して自分の型を身に付けていくものです。心理学のテクニックを取り入れながら交渉力をアップしていきましょう。

店舗運営を学ぶ

仕事ができる店長「3つの共通点」 【コロナ禍の今だからこそ見習いたい】

お客様と接する販売スタッフをまとめ、ブランドの魅力を最大限に発信する役割を担うストアマネージャー/店長は非常に重要な存在です。今回は、これまで数多く店長と接する機会のあった弊社Customer Success Managerが「今こそ見習うべき優秀な店長 3つの共通点」を解説します。

スタッフブログ

それは他山の石ではない? ~ワクチン接種DXを参考に~【スタッフブログ】

コロナ禍が続く中、ワクチンによる免疫を取り入れてこの困難を乗り越えようとする一方、世間一般ではまだまだ様々な懸念や不満があるのも事実。この状況って…どこかで聞いたことありませんか?たとえばビジネスのこれからの展望とか...デジタル庁の誕生とコロナウィルスにみる共通点とは?

売上を上げるためには?

【コロナ禍の今だからこそ見直したい】小売店でPDCAサイクルを回すための5つのヒント

同じような立地にあるのに、売れる店舗と売れない店舗というのは存在します。仮に、同じ立地、同じVMD、同じ商品で営業をしても、差は生まれるでしょう。何が差を生むのでしょうか?店舗の売り上げを上げるためには、「データに基づき計画し、効果測定を行った上で改善策を実行する」ことです。

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

フロントエンド・エンジニアがStorybookを選ぶ3つの理由 【スタッフブログ】

「UIコンポーネントの設計とそのテストは、退屈でめちゃくちゃ時間のかかる作業である」というフロントエンド・エンジニアにとっての今までの常識をくつがえす、作業を大幅にスピードアップさせることができるツールがあるのをご存知ですか?

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

東京オリンピックにみた、少し控えめなAIやロボットの活躍

東京オリンピックでは、日頃からたゆまぬ努力を重ね大会に出場した選手たちの、熱い想いを目にしました。そしてまた、AI・ロボットたちも控えめではありながら、未来に期待できる存在として活躍していました。

リテール分析

AIカメラの属性分析でサイネージの導入効果を最大化

「コンテンツをお客様の属性(年代、性別)に適したものにしたい...でも、できるのかな?」「サイネージ前のお客様に適した映像コンテンツを自動で表示させたい...」そんな要望を実現できるサイネージが、株式会社ステラリンクから誕生しました!!

リテールテック

「クーポン」をよく使っていますか?人工知能とデータサイエンスのアルゴリズムが、ターゲットを絞ったマーケティングを提供します。【スタッフブログ】

皆さんに質問です。「商品を購入する時に、クーポンを使いますか?」「全く使わない?」ではそれはなぜ?そもそも割引クーポンは、商品の販売促進や、値頃感による差別化のために使われるものです。新規顧客の獲得や、既存顧客の活性化にもつながり、ビジネス的には「ビジネスの引き込み役」となる役割をもっています。

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

スマホの登場で私達の生活はどのように変わったのか?

スマートフォンは1996年にNokia社が自社の携帯電話を「スマートフォン」と呼んでから25年。今や私達の生活に欠かせないデバイスとなっています。スマートフォンの登場がどのような衝撃を与え、私達の生活をどのように変えたでしょうか?今回はスマートフォンの歴史や今後について考えてみたいと思います。

リテール分析

KPI 「転換率(購買率)について」

入店したお客様のうち何人が購入に至ったか?という割合をしめす転換率(購買率)。入店客を、どの位「購買者にできた」もしくは「出来なかった」を数値化するため、目になかなか見えづらいパフォーマンスを評価する方法として適しています。

データ活用をはじめよう

【来店客数計測】トラブルの少ないシステム・ハードウェアは?

コロナ禍の影響によって人の行動や流れが変化し、店舗に足を運ばれるお客様の数自体が激減している昨今、来店客行動を分析していくことは、買い物体験に満足していただける様な、ファンを創るための取り組みや、ソーシャル・ディスタンスの観点からの入店人数制限など、いま効果的に打ち出せる施策につながると言えます。

データ活用をはじめよう

リアル店舗とECの連携-成功事例にみる共通点【後編】

厳しい市況の中、EC売上が順調に伸びている企業がいるその一方リアル店舗の売上が減少しているという現状。ECへの積極投資&リアル店舗との連携深化を進めることで売上アップを目指すには?成功している企業の事例を見てその秘密に迫ります!【後編】

店舗運営を学ぶ

WiFi分析に関するよくある5つの質問

この記事ではWiFi分析についてお客様からよくいただく質問についてよくいただく質問とその解答を紹介しています。

リテール分析

ウィズコロナの小売経営に、データ活用が必要な理由

新型コロナウィルスの出現は消費者の買い物パターンに変化をもたらしました。このため、去年や数年前などの過去データのみならず、今現在のデータの推移、MI(マシーンラーニング)やAIツールによる予測モデルを使用した今年のリアルタイムな状況の洞察に焦点を当てる必要が出てきています。

KPIへの理解を深める

【6つのKPI】来店客数計測を店舗パフォーマンス改善に繋げる

小売店の店舗運営改善の鍵は、店舗の生のデータを収集し、店舗スタッフがその分析結果に基いたアクションを起こすことです。「来店客数」を計測することで、小売店の分析に必要な様々なデータを得ることができます。この記事では、来店客数計測で得られるKPI(重要指標)をご紹介していきます。

データ活用をはじめよう

いま取るべきビジネス戦略:山本康正 著 「シリコンバレーの一流投資家が教える  世界標準のテクノロジー」の中で弊社が紹介されました

「東大卒×元米ニューヨーク金融機関×ハーバード大学院理学修士×元グーグル×現ベンチャー投資家」という経歴の著者が、世界で活躍するトップエリートの知見を紹介しながら今とるべきビジネス戦略を解説。弊社Flow Solutionsは「第三章 リテールテック体験としての売買」の中で掲載されております。

購買率とは

「売上」を本当に理解するための3つのポイント

ほとんどのリテールマネージャーや店長さんにとって、「売上を上げること」ほど大きな目標はないのではないでしょうか。そこで問題ですが、あなたは「売上」について本当に理解できていますか?そもそも売上とは何なのか?なぜ、思うように売上が上がらないのか?を紐解くポイントをご紹介します。

店舗運営を学ぶ

意思決定のスピードをあげるためにOODAを活用

これまで業務を改善するためには、PDCAを回すことが常識でした。しかし、このニューノーマル時代にはスピードが求められます。そこでいま注目を集めているのがOODAループです。

来店客数を増やす

客数の把握はできていますか?来店カウンター設置のススメ

来店客数をどの様に計測されていますか?入店カウンターもしくはピープルカウンターとして耳にされる方も多いでしょう。来客数カウンターまたは来店カウンターとも呼ばれるこのシステム、なぜ必要なのでしょうか?

来店客数を増やす

VMD計測  どんな方法でしていますか?

VMD変更後どのように計測していますか?Flow SolutionsのプラットフォームInSightを初めて目にしたときは、正直目からうろこでした。私がお店で働いている時にこのシステムに出会っていたら、なんて役に立ったのだろうと...そして作業時間を短縮できたのだろうと…。

来店客数を増やす

店内分析、Wi-Fiとカメラの違いは?

店舗分析システムの導入を検討しているお客様からいただく質問に、「来店者の分析につかうソリューションで、Wi-Fiとカメラはどう違うのですか?」というものがあります。

イベントについてのお知らせ

2/9(火)Flow×はたLuck共催セミナー開催決定! 【実践リテールDX・ポストコロナで押さえるべき店舗販促〜データ活用の基本】

新型コロナウイルスの影響や近年のIT化、お客様の要望は絶え間なく変化し続けています。その要望に応え続けるため店舗を運営する企業側も、変化に対応する体制を構築する必要があるのではないでしょうか?テクノロジー活用により変化に強い店舗づくりを支援する「Flow...

リテール分析

店内分析の用語解説!

まずは店内分析をはじめるにあたり、基本的に知っておくべき知識・情報があります。今回はそれら用語ごとにまとめてご紹介いたします。関連コンテンツもぜひご活用ください!

Flow Solutionsからのお知らせ

2020年Flow Solutions 〜1年を振り返ります!〜

2020年は誰にとっても未曾有の体験となりました。Flowにとっても、会社のあり方や今後の方向性について、また「今できることは何か」深くスピード感を持ち考える機会となり、スタッフが一丸となり今ある姿へと形作って参りました。Flow...

店舗分析を学ぶ

「お客様視点」で考える、小売店舗分析ソリューション 〜導入検討編〜

店舗分析ソリューションをどのように選ぶべきでしょうか。「売上を向上したい」というゴールはあっても、そのゴールへの達成方法は様々です。お客様に選ばれるブランドで居続けるためにはお客様のことを一番に理解していることが必須。まずはお客様視点に立ち返ってみることで、スタートラインが見えてくるはずです!

リテール分析

VMD担当者必見!店内レイアウトの効果測定法とは?

貴方の店舗で、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)を作る目的は何ですか?ブランドや、VMD担当者によっても、様々な考え方があるかと思いますが、重要なことは「店内のそれぞれのエリアにしっかりと役割を持たせた売り場をつくること」です。

店舗運営を学ぶ

[ケーススタディ] 店舗運営部必見!スタッフ配置と教育で、店舗パフォーマンスを効果的に向上

入店客数が確保できているのに、売上が伸びない・・もしくは何となく肌感で時間によって店舗スタッフが足りていないかも・・?と感じたことはありませんか? 店舗運営部でお悩みの方に、スタッフシフトの最適化・教育によってパフォーマンスを向上する例をご紹介します!

店舗分析を学ぶ

エリアマネージャーが注目すべき、小売データ利用

店舗への来店客数、客層(男女比率、年齢)、売上データ、スタッフデータを連携し、店舗のパフォーマンスを多角的に分析することが可能となりました。各店舗の店長やスタッフへの研修を実施した後の成果や、日頃の接客努力を検証することはエリアマネージャーの責任の一つです。

店舗運営を学ぶ

店舗で計測するべきKPI TOP5

小売業のKPIを追跡することが重要なのです。主要業績評価指標は、あなたのビジネスがあなたの目標に向かって軌道に乗っているかどうか、そしてあなたの全体的な戦略を達成しているかどうかを判断するための重要な指標を追跡します。

リテール分析

性別、年齢の識別が85%以上可能に!

フランス発、Quividi(クイヴィディ)社により低コストの Web カメラから高精細の IP カメラまで、用途に合わせたカメラを利用し 0.1秒以内の顔認識速度と精度で、視聴者分析ができる時代が到来!

イベントについてのお知らせ

10/6(火)Flow×ロコガイド 共催セミナー開催決定! 【実践リテールDX・ポストコロナで抑えるべき店舗販促〜データ活用の基本】

今回のセミナーは、AI搭載プラットフォームを活用した店舗データ分析のFlow solutionsと、全国5万店舗の情報発信を支援しているロコガイドが、「実践リテールDX・ポストコロナで抑えるべき店舗販促〜データ活用の基本」として、これからの時代に対応すべく、それぞれの視点でポイントを解説いたします。

Flow Solutionsからのお知らせ

〈プレスリリース〉設置工事不要【月額9,900円から小売店舗や商業施設での分析が開始できる】株式会社Flow Solutions(フローソリューションズ)からの新提案

既設の防犯カメラを活用してデータ分析がすぐに始められるのがFlow Visionです。初期費用をおさえて、簡単に導入でき、混雑状況やマスク着用状況の把握、利用者数や属性などのデータが測定ができます。

Flow Solutionsからのお知らせ

〈プレスリリース〉クラウド分析の価値提案が評価され、2020年アントレプレナー・カンパニー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞

「現在のCOVID-19パンデミックを考えると、人の流れに貢献するクラウド分析は、更にこれからの時代に必要な方法となる。小売の市場をリードし建物などの空間へと早期から広げており、セグメントと価値提案に成功している、いまもっとも注目すべき新興企業である。」フロスト&サリバン社

リテール分析

効果的なパイロットプロジェクトを行うための5つのポイント

パイロット・プロジェクト(先行的、試験的事業企画)は、新技術への評価と本格的な導入へ向けた手始めとして、非常に一般的な方法であり、分析ソリューションを対象としたパイロットも例外ではありません。今回は、小売店向け分析ソリューションのパイロット・プロジェクトを成功へと導く近道をご紹介します。

リテール分析

ウィズコロナ 消費者が面倒に感じることの変化「レジ待ち」

NRIが調査した「新型コロナウイルス感染拡大による生活の変化に関するアンケート」として「店舗で買い物をする際に、面倒に感じることの変化」の中で、店舗での「支払い・レジ待ち」をより面倒に感じるようになった人が64.1%も存在し、コロナ拡大前の56.9%を超えていることに注目したい。

店舗運営を学ぶ

「2025年、人は「買い物」をしなくなる」を読んで気づいたこと

ここ数年、百貨店、スーパー、専門店といった小売業界が試練に直面している。10 年前とは明らかに買い物の仕方が変わっている。買い物離れはなぜ起こっているのか?本書では「デジタルシェルフ」「サブスク」「AI」「ショッピング体験」などのキーワードを軸にトレンドの変化について解説している。

イベントについてのお知らせ

ニューノーマル時代のリアル店舗戦略セミナー  野毛印刷×Flow Solutions  [ウェビナーレポート]

今回2つのセミナーに共通して、デジタルとリアルの境目はもはやなく、融合させ新しい形態の中で「ブランド観」を作っていくことがニューノーマル時代には必要であるということを感じました。では、具体的にどこから始めるべきでしょうか?そのヒントがギュッと詰まった1時間となりました。

リテール分析

マーケティングミックスとは?マーケティングの基礎知識を身につけよう‐4P編

一度分析し戦略を立てただけでは日々変わる競合や顧客の変化に対応できません。マーケティングミックスを活用し何度もPDCAを回していくことが大切になってきます。PDCAを回す上で重要なのが、実行結果を正確なデータをもとに評価することです。いまマーケティングの効果測定が可能になっているのをご存知ですか?

KPIへの理解を深める

7/17(金)Flow Solutions × 野毛印刷 共催セミナー開催のお知らせ

ブランド価値を高めるためのリアル店舗のカスタマー・エクスペリエンス戦略とは?ニューノーマル時代でのリアル店舗で、特に注目したいKPIやLTVを高めるために必要なポイントは?7/17(金)オンラインセミナーをお見逃しなく!

KPIへの理解を深める

店長とSV編:事実(データ)に基づくコミュニケーションの大切さ

コミュニケーションで大切なのは、「事実」と「意見」を分けること。これは本社と店舗がともに売上改善に取り組む際にも同様です。それは具体的にどういう事なのでしょうか。また、どうすれば実現できるのでしょうか。

Flow Solutionsからのお知らせ

Flow News 2020年5月 第4週

Flow  News 2020年5月第4週を更新しました。47都道府県において緊急事態宣言解除が発表されたことから、来店客数は4週連続で増加しています。

Flow Solutionsからのお知らせ

Flow News 配信のお知らせ

弊社Youtubeチャンネル(Flow Channel)では動画ニュースの配信を開始します。

リアル店舗を盛り上げよう

発熱を瞬時にチェック サーマルカメラの特徴をご紹介します

東京都が全ての都立学校でのサーマルカメラ導入を発表するなど、Covid-19感染拡大予防としての利用が広がります。Flow Solutionsでは少人数を把握するのに便利なハンディ型と店舗/施設など間口の広い環境に適しているタレット型をご用意しております。

Flow Solutionsからのお知らせ

データドリブンな運営 Flowダッシュボードを使って占有率をスマート管理

Flowのプラットフォームは、資本的費用をかけずに迅速かつリモートで展開できます。ダッシュボードは中央集中型コマンドセンターであり、カスタマイズ可能なゾーンベースの占有、自動アラート、データベース管理、および中央集中ポータルを介し通信管理します。これからの小売に欠かせないデータドリブン...

KPIへの理解を深める

The Importance of Occupancy Counting

The strict occupancy limits will be essential for safe shopping. Even once retail businesses reopen it's the responsibility to keep employees and...

Flow Solutionsからのお知らせ

新型コロナ影響下でのリモートワーク 導入一ヶ月後アンケートよりFlow Solutions2020版

完全にリモートワークで運営されている会社も少数ながらある中、多くの会社にとって、大きなチャレンジであったかと思います。今回弊社も、土台が少なからずあったとは言え、強制的に全員がリモートワークとなる状況でした。これからの働き方にどう影響してくるでしょうか?

リアル店舗を盛り上げよう

アフターコロナに備える 小売店人材育成のアプローチ方法

店舗運営において、重要かつ奥深い仕事の一つに人材育成があげられます。2020年新型コロナの影響で、様々な分野でのオンライン化、デジタル化が急激に進んでいます。人材育成に関しても同様に、今までの予算配分を見直し、オンラインコンテンツを新しく取り入れていく機会としましょう。

データ活用をはじめよう

店舗混雑の解消! 提案型の予防策を打つ

三密の予防策として、少人数での買い物や、混雑時間帯をずらした買い物への呼びかけがなされている中、混雑時には人が密集する状況が続いています。店舗前にて入場制限を行う店舗も見られ、様々な施策が取られています。

小売業界ニュース

アフターコロナにむけた3つの店舗戦略

COVID-19による経済影響が深刻な中、生き残りをかけた戦略の見直しがなされています。今回はアフターコロナに向け、小売企業様の取り組みと、店舗戦略3つをご紹介いたします。

自宅で学ぶ!無料オンライン講座

全国の緊急事態宣言の発令により、家で過ごす時間が増え、家でできるアクティビティーやe-ラーニングの需要が高まっています。家にいる時間を、スキルアップに活用してみませんか?今回は家で学べる無料オンライン講座について紹介します。

顧客満足度を高める方法

新型コロナウイルス 買い物で気をつけたい5つのトピック

日常で買い物でウィルス感染防ぐための対策について見てみます。買い物で注意すべき点は、人々の密集だけではありません。感染性のSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)は、銅では最大4時間、厚紙では最大24時間、プラスチックとステンレス鋼では最大3日間持続することがわかっています。

店舗運営を学ぶ

売れる商品を発注やレイアウトに活かすー買う理由の想定ー

新しい顧客分析技術が積極的にEコマースでは活用されていますが、POSレジが主流の実店舗において、データ活用の実際は、店内で扱っている商品情報の把握にとどまります。扱っていない商品が売れる可能性や売れない理由を、仮説を立て意思決定をしていくのは店舗における店長の重要な仕事になります。

客単価を増やす

家で過ごそう「STAY HOME」小売の今と今後

全国への緊急事態宣言を受け、7都府県に加え各自治体に休業要請が委ねられる状況となっています。営業している店舗と休業している店舗があり、先の読めない不安がありますが、エビデンスの高い情報の収集をし、現在の消費者動向を押さえ、小売業界一丸となって今と今後に備えていきましょう。

マスクについて知っておきたい色々な事

新型コロナウィルスが流行して以来、マスク不足、様々なマスクにまつわるニュースが報道されています。 マスクについての色々な情報が飛び交う中どの情報が正しいのかわからなくなってしまう場面も多いです。今回は正しいマスクの使用法などについてまとめてみました。

KPIへの理解を深める

《 小売 データを読む 》 新型コロナウィルスの影響により購買率に変化が!

新型コロナウィルスの影響による外出自粛要請を受け、全国の商業施設にて来店客数が大幅に減少しています。弊社ではお客様の来店情報を注視するとともに、変化が起こっているKPIについて監視を続けております。その中で、小売店舗の重要な指標である「購買率」に関して変化の兆しがみられたためご報告いたします。

Flow Solutionsからのお知らせ

Flow Academy 期間限定無償キャンペーンのお知らせ

Flow Solutionsとして、「今できること」。そして、応援以上にこの局面を乗り越えてからも皆様のお役に立てる情報を提供できるのではないかという思いを形にするべく、弊社では微力ながら小売店舗向けスタッフオンライン学習サービス「Flow...

リアル店舗を盛り上げよう

実店舗だからできる!商品がそこにある強みー非計画購買の心理に迫る

新型コロナが収束をみせず、自粛要請が強化されています。行動制限により経済の低迷、小売業界においては大きなダメージとなっております。人が店舗に溢れる日が再び訪れることを強く願いながら、実店舗だからこその強みを再確認し今後の施策への一助としていただきたいと思います。

データ活用をはじめよう

小売店シフト管理をもっと効率的にする2つの方法

従来の「従業員に作業を割り当てていた」方法から「作業に従業員を割り当てていく」方法へ。作業の標準化と効率的な人員配置は、人件費を節約しながら、売上や顧客サービスの向上を図ります。シフト管理がもっと効率的に!!

来店客数を増やす

SCビジネスフェア2020に出展いたしました

1月22日(水)~24日(金)にパシフィコ横浜で開催された第44回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2020」で、弊社もブース出展・セミナー開催を致しました。

イベントについてのお知らせ

出展のご案内:SC BUSINESS FAIR 2020に出展いたします

Flow Solutionsは、2020年1月22日(火)から24日(金)にパシフィコ横浜にて開催されるSC BUSINESS FAIR 2020(ショッピングセンタービジネスフェア)のSC Tech Forumに出展いたします。

イベントについてのお知らせ

セミナーレポート:~ビックカメラグループの経営及びデジタル戦略とIT基盤について Cisco Connect Japan 2019 ~

2019年11月26日(火)に東京ミッドタウンで行われた、「Cisco Connect Japan 2019」の基調講演で、株式会社ビックカメラ 執行役員 システム部長の菊池 秀樹さまが同社の経営、デジタル戦略についてお話されていました。その一部を抜粋してご紹介いたします。

イベントについてのお知らせ

イベント参加のご報告「KDDI∞Labo全体会 @11/21DIGITAL GATE」

2019年11月21日(木)にKDDI DIGITAL GATEで行われたKDDI∞Labo全体会にて、リテールテック企業を代表して、スタートアップピッチに参加しました。当日は、弊社CEOのチャド・スチュワートが登壇し、満員の会場で我々の取り組みとソリューションについて説明をいたしました。

Flow Solutionsからのお知らせ

新メンバー紹介!小売の未来を創造するFlow Solutionsに新マーケティングマネージャーがやってきました!

私たちのお客様・パートナーシップをもつ企業様に、Flow の 新メンバー、マーケティング・マネージャーをご紹介致します。今後ますます小売業界で期待される店内分析システムについて、より多くの方に知っていただき、活用していただくための活動を進めてまいります。

イベントについてのお知らせ

イベント出展のご報告「デジタル時代に向けたニューリテイル戦略」

2019年10月10日(木)に富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター(港区浜松町 世界貿易センタービル)にて行われた、「専門店企業様向けセミナー デジタル時代に向けたニューリテイル戦略」において、「Flow Insight」の展示説明を行いましたのでご報告いたします。

アパレル業界人におすすめ情報

リテールの主要「KPI」その①

リテールパフォーマンスを高めるブログでは、KPIレシピシリーズと第して、KPIが下がっているときの対処法について連載してきました。今回は、リテールのKPIについてどのようなものがあり、どのような指標として使えるのかをまとめてみたいと思います。

リアル店舗を盛り上げよう

ニューリテール:「小売業」と「データ活用」がキーワード

「ニューリテール」は、オンラインとオフラインの融合を意味する「OMO(Online Merger Offline)」と近い概念で、「小売業」と「データ活用」をより強調したものです。顧客視点を核とした新しい小売りビジネスモデルに注目です。

データ活用をはじめよう

パルコ、ピーチ・ジョン他、リテール×デジマ先進企業が語る、OMO事例と成功のポイント![aCrew参加レポート]

O2O、オムニチャネルなど、これまでにも様々なリテール戦略がありましたが・・次に押さえておくべきキーワードは「OMO」です。といっても、OMOがどんなものなのか理解できていない、リアルな事例が見えていない、という方も多いのではないでしょうか?

店舗分析を学ぶ

[KPIレシピシリーズ] 店舗スタッフ編まとめ

店舗データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」です。今回は、店舗スタッフ編のKPIレシピ記事をまとめてみました!VMD・売上・サービスの3つの面から、店舗の施策を考えています。ぜひご活用下さい。

リアル店舗を盛り上げよう

小売店で天気予測を活かす!!

天気予報に信頼性が増してきている現代、天気予測情報をリアル店舗でも活用していきましょう!

リテール分析

世界のユニークな自動販売機

海外からはじめて日本に来た観光客が驚くことの一つに自動販売機の充実度があります。 海外旅行に行ったときには、日本の自動販売機の便利さを改めて実感したものです。

接客を極めよう

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「購買率」が下がったら?お客様を知る観察から適切なアプローチを

データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」 購買率が下がった際のアプローチ、あなたはどのような工夫をしていますか? 今回のテーマは、売上向上の重要な要素である「購買率」の向上を目指すためのアクションについて考えていきます。

インバウンド対策

売上を上げる3つのヒント;日本とイギリスの買い物体験の違いを通して

毎回人気のインターン生による記事シリーズ。今回はイギリスから来日中のインターン生による「日本とイギリスの買い物体験の違い」についての記事です。日本の小売企業が、参考にしたいアイディアや今後目を向けるべき問題点についても触れられている記事となっています。

Flow Solutionsからのお知らせ

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。 夏季休業期間 2019年8月10日(土)~2019年8月18日(日) ※8月19日(月)より平常通り営業いたします。

店舗分析を学ぶ

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「客単価」が下がったら?実店舗での売上向上に効く!アップセル・クロスセルのコツをご紹介

データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」 客単価が下がった際のアプローチ、あなたはどのような工夫をしていますか? 今回のテーマは、客単価の要素である「平均商品単価」「平均購入件数」の向上を目指すためのアクションについて考えていきます。

接客を極めよう

接客スランプの時に見直したい、お客様とのコミュニケーション

販売職をしていたら、接客をしても結局お客様が購入することなく帰ってしまう「スランプ」の時期は必ずといっていいほどやってきます。スランプに陥ると、一生懸命になりすぎて接客をしても、結局ただお客様を迷わせてしまったり、まわりのスタッフの接客と比べて落ちこんでしまうときもあるかもしれません。

Flow Solutionsからのお知らせ

3 Great Things About Working at Flow

We are currently looking for new members of the team and partners, who want to be actively involved in improving the retail industry!

KPIへの理解を深める

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「平均商品単価/客単価/平均買上点数」が下がったら?店舗で確認するべきVMDのヒントをご紹介!

「KPIレシピシリーズ」第4回目に注目するのは、KPI「平均商品単価」と「客単価」「平均買上点数」の3つのKPIです。この値が下がった時に、店舗スタッフがVMDで確認すべきこと・取り組むべきおすすめのアクションは?ご自身の知識と、照らし合わせる機会にして下さい。これからも続きます!!

eコマースの成長と小売業界の変化

ここ数年で小売業界にもさまざまな変革が起こり、たくさんの新たな技術が生まれました。今回はeコマース市場の成長と、それが小売業界に与えた影響について振り返ってみます。

客単価を増やす

衝動買いを誘う!心理戦略とマーチャンダイジング

「衝動買い」は、「予定していなかったのに、つい買ってしまった」という人の心理からうまれた行動のこと。ネガティブな印象を受けがちですが、思いがけない商品に出会い、満足感を得ることもあります。衝動買いを誘う戦略をご紹介します。

小売業界ニュース

サブスクリプションサービスの進化

利用する期間に応じて料金を支払う、サブスクリプション(定額制)サービス。近年は音楽配信・映像配信などのデジタルコンテンツだけでなく、食事や化粧品、ファッションといった様々なサービスが登場しています。これらの「サブスク」ともよばれるサービスは世の中にどの程度浸透しているのでしょうか?

KPIへの理解を深める

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「購買率・売上」が下がったら?「試着・テスター」で売上アップ!

データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」 第3回目に注目するのは、KPI「購買率」と「売上」の2つのKPIです。 リアル店舗においては、お客様が来店しお買い上げに至るまでに、実際に商品を試して感動していただく体験が必要です。

KPIへの理解を深める

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「滞在時間」が下がったら?店内環境の最適化ポイント

データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」第2回目に注目するKPI再来店率と滞在時間の2つのKPIです。あなたが店舗の状況をチェックしたとき、再来店率と滞在時間の数値が下がっていた場合どのような施策を行いますか?

KPIへの理解を深める

[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「購買率/滞在時間」が下がったら?店舗で確認するべきVMDのヒントをご紹介!

今回は「購買率/滞在時間」が下がった時、店舗スタッフさんがVMDで確認すべきこと・取り組むべきおすすめのアクションをご紹介します。日々の仕事の目安としての活用や、特定のスタッフのみでなく、働くスッタフ全員が共通認識で取り組めるマニュアルとしてご活用下さい。

データ活用をはじめよう

小売データ活用の必要性、社内で伝えられなくて苦労していませんか?

日本の小売業界でも、様々な顧客データの取得が可能になってきています!企業内のそれぞれの部署で、その必要性を認識していても、なかなか社内に浸透させるのは難しい様です。様々なプロジェクトを立ち上げてきた経験から、私がお伝えしたい改善策をこのブログでお教えいたします。

イベントについてのお知らせ

[セミナーレポート]「デジタルプロモーション×リアル店舗効果測定」〜コミュニケーションデザイン事例にみる、お客様を惹きつけるVMDとは〜

デジタル化が加速するオムニチャネル時代の今、アパレル業界ではデジタル・リアル問わず、包括的な顧客体験が求められています。リアル店舗ならではのコミュニケーションデザインで、より魅力的な購買体験を実現する方法をご紹介するセミナー「デジタルプロモーション×リアル店舗効果測定」を開催いたしました。

店舗分析を学ぶ

小売店になぜ必要?リテールカスタマージャーニーマップ①

カスタマージャーニーマップは、顧客がコンバージョンに至るまでの道筋を図式化したものです。顧客との最初の接触から、エンゲージメントのプロセス、購入までの経緯を分析することで、より一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

店舗分析を学ぶ

オムニチャネルで顧客体験を向上させる

現代の消費者はほとんどの場合、複数のチャネルと複数のデバイスにまたがって買い物をしています。そこで重要となってくるのがオムニチャネルの活用です。オムニチャネルのメリットとしては、各チャネルが相互に接続され、より効果的な多角的アプローチができる事にあります。

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

新時代に向けてチェックしておきたいVR店舗の未来

小売業界においても、これから様々な技術革新が起こることが予想されます。VR技術が発展し続けている現在、拡張現実感(AR)と仮想現実感(VR)は、ショッピング体験を完全に変革し、魅力的でインタラクティブなショッピング体験を私達に見せてくれることでしょう。

Flow Solutionsからのお知らせ

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。ゴールデンウィーク休暇期間:2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月)※5月7日(火)より平常通り営業いたします。

KPIへの理解を深める

小売の重要なKPI:商機をつかむ時間帯 を見逃さない

入店客数が多く商品が売れる時間帯は商売をしていれば誰もが知りたい条件の一つ。この「売れる時間帯」、オンラインビジネスでは既にデータ化し分析されているのに実店舗では経験や勘に頼った分析がまだまだ続いています。しかし!実店舗でも実測が可能となりその必要性が認められつつあります!

店長さんにおすすめ情報

自分に合うパーソナルカラーで魅力を引き出す

あなたのパーソナルカラーを知ることによって、似合う洋服の色や傾向がわかったり、それぞれのタイプに似合う色を身につけることで、肌の色が引き立ってより魅力的に見えるなどの効果があります。

データ活用をはじめよう

小売業界で働く方の生の声!! 「データの活かしかたが分からない…」

「データは収集できているのに、どう活用していいのか分からない!どこから手を付けたらいいのかわからない!」多くのお客様から頂く声です。今回頂いた要望の中から、現場で働く店長・スタッフが、共通の認識でアクションを起こす事ができる為のご提案です。