【6つのKPI】来店客数計測を店舗パフォーマンス改善に繋げる

by Marie, on 2017/03/13 6:20:00

小売店の店舗運営改善の鍵は、店舗の生のデータを収集し、店舗スタッフがその分析結果に基いたアクションを起こすことです。
「来店客数」を計測することで、小売店の分析に必要な様々なデータを得ることができます。
この記事では、来店客数計測で得られるKPI(重要指標)をご紹介していきます。

 

関連記事
小売店でデータを有効活用する4つのポイント
店内分析をすることで期待できる効果

 

 

データ収集とビジネス 


 

1. 来店客数
来店客数は継続してそのデータをモニタリングし、現在のデータと過去データと比較することで、有効な分析ができるKPIです。
現在の来店客数が、前日/前週/前年の来店客数に比べて、どのくらい上がっている/下がっているかを見てみましょう。

また、来店客数は、景気や天気、立地等の様々な要因に数値が左右されやすいKPIです。
もともと店舗の出店場所やブランディングに失敗している場合には、なかなか数値を伸ばすことが難しくなってしまいます。

 

2. 購買率
購買率は来店客数計測で得られるデータのなかでも最も重要な指標の一つです。
これは来店客数データとレジの売上データを統合することで、その数値を算出することができます。

購買率は、店舗が来店客をどれだけ購入客に転換できたかを表します。
つまり、店舗スタッフの努力の結果を表す指標といえるでしょう。
来店客数とは異なり、店舗の外部からの影響を受けにくいので、接客等の店舗のアクションの結果を知るためには、この購買率をモニターしていくのがよいでしょう。

このeBookを読む

 

3. 店舗前通行量
店舗前通行量を測ることは、小売店の立地を決定するために重要な数値です。
一日を通して数値を計測することで、店舗のピークタイムを予想することも可能です。

店舗前通行量を計測する技術は来店客数と同様のものなので、既に来店客数計測をしている店舗にセンサーを追加で設置することで、簡単にそのデータを得られます。

 

4. 来店率
来店率は、キャプチャーレートとも呼ばれ、店舗前歩行者のうちの、来店した人の数をあらわします。
来店率によって、店舗前のディスプレイデザインや、店舗前に設置したサイネージ看板の効果測定ができます。
そういう意味で、VMD担当者は注目すべきKPIといえます。

 

5. パワーアワー
パワーアワーは、1日のなかで最も店舗の混み合う時間帯のことを指します。
これを計測することで、営業に必要なスタッフ人数がわかります。
また、パワーアワーを軸においたスタッフの休憩時間予測により、無駄のないシフトで効率よく営業を行うことができます。

 

6. 売上/来店客数
来店客数に対して、どれだけ売上を伸ばせているかをモニターすることも大切です。
来店客が多いにも関わらず売上が伸ばせていない…というときには、「来店客が多かった」という感覚に頼るのではなく、「何人が来店していたのか」という実際の数値を知ることが大切です。
アウトレット店や大型店舗等、お客様全員に接客することが難しい店舗では、購買率と併せて、この指標に注意していきましょう。


関連記事
来店客数計測で店舗パフォーマンスを向上させる方法
店長必見!データを用いた確かな販売トレーニング法 

 

ビジネスとデータ分析

 

小売店分析では、数値で一日の結果を知るだけでは意味がありません。
上に挙げたデータを継続して収集し、過去データと比較分析していくことが店舗パフォーマンス改善につながります。
毎日KPIを確認し、店舗のデータの傾向を把握しましょう!

こちらのeBookで、今回挙げた6つのKPI以外のものをご紹介しています。
KPIで店舗のどのようなことがわかるのかを今すぐチェック!

 リテールアナリティクスKPI eBook

 

Topics:店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1