データ活用とはー概論ー

小売業に欠かせない「KPI」を知っていますか?

売上高と利益、在庫数、時間あたりの売上高、客単価などなど。多大な情報を、あなたのお店では、どうやって 管理し、どのように評価していますか?


小売店舗には大量のデータがあります。
売上高や利益、在庫数、時間あたりの売上高、客単価などなど...

それだけの多大な情報量を、どのように管理し、どのように 評価していますか?
 
kpiを書く手
 

今の小売業界で必要とされ、注目されているのが
Key Performance indicators(重要業績評価指標)KPIです。

KPIを車に置き換えて考えてみましょう。
 
あなたの愛車のダッシュボードを見てみると、全てのデータ(スピード、燃料、水温、距離、回転速度などなど)が一目瞭然です。運転をする時に、ガソリン残量を確認し、回転数やスピードなどから、何か微調整する必要がないか、その値を見て判断しているはずです。
 
 車のダッシュボード
 
 
これは、小売店でも同じことが言えます。
 
店舗のパフォーマンスを把握できる重要な数値を一目瞭然に見ることが出来れば、店舗の運営がうまく行っているのかどうか、見極めることが出来ます。

そして、その数値に基づいて、店舗スタッフがアクションを起こすことで、店舗パフォーマンスを向上させることが出来るのです!

 
flow_reports
 こちら弊社Flow Solutions、実際のプラットフォーム画面になります
 
 
この、店舗パフォーマンスを知る為の重要指標こそが、「KPI」です。
 
小売店舗のKPIには様々なものがあります。

購買率、来店客数 、店舗前通行量 、リピート訪問客数、 来店率、試着率 、ヒートマップ 、パワーアワー 、スタッフサービス 、外国人来店客数 、外国人来店の購買率、ROI、GMROI、一万平方メートルあたりの売上高、販売数、回転率、利益率、返品率、生涯顧客率...etc
 
 
では、数あるKPIの中で押さえておきたい小売店のKPIは何でしょうか?
 
 
 

 
小売店でぜひ抑えておきたいKPIは購買率・来店客数・客単価です。
何故なのかは、これからそれぞれのKPIをご説明しますので、納得していただけるかと思います。
 


それでは見ていきましょう。

 

1. 購買率

この値は来店客のうち、購入した買い物客の割合を表します。
来店客数とは違って、天気や店舗外からの要因を受けにくく、店舗パフォーマンスを表す指標のなかでは信頼度が高い値といえます。
 
また、スタッフの努力の成果をあらわす事ができるので、店舗や店舗スタッフを正当に評価するという点で注目すべき指標でしょう。 

 

2. 来店客数

 
この数値は他のKPI指標を算出するときに必要となる、全てにおいて基礎となる指標です。

購買率も来店客数をもとに算出されます。
 
モニターキャンペーン
 
 

3. 客単価

 
買い物客の購入傾向を知り、商品販売の戦略を練る際に有用な指標です。
商品をセットで組んで販売できているか等、スタッフの販売力やトレーニングの成果を測る際にも用いることができます。
 

店舗で設定したKPIを営業中や営業後にこまめにチェックすることで、今店舗がどういう状態なのかをより具体的に知ることができます。

KPIで店舗の状態を分析し、戦略をたて、実行する。

この作業をPDCAやOODA
活用し、改善していくことが成功の鍵といえるでしょう。
 
eBookをダウンロード   リテールKPI用語・活用ガイド
 

■ Flow Solutions 会社概要
株式会社 Flow Solutions は、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始、アパレル、雑貨店をはじめ、家電量販店など、すでに800を超える店舗の売上改善のためのデータ活用を提供。店舗可視化IoTシステムを通じて取得する顧客行動データの提供、データ活用のためのアフターサポート、さらにデータからすぐに行動につながる、通知サービスの提供を開始、小売課題解決のためのあらゆるソリューションを提供しています。
店舗分析に関することなら何でも、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせ

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。