店舗前の通行人を来店客に変える5つの方法ーウィズコロナー

by Asako, on 2021/06/24 8:00:00

緊急事態宣言の解除に伴い、人出が増加しています。

一日にどれだけの人が店舗の前を通行しているか、また、そのうちの何人が入店したかをご存知ですか?

ワクチンが普及するまでは、まだまだ感染予防に徹した集客を行う必要がありますが、全ての店舗前通行人が、お客様になる可能性を秘めた「潜在客」です。

店舗売上を向上させる為の第一歩は、商品を売る以前に、潜在客に入店を促し、来店客を増やすことです。

TOPICS:

1.来店率を把握する

2.ディスプレイ
 
3. アプローチ

4.キャンペーン

5.プロモーション
まとめ
 

 
pedestrians-1209316_640

店舗前通行量の少ない閑散期は、ひとりひとりの通行人を来店につなげる大切さを感じますが、店舗が賑わい混雑しているときには、接客や業務に手一杯で、店舗の外の通行人にまでは目を配ることができない...という経験がおありではないですか?

もしあなたの店舗がそのようであるならば、お客様になるはずだった人に、店舗の存在を気づいてもらえていないかもしれません。

店舗前通行量が多く、商機のあるときこそ、通行人に積極的な働きかけを行い、一人でも多くの方に店舗に入って頂く必要があります。

 

「通行人」を「お客様」に変えるために!

店舗の前を歩いている人を、あなたのお店のお客様に変える5つの方法をご紹介します。

1. 来店率を把握する

入店を促すアクションを起こす前に知っておきたいことは、お店の正確なパフォーマンスです。

何人が店舗の前を通行しているのか、そのうち何人が入店したのかを正しく知りましょう。

 

小売店のパフォーマンスを把握するためのKPI(重要指標)のひとつに、来店率があります。

来店率=来店客数÷店舗前通行量

来店率は入店率とも呼ばれます。

この来店率を継続的に計測し、通行人の入店にどのような変化があるかをチェックすることで、パフォーマンスを正しく把握します。

 

また、入店を促すためのアクションを起こす前と起こした後の来店率を比較することで、そのアクションが効果的なものであったかを検証することができます。

入店率に必要なデータである来店客数と店舗前通行量は、来店客数カウンターでの計測が正確です。


関連記事:

客数の把握はできていますか?来店カウンター設置のススメ

来店客数をどの様に計測されていますか?従来のPOSレジのみの計測にとどまっていませんか?ピープルカウンターまたは入店カウンターとも呼ばれるこのシステム。何故、必要なのでしょうか?

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ① Flowの考える「データドリブン経営」とFlowの「効能(1/2)」
来店率を上げるために、実際の数値から傾向を読み取り、施策へと繋げるためのヒントをご紹介します。

tram-3329586_640

2. ディスプレイ

ディスプレイは入店を促す上でもっとも効果的なツールです。
通行人の目をひく、思わず入りたくようなディスプレイを考えましょう。

ここでは、ディスプレイのチェックポイントを挙げておきます。

  • トレンド:トレンドを意識した色やデザインにする

  • ライト:店内を明るく見せるようにする、店舗の世界観に合わせて見せ方を工夫する

  • 什器の高さ:通行人の目の高さから見て圧迫感を与えないようにする

  • 導線:人が入りやすいスペースを確保する

  • 他店舗との比較:周囲の店舗と比較して目をひくようなものになっているかを考慮する

  • 商品:売れ筋商品、目玉商品をディスプレイで見せる

他店舗の調査をすることで、自店のディスプレイを客観的に見ることも効果的です。


3. アプローチ

外から店内をみたときに、お店が繁盛していたら、思わず入りたくなるものです。

VMDを活用してビジュアルでお店の魅力を発信していきましょう。
QRコードからWEBへの流入を狙うなどの施策も有効です。

▽お店のパフォーマンスは測定できます▽

新規CTA

 

4. キャンペーン

通行客増加を見込める週末には「2点購入で10%オフ」等、来店客にメリットのあるキャンペーンを実施しましょう。

その際、ボードや装飾を用意し、通行人に伝わるような工夫をしましょう。アプリを使ったクーポンの発券で、店舗に足を運ぶ予定でなかった通行人をお客様に変えていきましょう。

デベロッパーのバーゲン時期や、各催事のイベント時期に、店舗特有のキャンペーンと連動させることで、さらなる来店客増加を期待できます。


関連記事:

「クーポン」をよく使っていますか?人工知能とデータサイエンスのアルゴリズムが、ターゲットを絞ったマーケティングを提供します。
クーポンは、ユーザーに対してブランドの影響力を高めることができるツールである一方、どのクーポンを提供すべきかは非常に難しいことです。AIを活用すれば、コストを押さえて運用することが出来ます。

iphone-410324_640


5. プロモーション

繁盛する休日やバーゲン時期の前にキャンペーンを行うのであれば、あらかじめ準備をしておくことが大切です。

ディスプレイに、数日後のキャンペーン広告を貼っておくだけでも、必ず何人かの人はそれを見ています。

未来のお客様が店舗の前を通行しているかもしれません。

通行人が店舗を見たときに、店舗に入ることでメリットを得られるようなプロモーションを考えてみましょう。


AIカメラの属性分析でサイネージの導入効果を最大化【スタッフブログ】
店前を通ったら「惹かれる画像が目に飛び込んできた」「欲しい物リストにあったものを思い出した」そんな理由でお客様は来店に至ります。



FireShot Capture 079 - 「StellarSign×AI顔認証システムFLOW」販売開始 - StellarLink - www.stellarlink.co.jp

StellarLink様webサイトより引用



まとめ

今回のブログでは、店舗前通行人を来店客に変えるための方法を見てきました。

売上を伸ばすために、購入客を増やすことはもちろん大切ですが、その一歩前の段階として、来店客を増やすことも大切です!

通行人にあなたのお店を知ってもらい、店内に入ってもらうためのアクションを起こしましょう。


そして通行人へのアプローチを最適なものにしたら、来店率のデータを追跡し、通行人を来店客に変えられているかをチェックすることをお忘れなく。

 

もし店舗で、店舗前通行量や来店客数を計測していない場合は、正確な来店率を知るためにも、来店カウンターの導入を検討しませんか?店内分析ソリューションガイドのダウンロード

Topics:来店客数を増やすKPIへの理解を深めるリアル店舗を盛り上げよう
テーマ別おすすめ記事

More...

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1