小売業界にいるなら理解しておきたい!トラフィックを計測・分析するメリット

by Sawako, on 2016/08/18 14:06:55

トラフィックカウンター(来店客数計測をする機器)が既に店内に設置されてはいるけれど、
どの様に効果があるのかハッキリわからない・・・
 
そんな方に読んでいただきたい、トラフィック=来店客数を計測し分析することの意義です。
 
 
>関連記事はこちら
 
 
 
 
 
なぜ世界のトップリテーラーたちは、トラフィックデータを計測するのか?
 
その答えは、

パフォーマンス向上の余地を確実なデータを元に予測することが出来るから

日々の購買率を売上と同様に重要指標として扱い、一定の成功確率を保つことが出来るから
 
 データ
 
 
 
従来のPOSレジのみの計測であると、売上予測は過去の売上と購買者数のみのデータとなるため、正確性は85%
従来のPOSレジにトラフィックカウンターを加え、過去の売上と購買者数と来店者で売上予測を立てると、正確性は95%にまで上がります。
 
この信頼性の高いデータから、

経営層の方は、より精度の高い売上・利益予測が立てられる

マーケティングでは、行ったキャンペーンのROIとトラフィックデータを毎回比較していくことで、成功したかどうかの評価、また改善すべき点について施策が立てられるようになる

・店舗開発時に、一平方メートル当たりのトラフィックや、売上と同等に重要指標の”購買率”を使い店舗のパフォーマンスを視覚化することができる

・店舗運営に関して、来店者数の時間的推移を視ることで雇用計画が立てやすくなる

・他の要因と混同することなく、一定期間中の"購買率"で店舗を評価出来、スタッフ全体で集中して売上の向上に取り組める
 
 
正確なトラフィックデータを収集したい!試してみたい!活用したい!

そんな方のお問い合わせを、心よりお待ちしております。

  お問い合わせ 
 
 
店内分析のメリット
 
 
関連記事はこちら
 
売店の店舗運営改善の鍵は、店舗の生のデータを収集し、店舗スタッフがその分析結果に基いたアクションを起こすことです。「来店客数」を計測することで、小売店の分析に必要な様々なデータを得ることができます。
この記事では、来店客数計測で得られるKPI(重要指標)をご紹介していきます。Read more »
 
 
店舗運営において、分かり安く図案化すると、6つの大きなポイントがみえてきます。店内の分析をすることで、店舗における 転換率、再訪割合の把握ができる。それにより、本社で自社のビジネスパフォーマンスについて評価し、 競合他社との比較が可能に。Read more »
 
 
Topics:購買率とは売上を上げるためには?店舗運営を学ぶ店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1