店長やエリアマネージャーが知っておきたい!実店舗だからできるインストアマーチャンダイジング

by Sawako, on 2020/03/13 8:00:00

 新型コロナの出現と自粛により、どの小売産業もダメージを受けています。しかし終息は必ずや訪れ、人が実店舗に戻り溢れる日が必ず来ます。その時の為に、今まで忙しく出来なかったことなどに目を向け、準備するチャンスと考えたいものです。

インターネット販売が急激に伸び、個々に向けたダイレクトマーケティングが発展し、消費者の購買行動に大きな変化が見られています。しかし、人が実店舗で購入する行動は今後もなくならないと予測され、より好みの店舗を選択し、満足を求めた買い物体験が重要になってくるでしょう。 

TOPICS:

1.  売る側視点から買う側視点へーインストアマーチャンダイジングとは

2. 短期的売上額増加に期待!ーインストアプロモーション

3. 特定スペースの売上最大化を図るースペースマネジメント
 

 

businessman hand show black cover book of success business as vintage style concept

1.売る側視点から買う側視点へーインストアマーチャンダイジングとは

 従来の販売方法では、売上拡大を狙った一方的な販売促進の傾向がありました。しかしネット販売の出現で、パーソナライズされた買い物体験が可能になった今、実店舗においても、個々にあった商品提案や、消費者のイメージを膨らませ、納得・満足して購入する購買促進の提案型販売が求められています。売る側視点から買う側視点への発想の転換です。

インストアマーチャンダイジングISM(Instore Merchandising)のことで、商品購買力を高める戦略のことです。
購買意欲を高めるために、お客様の目線に立った、買う側視点の工夫を織り交ぜていきます。

具体的には、定番商品の売場効率を向上させる棚割り、エンドスペースやプロモーションスペースの売場効率を高めるテーマディスプレイ、立寄率を上げる動線作りのことで、大きく以下の2つの戦略に分けて考えられます。

・短期的な効果を期待するインストアプロモーション
・売り場の生産性を高めるスペースマネージメント

 

2.短期的売上額増加に期待!ーインストアプロモーション

 注目される季節的なイベントや、店頭でのデモンストレーション販売など、商品認知度を高め購買を促していく、直接的プロモーション活動です。

ディスプレイやPOP広告などの手法を利用し、特定の売場へ誘導したり、衝動買いの誘発や関連商品の購買誘発、特売やタイムセール、実演販売など、多面的に仕掛けをしていきます。

Shopping Concept - Small Flag on a Map Background with Selective Focus.-1

 

3. 特定スペースの売上最大化を図るースペースマネージメント

 スペースマネージメントとは、売り場のスペースを最大限効果的に活用し売り場生産性を向上させる方法です。言い換えると、より多くの消費者が購入に至る商品を、より見つけやすい位置に、見つけやすいスペース配分で陳列しコントロールしていく方法です。ROIという経営指標を使い、施策と評価を繰り返し、向上を図っていきます。(次回のブログにてROIの算出方法について触れたいと思います)


関連記事はこちら:
1,あなた自身が好きなお店や商品のファンになったきっかけを考える→2,お客様視点で考える
見るべきKPI指標と改善策が一目瞭然でわかる!!
店舗のファンを増やす方法をマーケティング視点で考えてみた

店のレイアウトで大切なポイントとは?そしてレイアウトを変更した効果が測定できるのをご存知ですか?
売上につながる!店のレイアウトで抑えたい2つのポイント


 伸び続けるネット販売では、計画的購入に至ることが多く、それに比べ実店舗では、非計画的購買(衝動買いや想起購買)の確率が高いといわれています。このことから見えるのは、実店舗における購入機会創出の鍵は、お客様が購買意思決定をする時のアプローチと言えます。どんどん商品購買力を高めていきましょう!


新規CTA

 お問い合わせ 

< TOPへ戻る

 

Topics:KPIへの理解を深めるリアル店舗を盛り上げよう店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1