お問い合わせ
ログイン

来店客数とスタッフ数、一緒にカウントしてませんか?スタッフ除外機能についてご紹介します!

by Sawako, on 2021/07/08 17:00:00

来店客数のうち、スタッフを含んだカウントはどのぐらいでしょうか?スタッフの出入りの機会が多い小売店舗は考慮すべきです。


TOPICS:


来店客数に、スタッフもダブルカウントしてる?

スタッフをカウントしてしまうと、どんな影響がある?

スタッフカウント除外機能について

ストアコミュニケーションプラットフォーム Flowとは

 

35306793_l

来店客数に、スタッフもダブルカウントしてる?

店舗されるお客様の数を「IoTセンサーでカウントしたい!」又は「すでに取り組んでいる!」という方に質問です。
来店者数のうち、スタッフの数はどのくらいカウントされているでしょうか?

・スタッフが頻繁にお客様を外までお見送りする
・ディスプレイを変え、店舗外から確認をする回数が多い
・スタッフの入れ替わり、店舗外の休憩をこまめに取る
・セキュリティスタッフがいる

来店者数に比べて上記のようにスタッフの出入りが多くなる場合には留意すべきです。

 

スタッフをカウントしてしまうと、どんな影響がある?

上記のような店舗の場合、スタッフをカウントしてしまうことで、どのような影響を受けるでしょうか?

基本的に来店客数を把握する場合、POSなどのデータとの連携も検討されると思います。すると、来店客数だけでなく、全体の分析データにも影響を与えてしまう場合があります。

例えば、IoTセンサーから計測された来店客数が1時間あたり40人、うちスタッフカウントが10回も行われていたとしたら実質30人の来店客数となります。また、POSから購買客数が8人だとわかりました。この場合の、シミュレーションをしてみます。



購買率 = 購買客数÷来店客数×100 になるので、

(スタッフ数除外なし)
来店客数40人のうち購買客数が8人=購買率 約20%

(スタッフ数除外あり)
来店客数30人のうち購買客数が8人=購買率 約27% 


いつも同じような割合でスタッフの出入りがあるとすれば、購買率の把握に影響はありませんが、日によって偏りや変動が起きていたりすると、分析データに影響を与えてしまうことも。

また、ウェブ上でもあり得る事ですが、トラフィックが伸びていると喜んでいたら、実はスタッフのアクセス数が増えていた、なんてことが、スタッフ数の除外をしないと起こってしまうのです。

shopping-1015437_640 (1)

スタッフカウント除外機能について

それでは、そのような小売店企業さまに向けて、今回のスタッフ除外機能について、少しだけご紹介をさせていただきます。

【どのようにスタッフカウントを除外する?】

 従業員のカウントを除外するには、Bluetooth Low Energy(BLE)を搭載した専用のタグをスタッフが着用します。カウントを行うセンサーに登録をすることでリンクして機能します。
 
 
【タグは目立たない?】
 
 スマートフォンほどのサイズです。白を基調としたシンプルなものですので、目立たないデザインです。

FireShot Capture 019 - 2021_0625workshop-SNS-Blog - Google スライド - docs.google.com
 

▶︎詳しくはお問い合わせください!
お問い合わせ



ストアコミュニケーションプラットフォーム Flowとは?

実店舗のパフォーマンス計測に欠かせないKPI数値をはじめとした、あらゆるデータの可視化・統合をする、小売店のためのプラットフォームです。

PC

POSデータをはじめ、スタッフ人数・天気・マーケティングなどの店舗データと、IoTデバイスから取得する来店客数・店内動向・属性データなどを掛け合わせた結果から、店舗運営やキャンペーンに活用しましょう!


経験と勘に頼ってしまいがちな店舗運営に、現場でスピード感あふれるOODAループを回せる様に、データ活用の導入・浸透

多店舗経営により見えにくい「売上向上のカギ」を、定量的な効果測定で発見

現場と本部のコミュニケーションのすれ違いを、データ活用で解決

 


すでに日本トイザらス様やベイクルーズ・グループ様をはじめ、800店舗以上での導入実績があり、多彩なビジュアルと用語説明により誰もが使いやすいプラットフォームです。

まずは、オンラインデモで体感してみませんか?お気軽にお申し込み下さい!
オンラインデモをはじめる#スタッフ除外 #来店客数 #ピープルカウンター #来客カウント #データ分析  #フローソリューションズ

Topics:Flow Solutionsからのお知らせAI/IoT/デジタルの最新テクノロジー
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1