FLOW BLOG

ブログ
接客を極めよう

【小売業】交渉で使える!心理学に基づいた3つのテクニック

ビジネスシーンで欠かせない「交渉」。必須のスキルでありながら「交渉」は、マニュアル通りにやればうまくいくというものではなく、それぞれが経験を通して自分の型を身に付けていくものです。心理学のテクニックを取り入れながら交渉力をアップしていきましょう。

リテール分析

来店者カウンター(トラフィックカウンター)とは

「トラフィックカウンター」それは日本語に訳すと、”来店者数を数える機械” です。入り口の目立たない天井に設置されており、お店に来る顧客数、来店時間をカウントしデータとして記憶します!

リテール分析

集客に課題ある飲食店が始めた店舗分析【店前通行量計測】

飲食店が直面している「客足が伸びない」という課題に対して、「店前通行量」のデータ分析を導入した事例を通じて、店舗にまつわるデータ分析がもたらす影響と、それに基づいた挑戦について、体験談をご紹介します。

Flow Solutionsからのお知らせ

【来店計測データ】2024年4月の店舗KPIからみえる傾向は?

4月の来店客数から見える傾向をご紹介します。最大10連休となった2024年GW前半、来店客数、売上、購入件数、購買率などの前年比はどのような傾向を示したのでしょうか?店舗KPIの傾向値をより早く正確に把握することで、効果的にPDCAを回すことができるようになります。

Flow Solutionsからのお知らせ

【速報】2024年 GW リテール来店客動向

最大10連休となった2024年GW。インバウンド客が急増する中、国内居住者の人流分析では全国7都市の主要計9駅において昨年比1~2割ほど減少したといいます。小売店舗への人流傾向はどうでしょうか?弊社データ集計による【2024年GWトラフィックトレンド】を公開いたします。

リアル店舗を盛り上げよう

来店計測カウンターをアパレル店舗に導入するメリットとは?

来店計測テクノロジーは、アパレル業界における効率性と生産性向上のための鍵となります。店内の顧客行動データを活用し、Flow Assistant(フロー アシスタント)を利用することにより、店舗スタッフはより顧客に対して最適なアプローチができるようになります。

データ活用とはー概論ー

【来店客数カウンター】とは?計測のしくみとツールをご紹介します!

小売店舗や施設において「来客数、滞在時間、属性などを計測したい」という方必見。どの計測方法が目的に合ったソリューションでしょうか?手動でカウントする方法から、最新テクノロジーを使ったAI搭載カメラまで、いま熱い【来店客数計測】テクノロジーをご紹介します。

リアル店舗を盛り上げよう

アパレル店舗の収益向上に必要な5つのポイント

「我々が収益を得るのは店以外にない」これは、今年4月にユニクロの柳井会長が入社式で新入社員に呼びかけたことばです。アパレル店舗の収益を向上させるために、店舗運営を見直すべきポイントは数多くありますが、その中でも特に注目すべきポイントを5つご紹介します。

データ活用をはじめよう

【アパレル店舗】購買につなげるための人員配置とは

小売店舗において顧客の購買を最大化するためには、スタッフの効果的な配置が重要です。トラフィック(来店客数)と顧客コンバージョン(購買率=買上げ率)の洞察を活用し、スタッフのスケジューリングを最適化することで、顧客満足度を高め、効果的なサービスを提供できるでしょう。

データ活用の豆知識

売上アップ【データ活用の豆知識】KPIで見える商機の最大化

オンラインストアがKPI(重要業績評価指標)を用いてサイトのパフォーマンスを測り、お客様を呼び込んだり、購入機会を逃さない施策を実行できるのと同様に、実店舗においても店舗KPIの計測ができる様になっています。店舗パフォーマンスの可視化により、売上機会を最大化し、売上損失を減らしていきましょう。

AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

来店客数の前年比較から導く、業務効率化とは

来店客数の前年比較により、店舗経営における重要な洞察を得ることができます。信頼できる数値に基づいた前年同月や2019年との比較から、傾向を把握し施策評価をすることで、より市場に合わせた施策立案ができます。これにより店舗の競争力を強化し、収益向上につなげることができるでしょう。

リアル店舗を盛り上げよう

小売店舗の集客が難しいときに重要なのは、来店客計測の存在

小売店舗の集客課題解決において、データ活用が重要な役割を果たします。来店客数や入店率、購買率などの指標を正確に把握することで、集客施策の効果を客観的に評価し、最適な施策を展開することが可能です。