データ活用とはー概論ー

店舗のデータとは?なぜ重要?効果的な活用方法を解説!

店舗運営においてデータ分析は必要不可欠となっています。しかし、せっかく蓄積されたデータを分析するノウハウがなく、手つかずのままに店舗業務が営まれている企業様は多いです。昨今の予測困難な市場において、肌感だけの運営では気づいた時に重大な損失を生んでいる恐れがあります。データの活用に力を注ぎましょう。


 

 

目次

データ活用の現状
データ活用の流れ
行動▶修正▶行動のサイクルを止めない
効果的に評価をおこなう

小売DX

 

データ活用の現状



データは、確実に蓄積されたデータから市場の変化や傾向を示します。

ですから、こういった市場の変化を正確に捉えることが出来なければ、施策のどこに、どれだけのコストをかける必要があるのかなど、明確に示すことが難しくなります。

データ活用の現状Flow Solutions

(Flow solutions作成)


結果として、店舗も本部も、効果的な施策から結果に結びつけることが難しくなり、右往左往することになります。こういった、データを利用しない肌感だけの運営をしている企業、またはデータ収集はしているものの活用できていない企業はとても多いです。

市場の変化に柔軟に対応をした施策を行うために、常に店舗のいまの状況を、正確な数値として把握する必要があります。

そしてその現状を分析し、傾向と対策を立て続ける必要があります。

 

店舗運営者の経験や肌感という貴重なスキルを、更に確証へと変化させていかなければならないのです。

 

データ活用の流れ

 

データ活用の流れは、大きく4つの項目に分別され、「現状把握」「目標設定」「日々実行」「検証確認」の順番にサイクルしていきます。

ダイエットを例として、ひとつひとつの項目において何をすべきか考えてみましょう。

ダイエット手順(Flow solutions作成)


上記の様に、ダイエットの要素を把握して、それに対し確認・行動を起こすことで継続的な行動計画を立てることができます。

では、店舗ではどうでしょうか?


店舗手順(Flow solutions作成)


ダイエットと同じ様に、数値を元に継続的な行動計画を立てることで、目標達成へと向かっていくことができます。
 
 
 
行動▶修正▶行動 PDCAのサイクルを止めない

 

よく耳にするPDCAサイクルは、データ活用のうえで欠かせない手法です。
 
一番重要な点は、CとAの部分である「日々実行」と「検証確認」を、どれだけ多く経験するかということになります。経験を積むことによって施策・行動の質は高まっていきます。

PDCAサイクルを回すFlow Solutions(Flow solutions作成)
 
日々変化する現状に対して、スピード感を持ちながら、改善・継続を繰り返して行う、施策・行動にこそ誰もが再現可能なスキルとして成功例になると考えられます。

【関連記事】
 
効果的に評価をおこなう

 
Flowを活用することで、明解かつ総括されたデータを閲覧・分析が可能になります。
 
データ収集を行っているものの、活用ができていない企業が抱える課題の共通点は、①データが散在しており共有に時間がかかる②利用者(スタッフ)が理解しにくいデータ分析ツールを利用している③ツールの導入後にサポートがない、といったことが挙げられます。
 
弊社では、サービス導入前にお客様の課題に沿ったサービスのご提案と、導入後にはユーザー様の課題に適した分析方法をご提案しています。
 
店舗データの可視化Flow Solutions(Flow solutions作成)
 
 
各要素を多角的に分析することができる弊社の店舗分析コミュニケーションプラットフォームFlowは、今ある店舗の課題を見つけやすくなり、その課題に対してデータをもとに改善していく仕組みとなります。
 
 
データを使うと、意思決定のスピードが上がり生産性の向上がみられます。特に、本部だけでなく、現場で的確な行動修正を行えることが、売上向上への一歩へと繋がっていくのです。
 

店舗スタッフの行動は、お客様とスタッフ双方の経験として結果が残ります。データはその結果としてお客様とのつながりを可視化します。例え小さな行動でも、お客様にとっては忘れられない経験となり、その経験を積み重ねていくことが、店舗そして企業にとっても歴史となり、真価となるのです。

 

フォームで問い合わせる

 
 
 
ウェビナーで店舗のデータ活用術をご紹介
店舗運営をダイエットに例えると?PDCA編

⬇動画をクリックして開始⬇
 

 



■ Flow Solutions 会社概要


株式会社Flow Solutionsは、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始し、アパレルや雑貨店、家電量販店など、これまで100社以上・900店舗以上へのシステム導入と3,000以上のセンサー接続実績があります。 リテールデータ活用AIプラットフォームFlowは、IoTによる人流計測データや既存データとの連携によって店舗状況を可視化し、AI技術を用いた多次元なデータ分析を可能にします。店舗データの活用によって売上改善や業務効率化に効果を発揮するソリューション・ベンダーとして、小売業の課題解決にあらゆるソリューションを提供しています。
 
eBookをダウンロード  Flowサービス紹介資料


Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。