[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「購買率/滞在時間」が下がったら?店舗で確認するべきVMDのヒントをご紹介!

by Sawako, on 2019/06/13 11:47:22

 データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」です。

 今回は「購買率/滞在時間」が下がった時に、店舗スタッフさんがVMDで確認すべきこと・取り組むべきおすすめのアクションをご紹介していきます!

TOPICS:

 1.  「購買率/滞在時間」のパフォーマンス状況は?

2.  VMDの確認ポイント

3.  VMDのアクションを!

4.  結果から、次のステップに繋げよう! 

 

1. 「購買率/滞在時間」のパフォーマンス状況は?

 店舗スタッフはお客様の動きに敏感で、実際に状況を見ることが出来る存在です。お客様の行動や自分の取ったアクションを、目で見るだけでなく数値で可視化していくのが、今回の購買率/滞在時間」です。

まずは、「購買率」「滞在時間」についてパフォーマンス状況を確認してみましょう。

・入店したお客様が何人購入に至ったか?を表す「購買率」
店内の雰囲気はお客様の気持ちを高めているか?商品の魅力を伝えられているか?接客により購入に繋げられたか?などのパフォーマンスを見る値です。

・商品を効果的に見せられているかの指標「滞在時間」
商品の存在や魅力をお客様に伝えることが出来ているか?ディスプレイやレイアウトが効果的に行われているか?などを見る値です。

 

 これらのパフォーマンスの数値が上がっていれば、店舗内の商品の魅力を充分にお客様に伝えられており、売上の向上に期待が持てる状況です。

 反対に「購買率が下がっている」「来店客数が多いのにお客様の滞在時間が短い」場合について、確認すべきポイントと取るべきVMDアクションを見ていきましょう。

girl in bright colours holding shopping bags over a brick wall 

 

2. VMD確認ポイント

「購買率が下がっている」「来店客数が多いのにお客様の滞在時間が短い」場合確認すべきVMDのポイントは?
以下のポイントについて☑

□売り場のフロアが清潔?
□商品がきれいに整理されている?
□全ての商品がお客様の目に止まる状態?
□商品が補充されている?
□商機を作るスタッフ数は足りている?
 

新規CTA

 

3. VMDのアクションを

店舗の状態が、ブランドのイメージに直結です。
☑できていないポイントがあればアクション!


→ 売り場フロアをきれいに
→ 商品をきれいに並べる
→ 分かりやすい目に留まるPOPを作成
→ 来店客数に見合ったスタッフ数を配置し商品を整理/補充




4. 結果から、次のステップに繋げよう!

購買率/滞在時間」について、パフォーマンス状況を把握→VMD☑ポイント見直し→VMDアクション!と、行動にうつします。
その結果の数値を、再度「購買率/滞在時間」としてみていきます。
このサイクルをどんどん回し、次なるステップへと生かします。

ストアコミュニケーションプラットフォームとは?

実店舗のパフォーマンス計測に欠かせないKPI数値をはじめとした、あらゆるデータの可視化・統合をする、小売店のためのプラットフォームです。

POSデータをはじめ、スタッフ人数・天気・マーケティングなどの店舗データと、IoTデバイスから取得する来店客数・店内動向・属性データなどを掛け合わせた結果から、店舗運営やキャンペーンに活用しましょう!

経験と勘に頼ってしまいがちな店舗運営に、データを用いたPDCAを浸透化
多店舗経営により見えにくい売上向上の鍵を、定量的な効果測定で発見する
現場と本部のコミュニケーションのすれ違いを、データ活用で解決

すでに日本トイザらス様やベイクルーズ・グループ様をはじめ、800店舗以上での導入実績があり、多彩なビジュアルと用語説明により誰もが使いやすいプラットフォームです。

まずは、オンラインデモにお申し込みください!

店舗分析プラットフォーム

店舗スタッフ編 KPIレシピシリーズ記事一覧:
▶︎第1回  「購買率/滞在時間」が下がったら?
▶︎第2回  「滞在時間」が下がったら?店内環境の最適化ポイント
▶︎第3回  「購買率・売上」が下がったら?「試着・テスター」で売上アップ!
▶︎第4回  「平均商品単価/客単価/平均買上点数」が下がったら?店舗で確認するべきVMDのヒントをご紹介!
▶︎第5回  「滞在時間」が下がったら?顧客との対話を見直す

関連VMD記事はこちら
VMDでつくる、お客様とのコミュニケーション
VMD担当者に読んで欲しい、VMDが今後より重要視されるべき理由


 こちらからいつでもニュースを受け取ることができます!
メールニュースお申し込み

 ー私達がお手伝いしますー
 お問い合わせはこちら

 

Topics:KPIへの理解を深めるVMDの考え方を学ぶKPIレシピ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1