店舗データの利活用

【店舗データ利活用・概論】データに基づいたリアルタイムな行動提案が店舗を変える

店舗データの利活用は、小売業にとってもはや必須の方向性です。しかし「データ分析結果はあるけど活かせていない」というケースが多い現状。データは、活かせてこそ、意味があります。リアルタイムな分析結果に基づいた行動提案を自動化する仕組みがあれば、店舗経営は飛躍的に進化し、売上向上・業務効率化が実現します。


 

TOPICS:

1.  小売業の課題

2. 課題解決への道筋「リアルタイムな行動提案」

man-dressed-with-arrows-his-head

 

1. 小売業の課題

小売業において、究極の課題は「売上向上」「コスト削減」「顧客満足の向上」の3つであることは、言うまでもありません。そして、これら課題に取り組み続ける中で発生したここ数年のコロナ禍は、小売業界に大きな変化をもたらしました。

おうち時間が増え、ECや宅配デリバリーサービス、あらゆるサービスのサブスク化などによって、消費者行動はこれまで以上に大きく様変わりしました。これに伴い、ECはさらに飛躍し、非接触型ビジネスモデルが急成長し、店舗DXが加速しているわけですが、その流れに乗り遅れてしまうことで、既存ビジネスの継続すら危ぶまれる状況に、現在は突入しています。

これは、これまでのような、広範な広告戦略や店舗集客、低価格競争などでは対応しきれないことを意味しています。つまり、旧来のように「店舗の経験知や勘」や「価格合戦」に依存する事業形態では太刀打ちできないのです。

関連記事;
コロナ禍の小売業界を読み解くー経営課題を解決する糸口は?


2. 課題解決の道筋「リアルタイムな行動提案」

最近の弊社独自調査によると、小売店舗の約65%が、日次売上目標を達成できていないことが分かっています。店舗データの分析は非常に有効な手立てですが、「現状はこうなっている」の先にある「どうすれば良いか?」を導き出すことが、想像以上に難しいといえるかもしれません。

そもそも店舗には、データ分析~仮説立案~改善策検討・実行~検証という一連のマーケティングサイクル(PDCA)を実践するだけの、時間的・人員的な余裕はほとんどありません。目の前のお客様対応や店舗業務の数々を、以前より減ったスタッフ人数でこなすことで手一杯な店舗は非常に多く、データ分析やデータ確認をする時間すら惜しいのです。

では、どうすれば良いのでしょうか。

解決する道筋は「リアルタイムな行動提案」にあります。店舗データを自動分析し、KPIの傾向値に基づいて改善の店舗行動を、リアルタイムに自動提案できるソリューションがあれば、この悩みは大幅に解消されます。

たとえば、人流データ(来店客数)とPOSデータ(売上、購買件数、客単価)を連携させ、リアルタイムな分析ができれば、購買率(購買件数÷来店客数)の増減を把握することができます。購買率が低下した場合、購買率を上昇させるための店舗行動ーたとえば、店頭での声出し、特定商品をフックにした声掛け、低価格帯商品の店頭露出強化など、「改善提案を自動で提示する仕組み」があれば、店舗スタッフは迷うことなく、今なにをすべきか?を確信を持って実行することができます。

関連記事;
【小売】購買率を最適化するための入門書

たとえば、人流データとPOSデータの連携によって傾向値が把握できます。「今日は午後4時頃がお客様来店ピークの見込み」という予測値は、店舗はそのピークに向けた事前の準備が可能になります。また、「ピークに向けて売れ筋商品Aの店頭展示を整備しましょう」「商品Aとセット購買が多い商品Bを合わせて訴求しましょう」などの提案があれば、より具体的な店舗でのタスク(To-Do)が明確になります。これもまた「改善提案を自動で提示する仕組み」です。

FireShot Capture 108 - Flowアシスタント ご紹介 Introducing Flow Assistant - Google スライド - docs.google.comデータに基づいた行動提案が、店舗経営を進化させます


これまでの「店舗データの利活用」からさらに一歩踏み込んだ、「改善提案を自動で提示する仕組み」―――FLOWが提供する新機能Flow Assistantは、店舗状況に応じて、適切なタイミングで、適切なユーザーに、適切なメッセージを提供します。他の店舗分析システムでは見られなかった独自かつ非常に有用な機能が、貴社店舗の売上向上に貢献します。

+++++++++

<Flow Assistantのベネフィット>

・データが話しかける
分析データを都度確認する必要はありません。店舗業務のKPIはFlowが自動でチェックし、状況に応じたメッセージを自動配信します。

確信を持って行動できる
経験値や勘による店舗行動ではなく、データに基づいた行動をご提案。ロジカルな店舗経営が実現します。

店舗状況に応じたメッセージ
目まぐるしく変化する店舗状況は各店で異なるため、本社から適宜指示を出すことは困難です。Flowは各店をリアルタイムに把握するため、それぞれに適したメッセージを配信することができます。

高い拡張性
人流、売上、シフトだけではありません。Flow Assistantと連携したデータであれば、多様な分析と情報配信を行うことができます。

 

Flowアシスタント くわしくはこちら 



Flow Solutions 7周年記念
「Flow導入3か月無料キャンペーン」
~ 2023年2月15日(水)受付中!


■ Flow Solutions 会社概要

株式会社Flow Solutionsは、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始し、アパレルや雑貨店、家電量販店など、これまで100社以上・800店舗以上へのシステム導入と3,000以上のセンサー接続実績があります。リテールデータ活用AIプラットフォームFlowは、IoTによる人流計測データや既存データとの連携によって店舗状況を可視化し、AI技術を用いた多次元なデータ分析を可能にします。店舗データの活用によって売上改善や業務効率化に効果を発揮するソリューション・ベンダーとして、小売業の課題解決にあらゆるソリューションを提供しています。

店舗分析に関することなら何でも
お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせ 

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。