[KPIレシピシリーズ]-店舗スタッフ編-「滞在時間」が下がったら?店内環境の最適化ポイント

by Yoko, on 2019/06/21 2:41:12

データ数値の変動と連携して、小売店の施策・アクションをご紹介する「KPIレシピシリーズ」

第2回目に注目するKPIは滞在時間についてです。
あなたが店舗の状況をチェックしたとき、滞在時間の数値が下がっていたとしましょう。

TOPICS:

 1.  「滞在時間」のパフォーマンスは?

2.  KPIが低下しているときの店内環境の確認ポイント

3.  次のアクションを考える

4.  結果から、次のステップに繋げよう! 

 

1. 「滞在時間」のパフォーマンスは?

まず初めに滞在時間とはどのような指標でしょうか?

滞在時間とは、顧客がどれぐらい店内に滞在していたのかを示す指標です。
顧客の滞在時間が長いことは、居心地が良いお店であることの証明でもあります。滞在時間が伸びる頃で販売機会が増え、更に再来店率につながる重要な要素でもあります。

滞在時間のパフォーマンスが上がっている場合には、顧客にとって居心地のよい空間を提供できていると言えるでしょう。

「来店客数が多いのにお客様の滞在時間が短い」場合について、確認すべきポイントと次に行うべき対策について見ていきましょう。


Woman working in flower shop 

 

2. KPIが低下しているときの店内環境の確認ポイント

「来店客数が多いのにお客様の滞在時間が短い」場合に確認すべき店内環境は?
以下のポイントについて

店内のインテリア(家具・小物)がお店の雰囲気に合っているか
インテリアの配色は最適かどうか
椅子・テーブル・植物などのインテリアの配置
店内のBGMを使用している場合、内容が適切かどうか
店内の香り
(
店内の香りによって、購買意欲を高めたり、店の印象よりを強める効果があることがわかっています)
 


新規CTA

 

3. 次のアクションを考える

店内環境を向上させるためにはどんなことが必要でしょうか?
できていないポイントがあればより最適化できる可能性があるか考えてみましょう。


→ 配置するインテリアの種類を見直す
→ スペースが空きすぎている、または詰まり過ぎている場合は調整する
→ BGMの種類を変えてみる
→ BGMの音量・スピーカーの位置を調整する
→ フレグランスなどを使用している場合、香りの量を調整する
→ ルームフレグランスなど香りの種類を変える


4. 結果から、次のステップに繋げよう! 

店内環境の変更をしたあとは、どのような変化が起きるのか長期的な視点で次の施策を考えていく必要があります。。
パフォーマンスを日々チェックし、次のアクションを実行しましょう。変更を行った際は、顧客の視点に立って店内を歩きチェックポイントが最適化されているかを隅々まで確認します。

insight-academy

 


 Flow Solutionsのコミュニケーション・プラットフォームInSightお店のパフォーマンスを「KPI」により、ひと目でわかるダッシュボードに表示します。

今回ご紹介した「滞在時間」のパフォーマンスを数値化してみませんか?

数値を見える化し、値が低下している場合にはすばやく判断しアクションを起こすことが出来ます。

KPIについてのオンライン講座も充実。
これから外国人スタッフが増えることも予測されます。日本語/英語 対応もしているFlow Solutionsのプラットフォーム を、ぜひお試し下さい!!

店舗分析プラットフォーム

KPIレシピシリーズの記事:
第1回 店舗スタッフ編-「購買率/滞在時間」が下がったら?店舗で確認するべきVMDのヒントをご紹介!

関連記事はこちらから:
VMD担当者必見!店内レイアウトの効果測定法とは?
リアル店舗でお客様の行動分析!動線分析はどういうこと?〜ニーズからデータ活用方法までを一挙ご紹介〜



 KPIを共に学び、今後の業務の見直しや改善を、社内スタッフが同じ目線で目標に向かっていくことができるよう、改革していきましょう。その結果、企業の売上は伸びていくはずです。

 こちらからいつでもニュースを受け取ることができます!
メールニュースお申し込み

 ー私達がお手伝いしますー
 お問い合わせはこちら

 

Topics:KPIへの理解を深めるVMDの考え方を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1