「お客様視点」で考える、小売店舗分析ソリューション 〜導入検討編〜

by Izumi, on 2019/04/10 19:42:57

「店舗分析を始めたいけど、何を分析するべきか、わからない・・」
「上司からプロジェクトを進めるように言われたけど、どうしたらいいかわからない」

小売店舗分析には多くのソリューションがあり、どんな手法を取り入れるべきか、何を分析したらいいか・・選択肢はたくさんあります。

意向としていなかったソリューションを選び、プロジェクトが頓挫してしまう恐れもありますが、誰もが「失敗」はしたくありませんよね。

そんな方におすすめしたいのが、「顧客視点」での分析ソリューション導入検討です。今回は「顧客視点」でステップごとに導入を進めていらっしゃるお客様事例をご紹介していきます。

店舗分析ソリューションをどのように選ぶべきでしょうか。

「売上を向上したい」
というゴールはあっても、そのゴールへの達成方法は様々です。

お客様に選ばれるブランドで居続けるためには継続的な努力が必要で、お客様のことを一番に理解していることが必要です。店舗・企業がどうあるべきか、まずはお客様視点に立ち返ってみることで、するべき分析が見えてくるはずです。


「顧客視点」を重要視する企業は、店舗分析プロジェクトでも勝ち組

「さあ、店舗分析をはじめて「顧客視点」のインサイトを得よう。来店客数と、入店率と、ヒートマップと、属性も見てみたいな!せっかくだし新規の大型店舗ではじめよう!」

これはプロジェクト始動として、失敗パターンの可能性が大いにあります。
"あらゆるデータを見たい!"  "新規プロジェクトで、他社に負けない画期的で凄いことがしたい!"
欲張る気持ちも理解できますが、新規型店舗から取得できる希少データから活かせることって少ないですよね・・。

「お客様視点」で考える、店舗分析ソリューション 〜導入検討編〜


・端っこの店舗を選んでしまうと、標準店舗に知見を活かすことは難しい
・1店舗であらゆるデータを取得してしまうと、他の店舗のデータ取得に投資が難しい

ここを冷静に考えていただけると、良い形での店舗分析ができるかと思います。

せっかく店舗分析をスタートするならば、多くの店舗・お客様に還元できる形でソリューション導入を進めていただくのが良いかと思います。

また、小売店舗目線や消費者への理解があり、長くお付き合いできそうなベンダーを選ぶことも、プロジェクトをスムーズに進めるための1つの基準にもなるかもしれません。残念ながら、店舗分析サービスは、1日使って効果が現れる訳ではありません!いかに、店舗分析の考え方を現場レベルまで浸透させるかが重要です。

「お客様へどうより良い体験を与えることができるか」ということを現場・本社関係なく、対話し、試行錯誤し、改善し続けるためのデータ・サービスであると考えてください。

ソリューションを選ぶ時点で、あなたの企業の「顧客視点」のレベルが試されています!


お客様からの声

弊社の導入クライアントさまのトリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社さまも、次のように述べられています。

田村様「導入検討の際に何社かの選択肢があった中で、以前使用していたカメラをそのまま利用できる『InSight』は、コストパフォーマンスにも優れていました。AIといった最新技術も注目はしていましたが、まず第一段階として、正確な来店客数を計測することに重きを置きました。次に、余裕ができたコストで店前通行量やエンゲージメント率の把握といった、もう一歩先の深掘りして分析するステップのシステムに投資することができました。また、店舗内の什器効果を計測する『VMD+』というソリューションも追加し、利用していく予定です。」

店舗分析事例


売上向上のために何が必要なのか、
「来店客数を上げること?」「客単価を上げること?」「購買率を上げること?」
お客様視点でステップごとに考え、まずどこを重点的に見直していくべきなのか、次回はこちらを元に考えてみましょう!

「お客様視点」で考える、店舗分析ソリューション 〜導入検討編〜


売場の効果測定から、お客様を惹きつける売場づくりをしませんか?
次回セミナーのご案内はこちら!

店舗分析セミナー

Topics:店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1