エリアマネージャーが注目すべき、小売データ利用

by Marie, on 2018/10/03 11:39:41

店舗分析のシステムを導入している小売店は、今では珍しくはありません。
本社から現場の店長、スタッフまで、社内の全員がデータに基づいた改善をしていく、スマートな店舗運営が求められる時代になっています。

小売業で扱われるデータは、来店客数だけではなく、客層(男女比率、年齢)、売上データ、スタッフデータなど多岐にわたります。
それらを統合することで、生のデータだけでなくさらに多くの指標を導き出せるので、店舗のパフォーマンスをより緻密に、多角的に分析することができるのです。

しかし、オプションが増えるほど、どこに注目すればいいのかわからなくなってしまいませんか?多くの指標の中でも、特にどの指標に注目すればいいのでしょうか。また、社内の部門によって、注目する指標だけでなく、データの見方や使い道、閲覧頻度なども異なるかと思います。

この記事では、エリアマネージャーの店舗分析について考えてみます。
複数の店舗を管轄するエリアマネージャーが小売分析で注目すべきポイントはどのような点でしょうか。


TOPICS:

1. データで商機を知る

2. 管轄店舗の評価


 1. データで商機を知る

エリアマネージャーにとって大切なことは、自分の管轄する店舗の’商機’を知り、各店の店長と連携して、商機に合わせた打ち出しや、スタッフ配置をしていくことです。

ここでいう商機とは、「一日の中でもっとも売れる時間帯」のこと。
来店客数の過去データから商機を予め把握しておくことで、無駄のないアクションを起こしましょう。

お客様がもっとも多い時間帯に在庫が十分確保されていて、かつ、お客様に接客するスタッフが適正に配置されていれば、売上の取りこぼしを防ぐことができます。
店舗が混雑しているときには、試着室が混んでいたり、在庫があるか確認したいのにスタッフがつかまらない、といった理由から、お客様が購入せずに店舗から出ていってしまうことがあります。適正な人数のスタッフを配置して、購買意欲のある方にしっかりと対応することで、カスタマーエクスペリエンスも向上するはずです。

また、商機を把握するための来店客数データは、その日一日の数値を見るだけではなく、数年分のデータから「傾向」を把握していくことでその有用性を発揮します。
大切なデータの貯金を余すことなく、活用していきましょう。

 

Confident female designer working on a digital tablet in red creative office space

 

2. 管轄店舗の評価

各店舗の店長やスタッフへの研修を実施した後の成果や、日頃の接客努力を検証することはエリアマネージャーの責任の一つです。

店舗やスタッフの評価方法には様々なものがあるかと思いますが、評価によってモチベーションを上げることができれば、店舗のパフォーマンスはさらに向上することでしょう。

数ある店舗分析の指標のなかでも、「購買率」は店舗を評価するものとして、最適です。
購買率は購入客÷来店客で表され、来店したお客様のうち、どれだけの人を購入客へと転換できたかを知ることができる数値です。

店舗内に入ってきたお客様を、接客やディスプレイ、商品の打ち出し、など店舗のアクションによって購入客に変えること、つまり店舗の努力の成果を知ることができる指標なので、購買率をトラッキングし定期的にチェックすることで、店舗のパフォーマンスを捉えることができます。

売上は、その日の天気・気温、経済、トレンドなど、店舗のアクションだけでは変えられない要因から、数値が変動する指標です。自分の力だけではどうしようも変えられない数値によって評価されることはモチベーションの低下を招きます。

店舗スタッフのモチベーションを上げる評価指標として購買率を取り入れてみましょう。


新規CTA

< TOPへ戻る

Topics:店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1