リテールDX

【購買率】は自動算出されてこそ意味があるーFlow計測領域ー

「購買率」は店舗のパフォーマンスを「見える化」する指標として、小売業界においては必ず議題に上がる重要KPIです。この値は、購買客数÷来客数で算出されます。つまり、実際の売上と来店されたお客様の人数という、店舗の実績値そのものを使って導き出されるものです。


このブログを読んでいただいている皆様には釈迦に説法とは思いますが、「購買率」は店舗のパフォーマンスを「見える化」する指標として、小売業界においては必ず議題に上がる重要KPIです。

FireShot Capture 150 - Flow計測領域「購買率」- リテールデータ活用AIプラットフォーム Flow - www.flow-solutions.com

この値は、購買客数÷来客数で算出されます。つまり、実際の売上と来店されたお客様の人数という、店舗の実績値そのものを使って導き出されるものです。

昨今、小売業においてはPOSレジがほぼスタンダードかと思います。つまり「売上の自動集計」です。非常に効率的に、売上の集計と分析を行うことができます。

その一方、来客数はどうでしょうか?

店舗スタッフによる「手動計測」という小売業様が多いのではないでしょうか?「(販売で忙しいので)正確に数えるなんて時間の無駄」「正直、あまり重要と思っていない(売上がすべてなので)」というコメントもよく聞かれます。

本当にそれで良いのでしょうか?
売上は自動集計しているのに?
来客数をも自動計測して、手間を軽減すべきです。

売上だけをひたすら追い掛けていては、その改善や業務効率化は成し遂げられません。その手法ではただ、来店されたお客様に買わせようとする企図が強過ぎ、押し売りや顧客目線ではない強引な提案販売に陥ってしまいかねません。

来客数を精緻に自動計測し、既に自動集計されている売上POSと連動させて、購買率を自動算出するーーーこれで正確な購買率を把握することができます。

常に変化する店舗状況に応じて、購買率も変化するはずで、自動算出によってその傾向値を掴むことが簡略化され、販売活動での対策に利活用でき、売上改善や業務効率化につながるのです。つまり、購買率の自動算出のためには、来客数のデータを精緻に取得する必要があるのです。

FireShot Capture 149 - Flow計測領域「来客数」- リテールデータ活用AIプラットフォーム Flow - www.flow-solutions.com

定量的かつ精緻に来客数を取得するために、必要なIoT機器を導入してはいかがでしょうか?

 

■メリット

・売上改善の重最重要KGI「購買率」算出が可能に
(購買客数÷来客数=購買率)
従業員シフトが改善
販促タイミングの正確性向上

■販促活動への効果

・購買率の低い時間帯を狙ったタイムセール実施と店内声掛けによって購買率アップ
・購買率の高い時間帯のスタッフ稼働状況を調査。接客過不足を検証し効果的な販売体制を構築
など(多数の事例がございます)

実店舗の購買率を改善する  6つの検証プロセス

■測定方法は「POS/売上データ」と「来客数データ」を連携

・店舗・施設が導入しているPOSデータもしくは売上データが必要
・Flowと連携するデータ項目は「購買金額」「購買件数(レシート数)」「購買点数」「購買日時」など
・連携方法としては、ほぼリアルタイムの連携(APIやFTPなど)や、日次など定期的に同期する非リアルタイム連携(バッチ処理など)があります。

もっと詳しくはこちら


関連ブログ記事:
Flow計測領域【来客数】ー計測で収益アップを支援!IoT機器の選び方は?


■ Flow Solutions 会社概要
株式会社 Flow Solutions は、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始、アパレル、雑貨店をはじめ、家電量販店など、すでに800を超える店舗の売上改善のためのデータ活用を提供。店舗可視化IoTシステムを通じて取得する顧客行動データの提供、データ活用のためのアフターサポート、さらにデータからすぐに行動につながる、通知サービスの提供を開始、小売課題解決のためのあらゆるソリューションを提供しています。
店舗分析に関することなら何でも、お気軽にお問い合わせ下さい!

↓↓弊社へのお問い合わせはこちら↓↓
お問い合わせ
 
#Flow Solutions #フローソリューションズ #購買率 #来客数
#POS #DX #売上改善 #店内分析 #小売 #業務効率化

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。