Stories by Sawako


KPIへの理解を深める

【小売業KPIレシピシリーズ】「購買率」「滞在時間」が下がったら…確認すべきポイント

店舗運営の改善ヒントをご提案する「店舗KPIレシピシリーズ」。今回は「購買率」「滞在時間」に注目し、VMDで確認すべきこと・取り組むべきアクションについて解説します。ポイントは「店舗スタッフ全員で取り組む」こと、そして「継続は力なり」。売上向上のために特に必要な要素です。

KPIへの理解を深める

【小売業KPIレシピシリーズ】「平均商品単価」「客単価」「平均買上点数」が下がったら…確認すべきポイント

店舗運営の改善ヒントをご提案する「店舗KPIレシピシリーズ」。今回は「平均商品単価」「客単価」「平均買上点数」に注目し、VMDで確認すべきこと・取り組むべきアクションについて解説します。ポイントは「店舗スタッフ全員で取り組む」という意識。これらKPIへの意識づけが店舗売上に好影響をもたらします。

最新テクノロジー/サービス紹介

来店数を手軽にデータ化【センサー/カメラが設置できない店舗におススメ】Flowの人気機能「Clicker」

来店数をセンサーで自動計測したいけれど「出店している施設から設置許可が下りない」「システムの本格導入前にまずデータ化を試してみたい」という企業様、必見!簡単、便利、お手軽に、来店数のデータ化と活用を始めてみませんか?Flowの人気機能Clicker/クリッカーをご紹介いたします。

最新テクノロジー/サービス紹介

データを意識せずにデータ活用?店舗経営が劇的に変わる「Flowアシスタント」とは?

店舗のデータ分析サービスは、その重要性が理解され導入に至る企業様が増えているものの「読み解き方が難しい」「画面をチェックする時間がない」などの課題があります。そこでFLOWが考えたコンセプトは「データが寄り添う/話しかける」というもの。今回ボット技術を使ったFlowアシスタントをご紹介します!

データ活用とはー概論ー

小売業務の効率化=顧客満足度と売上が向上

店内分析のお問い合わせを様々な業種の小売企業様からいただく弊社ですが、中でもお客様の課題としてよく聞かれることに「店舗管理の業務は、非効率な作業が大変多いので、何か良いシステムを活用して改善をしたい」というものがあります。

データ活用のヒント

【店前通行量】から潜在的な見込み顧客を知りアプローチへとつなげる!ーFlow計測領域ー

店前通行量は、店舗・施設前を通過する方々の人数を計測します。「店には入らなかった、しかし入る可能性を秘めた潜在顧客」であるこの数字つまりは来客数の母数を知ることで、精度の高い入店率を導き出し、来店促進策の検証や販売機会の増減を理解するのに役立ちます。

イベントについてのお知らせ

Flow Solutionsは「リテールテックJAPAN」(3/1~3/4@東京ビッグサイト)に出展いたします

Flow Solutionsは、2022年3月1日(火)〜4日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「リテールテックJAPAN」に出展いたします。リテールデータ活用プラットフォームFlowを実例を交えてご案内するだけでなく、新たな「計測機能」や「サービス体系」をデモを交えてご紹介いたします。

データ活用のヒント

【購買率】は自動算出されてこそ意味があるーFlow計測領域ー

「購買率」は、実際の売上と来店されたお客様の人数という、店舗の実績値そのものを使って導き出されるものです。店舗のパフォーマンスを「見える化」する指標として、小売業界においては必ず議題に上がる重要KPIです。