店舗の売上アップ!販売力を生む9つの接客法則

by Sawako, on 2016/10/07 13:58:54

現在の店舗販売手法に迷いのある方、あるいはその改善方法に関心のある方。
次に挙げる9つの法則に従い、セールス・トレーニングを見直して、実践してみてください。
 
<小売店舗の売上向上を目指すあなたへオススメ!>
 
新規CTA
 
9つの法則
1,共通点を見つけましょう
2,お客様にとって価値のある商品を紹介する
3,お客様の商品への思いを理解して、新しい提案をする
4,正直であれ
5,「クロスセル」や「アップセル」を取り入れる
6,失敗から学ぶ
7,顧客満足度を上げるアフター・ケア
8,お客様の心理に注意し続ける姿勢を忘れない
9,売りつけない!!
 
店舗の売上アップ!販売力を生む9つの接客法則
 
 
 
1,共通点を見つけましょう
今さら?と思われるかもしれませんが、、、誰かと初めてコミュニケーションを取るとき、親密な関係を構築する為に必要なのが、「共通点」を見つけることです。それは、洋服や髪型、身につけているアクセサリーであったり、スマートフォンであったりします。そこから、会話の糸口を見つけ、距離を縮めていきます。
 
 
2,お客様にとって価値のある商品を紹介する
「要らないものを購入してしまった」というマイナスな気持ちにさせないように、欲しいものを一緒に探してあげる感じで、商品を提案したり、商品がもたらす付加価値について説明します。
 
 
3,お客様の商品への思いを理解して、新しい提案をする
例えば園芸コーナーで、店内で一番安いゴムホースを探している男性がいるとします。「どうせ一年でダメになってしまうから、安いのでいいんだ。」こんなコメントが耳に入ってきたとします。
ここで販売員が「ホースの内側のゴムが夏の暑さで劣化することが、水漏れの原因かもしれませんね。毎年替える必要はありませんよ。このホースは少しお値段が高くなりますが、ホースの内側がトリプルに強化加工されているので断熱性能が高くなってますから、、、。」と勧めたとすると
「毎年買いに来ることを思えば、少し位高くてもいいか。」と購入に至る可能性が生まれます。
 
 
売上アップ!販売力を生む9つの法則
 
 
 
4,正直であれ
「正直」が「信頼」を生みます。
商品価値やサービス内容をけっして過大に評価せず、質問されてわからないことがあれば、担当者に確認する姿勢を見せましょう。
 
 
5,「クロスセル」や「アップセル」を取り入れる
上手なセールス・スタッフは、お客様が主な商品を選択した後、「セット売り」でさらに売上を上げることが出来ます。ベッドならシーツや枕カバーを、ドレスならバッグを、観葉植物ならば堆肥や栄養剤を、といった具合です。
セット売りすることで付加価値を与えているのですから、セールス・スタッフはセット売りに罪悪感を感じる必要はありません。それが商品知識を持ったセールス・スタッフの仕事なのですから。
 
「クロスセル」や「アップセル」は、お客様の要望や不安を理解することで用いることができるようになります。お客様の不安を理解できると、その不安を解決するような、製品やサービスを追加できるのです。
 
例えば、革靴の販売しているとしましょう。
お客様が仕事で履く革靴を探していますが、雨で濡れてしまう事が心配という胸の内を明かしたとします。この時に防水スプレーを提示するのは良いクロスセルです。
 
アップセルは希望商品よりも高い単価の商品を勧め、客単価を上げる販売手法ですが、クロスセル同様、お客様のニーズや予算を理解することで提案がしやすくなります。
時として、お客様自身が気がつかなかった欲求や希望を満たす商品を提供できると、高単価商品購入に結びつくことがあります。
 
 
 
6,失敗から学ぶ
セールス・トレーニングの後も、セールスを学び続けて下さい。 素晴らしいセールス・スタッフとは、常に勉強・研究熱心で、セールスを学ぶ姿勢がある人のことです。失敗から、購入に至らなかった行動を振り返り、他の方法でできなかったのかと、思いをめぐらせることが将来の成功につながるのです。
セールス・スタッフの鑑とは、お客様一人一人を学びの機会と捉え、常に改善を模索している人なのです。
 
 
7,顧客満足度を上げるアフター・ケア
強引である必要はありませんが、購入の前後で、アフター・ケアをともなうような成果がもたらされるような積極性を持って下さい。「いつでもサポートします」という姿勢から信頼が生まれ、顧客満足度が高まり、生涯顧客を獲得できるようになり、販売力が上がります。
 
 
8,お客様の心理に注意し続ける姿勢を忘れない
上手なセールス・スタッフは、お客様の個性や性格を理解することに集中し、個性や性格に合わせてセールス・テクニックを変えています。
例えば、内向的なお客様と社交的なお客様とでは、アプローチの仕方は異なります。
セールス・アプローチ別にどんな反応があり、どの様な結果に至ったのかをメモし、お客様のタイプにより手法を変える事が大切です。
 
 
9,売りつけない!!
売上のために、けっして「売りつけ」ないで下さい。お客様の生活の質を改善するような提案が販売につながっている事を忘れないで下さい。お客様があなたに売上をもたらしているのではなく、あなたが販売を通してお客様の生活の質を高めているのです。
 
 
 
ご紹介した9つの法則は、販売力を上げるための唯一の方法ではなく、
 長年の経験から得られた方法や、有効なトレーニングは他にもあるでしょう。
 
しかし、確実にひとつ言えるのが、いつもあなたがその時に出来るベストを尽くし、楽しんで学んでいく姿勢、お客様を手助けしようとする姿勢を持っている限り、販売力は上がっていくということです。
 
実践してみてください。きっと変化が起きますよ。
 

接客をより強化して売上アップを!おすすめ記事はこちら

店長必見!データを用いた確かな販売トレーニング法
あなたのアパレル店舗では、スタッフにどのような販売トレーニングをしていますか?これまでの指導に、データによる観察をプラスして、スタッフの販売力をさらに向上させましょう。スタッフ個人の売上が低下しているときに、データによって弱点を見抜くことで、弱点を改善することに絞って指導を行うことができます。
▶︎記事を読む


接客だけがお客様との接点ではありません。
今注目されているVMDを深めてお店の魅力を発信していきましょう!!

新規CTA

Flow Solutions TOPページへ

Topics:売上を上げるためには?客単価を増やす顧客満足度を高める方法
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1