魅力的な接客をするための5つのトレーニング

by Sawako, on 2017/07/25 7:26:00

「接客」は、なんと奥の深い仕事なのでしょう。
顧客満足やロイヤリティーを育む上で重要な接点であり、店舗にとっては店のイメージとなり得るポイントです。

人とのコミュニケーションで得る満足感、それに反して生まれるストレスなど、行動したことで結果が変わることがある点では、責任のある仕事と言えます。
色々な状況の中で、どの様な接客がお客様を引き付けるのか?販売員の皆様にとっては、「販売力アップ」が毎日の課題であることと思います。
 
今回は、「笑顔やマナーが大事」と言われる接客業ですが、もっと掘り下げたところで、日々行いたい5つのトレーニングをご紹介します。
 
 笑顔で気持ちの良い接客をする店員と男性客
 
1,お客様をセグメントする力をつけるトレーニング
経験と勘により、すでに毎日されていることではありまが、まず一見客なのか、リピーターなのか、ロイヤル客なのかを分類する力をつけることです。その中でも、今回の来店が商品知識を持っての来店なのか、新商品や出会いを求めての来店なのかによって、お客様と話す内容は違ってきます。(このセグメントの段階は、EC業界のみならず実店舗においても様々な顧客分析ツールがあり、導入することでチーム全体として活用することが出来ます。)
 セグメントにより、その対象に合った接客方法を取りやすくなります。
 
  eBook 店内分析のメリット
 
 
2,商品知識をつけ、商品のメリットデメリットを知る
店内でオススメしたい期間商品が決定したら、その商品についての特徴を学習します。
ただ説明書きを頭にいれるのではありません。「自分が使うとしたら〜?」と商品のメリットとデメリットについてイメージを膨らませながら、箇条書きにしていきます。
スタッフ全員で共有するといいでしょう。
 
3,商品の紹介を声に出して練習する
手に入れた商品知識を、実際にどの様に紹介できるか?お客様をイメージして、声に出し、話し言葉として伝えるイメージトレーニングをします。一体どんな質問がお客様からでてくるでしょうか?
 
 トレーニングをする女性
 
 
4,表情筋・眼を鍛えるトレーニング
 
「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、目は様々な表情を作り出します。微笑みや朗らかな印象は顔筋の動きで作り出されます。
 パソコンやスマートフォンの普及により、20代でもスマホ老眼と呼ばれる眼精疲労がある時代です。目は疲れていませんか?
販売業をされている販売員さんは狭い空間でのお仕事です。セールやイベントで接客を多くした後など、目の疲れを癒やし、顔の筋肉を鍛え、また新たな魅力ある表情で接客をしたいものです。
 

 
直ぐに!どこでも!できる「眼球トレーニング」
 
➀寄り目トレーニング
眼球の毛様体筋(内眼筋)を鍛えてピント調節昨日を改善します。
まっすぐに顔を向け、一点を決めます。その点から自分の鼻までの直線をゆっくりと凝視する動作を繰り返します。
 
➁凝視トレーニング
眼球の周りの外眼筋を動かすもので、上→右上→右→右下→下→左下→左→左上と順に方角毎で眼球をギュッと凝視させます。
反対回しもしましょう。外眼筋の血行が促進され、顔色もよくなります。
 
 
 
すぐに!どこでも!できる「スマイルトレーニング」表情筋エクササイズ
 
➀口角挙筋(こうかくきょきん)トレーニング
口の力を抜いてから、左と右と交互に口角を上げる動作を3回やってみましょう。
 
➁上唇挙筋(じょうしんきょきん)トレーニング
口の力を抜いてから、ギュッと結んで梅干しみたいに口をすぼめる動作を3回やってみましょう。
 
③眼瞼挙筋(がんけんきょきん)トレーニング
額が動かないように、まぶただけ動かし大きく目を開けてから閉じる動作を3回やってみましょう。
 
④大頬骨筋(だいきょうこつきん)トレーニング
左右の口角に人差し指を軽くあて、左右交互に口角を上げる動作を3回繰り返します。
 
⑤小頬骨筋(しょうきょうこっきん)トレーニング
小鼻の両横に人差し指を軽くあて、左右同時に引き上げる動作を3回繰り返します。
 

 
5,自分自身の体調を整えるトレーニング
 
野菜中心のバランスの取れた食事を心がけ、偏った同じものばかりを食べないように注意します。
睡眠をしっかりとり、自分に合ったリラックスする方法を見つけ実践します。
ヨガの呼吸方法を取り入れたり、バスタイムを利用するのも1つの方法です。
 
仕事の内容により多く取る姿勢は変わりますが、座位・立位ともに、腹筋や丹田を意識した姿勢を保つトレーニングをすることで、自分自身の体幹が安定し体調を整えるばかりか、姿勢も良くなり好印象を与えます。
 
 
 
いずれも毎日実践でき、その積み重ねで自分自身が魅力的になる方法です。
魅力的な接客以外にも、知ると接客が楽しくなる「小売店に必要なKPI」があります。ぜひ学んで下さい↓
 新規CTA
 
お奨めのこちらのブログもご覧ください。
店長必見!データを用いた確かな販売トレーニング法
 
 < TOPへ戻る
 
Topics:接客を極めよう店舗の教育課題解決のヒント
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1