AUTHOR

Tsukasa

Stories by Tsukasa


イベントについてのお知らせ

12/15水 5社共催ウェビナー「リテールDXプラットフォーム」 お申込み受付中!

12/15水に開かれる5社共催ウェビナーをご案内。DXソリューション企業5社が業務提携して生まれた「リテールDXプラットフォーム」とはなにか?、小売業の皆様の多くがお悩みの「どうやってDXを進めていくのか?」「なにから始めればよいのか?」、をパネル・ディスカッション形式でズバリ!お答えいたします。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ⑥ 計測領域その4 「店前通行量」「施設混雑状況」

「データ活用AIプラットフォームFlow」の計測領域がいかに店舗経営に役立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』、最終回です。計測領域「店前通行量」と「施設混雑状況」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

詳細レポート

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)⑥詳細レポート

「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回が最終回。Flowの具体的機能「詳細レポート」について、例を交えてご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ⑤ 計測領域その3 「レジ待ち混雑」「試着室利用」

「データ活用AIプラットフォームFlow」の計測領域がいかに店舗経営に役立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。第5弾は具体的な計測領域「レジ待ち混雑」と「試着室利用」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)⑤レポート機能Pulse

小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第5弾、Flowの具体的機能「Pulse」について。報告書はここまで効率的かつ有効なツールになります。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ④ 計測領域その2 「来客属性」「立寄人数」

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。第4弾は具体的な計測領域「来客属性」と「立寄人数」をご紹介。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

ダッシュボード

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)④ダッシュボード

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第4弾、Flowの具体的機能「ダッシュボード」について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ③ 計測領域その1 「来客数」「購買率」

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『Flow計測領域の意味と効能』。今回第3弾は具体的な計測領域をご紹介。はじめは「来客数」と「購買率」。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「小売業の経営課題に対するFlowの有効性」(全6回)③Flowの有効性ー事業KPIの統一

厳しい市況にある小売業の皆様に「データ活用AIプラットフォームFlow」がいかにお役に立つかをお伝えするシリーズ企画『小売業の経営課題に対するFlowの有効性』。今回は第3弾「事業KPIの統一」について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

経営課題

シリーズ「 Flowの計測領域の意味と効能」(全6回) ② Flowの「効能 (2/2)」

厳しい市況にある小売業の皆様を「データ活用AIプラットフォーム」でサポートしたい。Flowが必ずや貴社のお役に立つことをお伝えしたいーシリーズ『Flow計測領域の意味と効能』で、その想いをお伝えしていきます。今回は第2弾「効能」(前回の続き)について。小売業経営者・役員の皆様、ぜひご一読ください。

スタッフブログ

それは他山の石ではない? ~ワクチン接種DXを参考に~【スタッフブログ】

コロナ禍が続く中、ワクチンによる免疫を取り入れてこの困難を乗り越えようとする一方、世間一般ではまだまだ様々な懸念や不満があるのも事実。この状況って…どこかで聞いたことありませんか?たとえばビジネスのこれからの展望とか...デジタル庁の誕生とコロナウィルスにみる共通点とは?