AUTHOR

Asako

Stories by Asako


売上を上げるためには?

【Flow Assistant活用例①】売上向上の改善行動を提案

売上向上という至上命題に対し、貴社はどのように取り組んでいますか?店舗はそれぞれ状況が異なるため、画一的な指導は成立しづらく、店舗データを各店で活用しようにも、その分析や対策検討の時間が無い、というのが実情ではないでしょうか。ではどうすれば…FLOWにはその明確な解決策があります。ご紹介いたします。

店舗データの利活用

【店舗データ利活用・概論】データに基づいたリアルタイムな行動提案が店舗を変える

店舗データの利活用は、小売業にとってもはや必須の方向性です。しかし「データ分析結果はあるけど活かせていない」というケースが多い現状。データは、活かせてこそ、意味があります。リアルタイムな分析結果に基づいた行動提案を自動化する仕組みがあれば、店舗経営は飛躍的に進化し、売上向上・業務効率化が実現します。

KPIへの理解を深める

【小売業KPIレシピシリーズ】「購買率」が下がったら…店舗で確認すべきポイント

店舗運営の改善ヒントをご提案する「店舗KPIレシピシリーズ」。今回は「購買率」が下がった際のアプローチ方法をご紹介します。行動制限緩和で客足が戻ってはきたものの、来店されたお客様をいかに購買客に変えていくか、が売上向上のポイントです。お客様のケース別に行動パターンを決めていくその手法をお伝えします。

売上を上げるためには?

【小売業KPIレシピシリーズ】「売上」「購買率」が下がったら…確認すべきポイント

店舗運営の改善ヒントをご提案する「店舗KPIレシピシリーズ」…今回は「売上」と「購買率」に注目。非常に大きなテーマですが、これらの要素を因数分解していくことで、改善ポイントはより絞り込むことができます。特に「購買率」は非常に重要なKPI。その改善ポイントをわかりやすくご紹介いたします。

リアル店舗を盛り上げよう

【今一度見直したい】入店率は上げられる?―――声がけの工夫でお客様を増やす

「声がけ」という、店舗でごく基本な業務。しかし入店のきっかけや商品購入の機会を増やしていく意味で、販促キャンペーンや店内レイアウトなどと同様に大きな役割を果たします。声がけをただ闇雲に行うのではなく、その目的を今一度整理し、うまく使いこなすには…?そのポイントを整理します。

KPIへの理解を深める

【店舗のお悩み】店長が抱える難しい「シフト管理」解決のヒント

小売店舗の省人化や人材不足という昨今の市場傾向は、店舗スタッフの配置を非常に悩ませているのではないでしょうか?シフト組成においてなんらかの指標がなければ、不安かつ先の見えない状態でスタッフ管理を強いられることになります。効率的なシフト管理に必要な指標・ポイントとは、いったいなんでしょうか?

データ活用のヒント

【今すぐできる】接客スランプになったら…脱出するための3つのポイント

コロナ禍を経て今、接客でのお客様との距離感はより大切になっていますが、店舗での接客業務においては、どんなスタッフでもスランプに陥ることがあります。今回は、そのスランプを脱出するためのポイントを3点、ご紹介いたします。そしてその検証についても解説いたします。

売上を上げるためには?

繁忙期に向けて店舗が今やるべき3つのポイント

年末年始商戦、いよいよその時が迫ってまいりました。コロナ禍緩和後初となる年末、店舗売上を最大化させるためのご準備は万全でしょうか?でもその前に、今一度確認していただきたい点が3つ、あります。

KPIへの理解を深める

なぜお客様はすぐ店を出ていってしまったのか?ー「 直帰率(バウンスレート)」の重要性

自店舗のお客様はどのくらいの時間、店内に滞在されますか?どのくらいの割合で、すぐに出ていってしまいますか?これらの数値は、店舗の売上を左右しかねない潜在的な顧客への販売機会損失を含んでいます。直帰率(バウンスレート)を把握することで、店舗の売上アップの道筋が見えてきます。

売上を上げるためには?

【店舗運営】事実(データ)に基づくコミュニケーションの大切さ: 本社と店長 編

相手に伝わらないコミュニケーションは、お互いの時間を無駄にしてしまいます。ビジネスにおいてそれは大きなリスクを伴います。コミュニケーションを適切に行うためにはどうすれば良いかー店舗を持つ事業会社の本社と店長のやり取りを例に、事実(データ)に基づいた情報伝達の重要性についてご説明いたします。

コミュニケーションを効果的に行う

【店舗運営】事実(データ)に基づくコミュニケーションの大切さ: 店長とAM編

コミュニケーションで大切なのは、「事実」と「意見」を分けることです。難しそうに聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。いくつかのポイントを意識するだけで、その質は格段に向上します。店舗ビジネスにおいてもそれは厳然たる事実です。くわしくご紹介しましょう。

店舗運営を学ぶ

店舗運営とその課題→業務効率化4つのポイント

店舗業務をあらためて整理しましょう。各業務の課題を認識し、その改善を図る取り組みが、店舗本来の目的=売上の最大化に結実するはずです。そして課題をまとめ、業務効率化を図る4つのポイントをご説明します。店舗を持つ企業の店舗統括部門、エリアマネージャー、店長は必見の記事です!

来客数

【コロナ禍を経て】客数の少ない店舗こそ、来客数の計測が重要!

来客数の計測は、大型店やスタッフに余剰がある店舗がやればいい…売上向上は売上データを分析すれば事足りる…そう思っていませんか?来客数と売上の相関性の把握と活用は、店舗規模に関係無くすべての小売店舗にとって大変重要です。例を挙げて解説いたします。

データ活用とはー概論ー

VMDを効果測定するには?重要な4つのKPIを解説

あなたの店舗はVMDを検証できていますか?もし肌感覚で良し悪しを判断しているのだとしたら、4つの重要なKPIを意識してください。「データ化して数値で検証する」ことで、効果的なVMDが実現できます。