AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー

【来店客数計測】トラブルの少ないシステム・ハードウェアは?

コロナ禍の影響で人々の行動が変化し、来店数が読みづらくなっている昨今。今こそ、来店数に代表されるお客様の店内行動データ取得と分析が必要です!満足な買物体験やファン化の取り組みなど「いま、効果的に顧客に打ち出せる施策」を生み出すために、こうしたデータは欠かせないものになっています。


数年前ではあまりメジャーではなかった店舗分析ですが、デジタル化や市場のニーズの高まりを受けてスタンダードになり、今や多くの小売店舗のエントランスにカメラやセンサーをお見かけするようになりました。

【入店客数計測】トラブルの少ないシステム・ハードウェアは?

そこで今回は、店舗分析システムにご興味のある方に向けて、店舗分析の基本中の基本、来店数計測についてご紹介します。また、お客様からよくいただく

「人数はどうやって数えているのか?」
「計測の精度は?」
「計測中にシステムトラブルは起こらないのか?」

といった質問にもお答えいたします。



入店したお客数の計測には、主に2つの方法がメジャーです。「来店カウンターによるカウント」と、「通常のネットワークカメラによるカウント」です。

 

来店客数計測イメージ

(来店計測のイメージ)
3Dカメラを搭載したモデル、照明や温度などの環境変化に自動的に適応する
センサーを搭載したモデルなどがあります。



1. 来店カウンター(TC)

来店カウンター(Traffic Counter/トラフィック・カウンター)は人数計測専用のセンサーで、店舗入口の天井に設置して来店者を計測します。

真上の位置から人を識別するので高精度のデータを取得でき、IoT(Internet of Things)のひとつとして注目されています。

FireShot Capture 034 - 20210712-Blog-How to make - Google スライド - docs.google.com
(店内天井にカウンターとLANケーブルを設置します。

LAN回線を通して様々なディバイスからデータの閲覧が可能に。)

来店カウンターの設置は工事が必要ですが、店内の雰囲気に馴染みやすい施工がなされるため、アパレル店などではブランドのイメージを損ねることなく設置することが可能です。

【特に3Dカメラは高精度・高機能】
来店カウンターのハードウェアは「24時間の運用に耐える高い耐久性」「98%前後の高いデータ精度」を誇り、非常に正確な人数カウントが可能です。

データはクラウドでの管理が主流なためネット環境は必須ですが、追加で管理用サーバやPCを設置する必要はありません。万が一ネットワーク接続が切れた場合でもカウントはストップせず、センサー本体にデータが蓄積されるため、データを確実に収集できます。
さらに、大規模導入にも十
分対応できる可用性・拡張性も持っています。

私たちFlow Solutionsのこれまでの経験から申し上げると、もっとも不具合が少なく、データを安全に管理できる来店数計測方法は、来店カウンターを用いた方法です。おススメです!

来店客数カウンター

 


2. ネットワークカメラ


インターネットに接続されたネットワークカメラを用いて入口の様子を撮影し、その画像データを顔認証ソフトなどで解析して人数を割り出す方法です。この方法では、カメラの他にPC(小型スティックタイプPCなど)が必要になります。

置き型カメラやスティックPCは、もともと来店数を数えるために作られた機器ではないため、熱を逃がす構造を基本的に持っていません。よって、24時間の連続稼働に耐えられず不具合を起こす可能性が高い、といわれています。
また、カメラ本体にデータを保持・カウントする機能がないため、ネットワークに接続されていない間のデータは取得することができません。
(最近では無線インターネット回線でデータ送信する機能がついているモデルもあります)

このように、ネットワークカメラには「不具合時のデータ計測ができない」「データ保持が基本的にできない」というデメリットがあります。来店数という貴重なデータを精緻に取得する目的においては、非常によろしくないポイントです。
不測の事態を回避するためには、不具合時のアラート機能が付いたソフトの利用や、不具合中の代替対応、データ予測・補正を的確にできるようにする仕組みなど、予めトラブルシューティング体制を整えておく必要があります。

さらに、肝心のネットワークカメラのデータ精度については、前述の来店カウンターと比較すると低いです。
たとえば、カメラ前に什器が置かれている場合や光量の少ない場所では、顔がよく映らず計測が困難なことがよくあります。正確にデータをとるためには、入口のカメラ設置箇所に常に光がよく当たるようにし、カメラ前に什器の無いようにすることが必要です。

ネットワークカメラを用いた来店数計測は導入コストを抑えたい小規模な店舗にとっては手軽に利用できる方法ではあります。しかしその一方で「システム不具合が起こりやすい」「データ精度が低い」というデメリットがあることを、十分にご認識ください。



3. 来店カウンターとネットワークカメラ 比較表



来店カウンター   ネットワークカメラ
98%以上 データ精度 環境や条件によって
精度の差が生じる

比較的高い
8,000円/台 前後〜

価格 比較的安い
5,000円/台 前後~
工事が必要 設置 カメラを置くだけ
(ネット回線が必要)
不要 必要機材 PCや管理サーバが必要
安定的なデータ計測
(データ保持が可能)
計測の安定性 データ取得に懸念点
(環境に依存しやすい)


来店数計測は他にも様々な方法があるので、店舗の規模や利用用途、予算に応じた適切なシステムを導入したいところです。


来店計測や人流計測で使われる技術を
↓一覧でご紹介しています↓
eBookをダウンロード  来店者動向  分析技術比較一覧

そのため、本導入前にはセンサーの使用感やトラブル頻度、サポート体制を把握するためのパイロットテスト(数店舗での試験導入)を行っておく方が安心です。

(関連記事でチェック:効果的なパイロットプロジェクトを行うための5つのポイント)


【入店客数計測】トラブルの少ないシステム・ハードウェアは?

ひとつだけ申し上げるとすれば、せっかく導入される来店計測のシステムについて、精度の高さを十分に見極めて決定された方が良い、ということでしょうか。

システムの導入を検討するにあたり、費用が非常に大きな決定要素であることは言うまでもありません。ただ、その部分にあまりに引っ張られ過ぎてしまうと、安価であるがゆえに、精度の悪いシステム・不具合へのフォローアップができないシステムによって、期待されるデータ取得や分析が十分にできない懸念を持ち続けることになります。これが良いはずがありません。

私たちFlow Solutionsでは、来店計測システムを複数店舗に導入されるお客様に対しては、来店カウンターを推奨しています。精度の良し悪しでお客様に悩まれてほしくないからです。

とはいえ、お客様によって状況はマチマチかと思います。
特に「来店計測を導入したいがまずは体験してみたい」「来店数を自動計測したいが店舗にセンサーを設置できない」といったお声を多くうかがうようになってきた昨今、「Clicker/クリッカー」」というFlowの人気機能があります。
Clickerは大量来店の店舗には不向きですが、現在手動カウントしている店舗には大変適しています。手集計の数値を報告書に書き込んだり、実は数えているだけで活用できていない!なんてことが ありませんか?
Flow Clickerは、スマホアプリで手動カウントした数値を自動でデータ化します。POS連携していれば売上との相関性=購買率が自動算出されるので、店舗売上アップの肝となるKPIを活用出来るようになるわけです。
ご興味ございましたらぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしております!


「機材が高い...」「手軽に試したい」などのお声に答えて!
スマホアプリで手動計測→データ自動集計→データ活用
↓↓↓Flowクリッカーをご紹介します↓↓↓



Flow Solutionsはこの度、7周年という節目を迎えました。
日頃の感謝の意を込めて特別企画「Flow導入3か月無料キャンペーン」実施中
2022年12月16日(金)~ 2023年2月15日(水)

■ Flow Solutions 会社概要

株式会社Flow Solutionsは、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始し、アパレルや雑貨店、家電量販店など、これまで100社以上・800店舗以上へのシステム導入と3,000以上のセンサー接続実績があります。リテールデータ活用AIプラットフォームFlowは、IoTによる人流計測データや既存データとの連携によって店舗状況を可視化し、AI技術を用いた多次元なデータ分析を可能にします。店舗データの活用によって売上改善や業務効率化に効果を発揮するソリューション・ベンダーとして、小売業の課題解決にあらゆるソリューションを提供しています。


来店計測や店舗のデータ化など、お気軽にお問い合わせ下さい!


お問い合わせ

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。