データ活用のヒント

【店前通行量】から潜在的な見込み顧客を知りアプローチへとつなげる!ーFlow計測領域ー

店前通行量は、店舗・施設前を通過する方々の人数を計測します。「店には入らなかった、しかし入る可能性を秘めた潜在顧客」であるこの数字つまりは来客数の母数を知ることで、精度の高い入店率を導き出し、来店促進策の検証や販売機会の増減を理解するのに役立ちます。


さらには、店前通行量→来客数→購買客数を並べることで、購買に至るお客様の道筋(コンバージョン・ファネル)を把握することができます。

これは店舗経営上極めて重要な要素で、販売活動上の課題が顕在化されます。

FireShot Capture 152 - Flow計測領域「店前通行量」- リテールデータ活用AIプラットフォーム Flow - www.flow-solutions.com
■計測メリット

・売上改善の重要KPI「入店率」算出が可能
(来客数÷店前通行量=入店率)
・来客数購買客数と合わせれば、コンバージョン・ファネルの生成も可能(顧客の購買行動の道筋を可視化)
店頭販促の正確性向上
天気情報と人流の相関性を把握

Conversion

(コンバージョン・ファネル。ECサイトでは普通に行われている分析を、
リアル店舗でも行えるようにすることが売上改善には必要です!


■活用例

店前通行量と入店率、それぞれの時間帯別傾向を把握
→店前通行量が多い&入店率が低い場合、店頭での販促活動を実施し(声出し、POP掲出など)来店率を高める
→接客機会が増大=売上改善

天気情報との関連性を把握
→天気種別と来店率の傾向を把握
適正なスタッフシフト運営(来店率が低い時間帯=休憩を入れる など)業務効率化

など
(多数の事例がございます)
eBookをダウンロード  「スタッフシフト効率化」

■測定方法

・店舗・施設の外側で計測
WEBカメラの設置による自動計測が一般的
(通行人の顔画像や性別・年代データは取得しないため、個人情報に抵触せずに計測が可能)


Screenshot 2022-02-08 10.35.20

もっと詳しくはこちら

関連ブログ記事:

・店舗前の通行人を来店客に変える5つの方法ーウィズコロナー
 

■ Flow Solutions 会社概要
株式会社 Flow Solutions は、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始、アパレル、雑貨店をはじめ、家電量販店など、すでに800を超える店舗の売上改善のためのデータ活用を提供。店舗可視化IoTシステムを通じて取得する顧客行動データの提供、データ活用のためのアフターサポート、さらにデータからすぐに行動につながる、通知サービスの提供を開始、小売課題解決のためのあらゆるソリューションを提供しています。
店舗分析に関することなら何でも、お気軽にお問い合わせ下さい!

弊社へのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
 
#Flow Solutions #フローソリューションズ #来客数 #通行量 #入店率 #DX #売上改善 #店内分析 #小売  

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。