3つのコミュニケーションでわかる!お客様のパーソナリティー

by Yoko, on 2016/06/16 8:30:13

スタッフはどうやってお客様のパーソナリティーや(ニーズや好み)を素早く推測するのでしょうか?

 
 

1.お客様のファッション

  お客様のファッション

外見だけで判断してしまうと、普段の好みとは違うものを勧めてしまうことがあります。
その日はたまたま普段と違う装いで来店しているかもしれません。
「普段は○○(例:どのような色)が多いですか?」等の一言を加えることでお客様のニーズと提案のズレを少なくすることができます。

 
 

2.一人または複数人で来店しているのか

  複数人で来店

複数人で来店している場合には、考えていることや求めている商品、本音などを話していることが多いので、一人のお客様より話しかける「きっかけ」がつかめることが多いと言えます。

さりげなくお客様の会話に耳をすませて、アプローチに使えそうな「ワード」を探しましょう。 一人で来店している場合は、多く見ている商品や滞在時間の長い商品は何か、行動パターンから好みを知ることも可能です。

 
 

3.来店の時間帯

  来店時間帯

仕事帰りの時間帯や休日、時間帯も、お客様のパーソナリティー把握するきっかけになります。
タイミングを見て「お仕事帰りですか?」等の声掛をしてみましょう。
また来店客がリピーターである場合は、どの時間帯や曜日に来店することが多いのか、ある程度把握できますので、既に得ている情報を、お店のスタッフ同士で共有することも大切になってきます。

 

 

接客はお客様が主役です。

 

商品を売るだけではなく、「満足」して購入してもらえる様、お客様が必要としているものを把握し、アドバイス・提案へと結び付けていけることが理想的です。

 

関連記事はこちら

スタッフ教育や接客に取り入れたい質問するということ
小売店のコミュニケーション1
小売店のコミュニケーション2


 

リテール分析に役立つebookを今すぐ無料でダウンロード!

 このeBookを読む

新規CTA 


 
Topics:リテール分析接客を極めよう来店客数を増やす店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1