お問い合わせ
ログイン

KPI 「転換率(購買率)について」

by Sawako, on 2021/07/29 15:00:00

入店したお客様のうち何人が購入に至ったか?という割合をしめす転換率(購買率)。
入店客を、どの位「購買者にできた」もしくは「出来なかった」を数値化するため、目になかなか見えづらいパフォーマンスの評価方法として注目されています。

 
転換率は来店者数と、購入者数で計算できます。

計算式は簡単で、実際取引のあった購入者数を来店者数で割り、その値に100をかけます。
 

 

お客様の購買率

 

 
例えば、お店に100人の来店者数があり、
そのうちの20人の人が購入したとします。
20÷100=0.2

転換率(購買率)は20%となります。
 

このeBookを読む


このKPI(主要業績評価指標)は、店内の顧客サービス、マーチャンダイジング(お客様に商品を買っていただくために、商品の企画・開発や調達、商品構成の決定、販売方法やサービスの立案、価格設定などを、戦略的に行なう活動のこと)の業績をみるのに、大変適した 指標です。

例えば、データを見た時に、入店者数が多いのに転換率が低く出たとします。

このことから考えられることは...集客は出来ているにもかかわらず、購入に至るまでの顧客サービス、マーチャンダイジングがうまく機能していないということ

①スタッフ教育の再確認
②アプリを活用して購買意欲を高めるように仕掛ける
③スタッフシフトの見直しで、お客様との接点を増やしたり、店内環境を整える
④マーチャンダイジングの見直し
などに取り組むチャンスです!


反対に、入店者数が少ないにもかかわらず転換率が高い場合は、
スタッフの功績をたたえて、士気を更に高めましょう。

Business team standing hands together in the office

転換率は定期的に測定し、何か店内で変更することがあればその都度、変更前後での転換率をデータ比較していきます。

この値を正確に、継続的に測定するには、 トラフィックカウンター(TC)などのツールを使います。

 

そのほか関連記事はこちら:

・今、リアル店舗に必要な「コンバージョン率の最適化」

 
転換率や他のKPIデータはどんどん貯めて、過去と現在を比較していきましょう!

しかし、せっかく溜まっているデータも、散在していたり、見にくい様では、残念ながら活用には至りません。ですから、全てのデータをひとところに統合し、見やすいプラットフォーム画面で管理することをおすすめします

小売企業に関わるスタッフ全員が共有できるもの、そして特に現場で使えるものをと考案されました、Flow プラットフォームをぜひご活用ください。
店舗分析プラットフォームeBook
 
 

お問い合わせ

#転換率 #購買率 #KPI #主要業績評価指標

Topics:リテール分析購買率とはKPIへの理解を深める店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1