Flow Solutionsからのお知らせ

【来店計測】2024年2月の店舗KPIからみえる傾向とその対策は?

来店客数や売上などの店舗KPIから、傾向を探ります。リアルタイムなデータ活用は、PDCAサイクルの効果的な運用をサポートします。小さな失敗と成功を積み重ねながら軌道修正をしていくことこそ、効果的な売上最大化につながります。


 
目次
店舗KPIサマリー
店舗KPIの数値から見えることは?

小売店舗 データ分析

店舗KPIサマリー


【来店客数】
前年対比 102.6%   
【売上】前年対比  110.1%
【購入件数】前年対比 104.7%
【購買率】前年対比 102.0%
 

【使用データ】
弊社サービスご利用店舗様の来店客数・売上・購買件数・購買率データを集計
※アパレル:アパレル業態が対象 その他:アパレル以外の業態が対象

【対象期間】
期間:2024.02.01(木)~02.29(木) 比較期間:2023.02.02(木)~03.02(木)

【比較方法】
日別推移:対象期間内の日毎各KPI実数値と前年同曜日実績の比較

 

小売店舗の来店客数トレンドを発信中
資料請求はこちら/「Traffic Trend」  ダウンロード

 バレンタインギフト
 
KPIの数値から見えること


1月データでは大きな伸びが見られなかった店舗KPI *1 を踏まえ、早期の軌道修正により、2月の店舗データでは各項目に好調な伸びが見られています。

昨今の高水準な客単価トレンドをキープしたまま、購買件数・購買率を向上させたことが、売上増加に大きく影響しています。

冬物セールや春物トレンド商品などが、よく動いた2月の結果となっており、ここからは春物のプロパー商品を動かすためのコーディネイトや販売スキルが求められていくでしょう。

2月トレンド(「トラフィックトレンド2月/その他KPIサマリー」より抜粋)

 

資料請求はこちら/
「Traffic Trend」  ダウンロード

 
 Flow Solutionsでは、店舗KPIマンスリーレポートの共有をはじめ、様々なサポートを提供しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。
 

市場変化への柔軟な対応実現には
適切なツールの活用と
\定期的な店舗分析が鍵となります/

フォームで問い合わせる



■ Flow Solutions 会社概要


株式会社Flow Solutionsは、2016年にデータ活用プラットフォームの提供を開始し、アパレルや雑貨店、家電量販店など、これまで100社以上・900店舗以上へのシステム導入と3,000以上のセンサー接続実績があります。 リテールデータ活用AIプラットフォームFlowは、IoTによる人流計測データや既存データとの連携によって店舗状況を可視化し、AI技術を用いた多次元なデータ分析を可能にします。店舗データの活用によって売上改善や業務効率化に効果を発揮するソリューション・ベンダーとして、小売業の課題解決にあらゆるソリューションを提供しています。


Flow 導入の決め手は?導入効果は?  Flow導入・活用事例集

 

Similar posts

メールニュースを購読

ブログ更新情報をメールで受け取る場合はこちらのフォームよりご登録ください。