young woman shopping for fruits and vegetables in produce department of a grocery store supermarket-2

Eddy

店内の混雑状況をリアルタイムに把握
月額10,500円〜

相談する(無料)資料ダウンロード

 

top_image_01

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の発令により、日本でもスーパーやドラックストアなどでの場所で買い物をする際に「ソーシャルディスタンス(他者との距離)」をおくことを本格的に求められるようになりました。2メートルの距離を取り、保ち続けるのが重要です。感染拡大を最小限にするため、またスタッフや顧客の皆様の健康を守るためにも今こそ混雑状況や来店客数を把握する必要性を感じます。

日本に住んでいる方の生活の為に営業を続けている小売店の皆様がより安全な場所を提供できる為、そして様々な不安を抱える従業員の皆様が少しでも安心して働ける為にFlow Occupancy Monitoringを取り入れてみませんか?

リアルタイムで店舗の混雑状況や一定数を超えた場合のアラート機能等で一時的な入場規制など感染リスクの低減を目指すアクションを。またスタッフのシフト管理改善でストレス軽減にも繋がります。

弊社のソリューションはあなたの小売業をサポートする準備ができています。一店舗から何百店舗まで。新型コロナウイルスによる影響が一日も早く収まり、皆さまが無事であることを、Flow Solutionsの社員一同願っております。その日が来るまで、そしてその先もより一層お客様が快適にお買い物ができますように励んでまいります。

相談する(無料)資料ダウンロード

混雑状況をリアルタイムで可視化

「今どれぐらいお店が混んでいるのか?」本部、店舗から確認できます。一時的に入場制限をしたり、どの店舗でどの時間帯に混雑するのかを把握し、お客さまに事前に来店時間の変更を促すなどの施策がすぐに立案できます。

image_eddy_03
image_eddy_02
Clean & Elegant
Fully Responsive

お客さまも ご自宅やスマートフォンから

どの曜日の、どの時間帯に行けば混雑を避けられるか、事前に電話などでの確認は不要です。ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからいつでも確認できます。具体的な混雑具合を示す事で入場規制などに対する理解も得やすくなります。

導入は簡単 シンプル

日本国内で約2,000店舗に導入実績のある来店計測システムの導入は簡単です。入口と出口にセンサーを設置、後は自動的にお店にいるお客さまの人数が確認できます。また、POSレジの売上データや、スタッフ人数を把握する出勤データを統合、店舗運営を分析することもできます。

image_eddy_04
Clean & Elegant
Fully Responsive

資料ダウンロード

店内の滞在人数を、あらかじめ定めた占有率を超えないように、滞在人数に近づいたら店内への入場を規制することができます。これにより、お客さまが距離を一定に保つことができる環境を提供できます。これらの施策はお客さまに対して安心感を提供します。

image_eddy_05
活用例2:レジ待ち行列を増やさない
レジでの会計を待つ人数や時間によりスタッフに通知をすることができます。行列を解消することはもちろんですが、時間帯別のデータを見ることでレジに配置すべきスタッフの人数が分かります。
この密集状況リアルタイム把握ソリューションは、Flow Solutionsが提供する、小売店舗のデータ分析・活用サービスの「来店員数計測」「レジ待ちアラート」などの機能を活用しています。これらのセンサーは実に約98%(当社調査)の計測精度で高い信頼性を発揮しています。
image_eddy_06
資料ダウンロード

まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。

専門のスタッフが対応いたします

Security / confidence line. You can also link to your privacy policy page to open in a new window.