Skip to content

Flowが選ばれる理由

コロナ禍で人々の行動に大きな変化が見られる昨今。それを捉えて経営に活かすには、店舗データの分析は不可欠です。そこでなぜ我々FLOWが注目され、必要とされるのか? ご説明します。

データ「活用」に適したプラットフォーム

Flowは、分散された店舗データを収集・統合し、事業KPIを分析して可視化する「データ活用AIプラットフォーム」です。

データ分析ツールや、店舗用人流計測システムはたくさんあります。しかし、なぜFlowが選ばれるのでしょうか?それは、その使い勝手の良さとスケーラビリティ、システムの柔軟性、なにより「データを活用する」ことを主眼としたシステム開発を行っているからに他なりません。

未取得の計測データや分散管理された店舗データを収集・統合し、分析する---それだけではありません。Flowは、分析データを基に「その先に起こり得る未来」をAIで予測し、利用者に為すべきことをアドバイス。行動変容を促し、データドリブンな経営をサポートします。

 

Flowは単なる「データ分析システム」ではない―「データ活用プラットフォーム」という看板に、偽りはありません。

 

top_flow_jpn_small-2

FLOWでできること

データを「分析する」

分散されている様々な店舗データを収集・統合し、分析します。直感的な画面操作で簡単に、誰でも利用できるので、店舗状況がわかりやすく可視化されます。

データを「共有する」

画面を通して店舗内で共通の状況認識ができるほか、簡単な報告書作成と共有、チャットによるコミュニケーションなど、スピーディーな情報共有が経営判断を早めてくれます。

データを「活用する」

可視化された事業KPIを使って、お客様の購買までのプロセスにおける課題や店頭販促上のポイントが顕在化されます。スタッフのシフト組成にも有効活用できます。

FLOWの特徴