属性分析

属性ソフトで、来店客の性別や年齢を高精度で判別。
CMSとの連動で属性別のコンテンツ配信も。

弊社のソリューションにおける個人情報保護について

個人情報保護法改正につきましてお知らせ

平成29年度5月30日に個人情報保護法改正が施行されました

法第 2 条第 1 項では、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。) と 個人識別符号が含まれるものが個人情報として保護されることとなりました。

個人識別符号は「特定の個人の身体の一部の特徴を電子計算機の用に供するために変換した文字、番号、記号その 他の符号であって、当該特定の個人を識別することができるもの(法第2条第2項)」とされています。

 

弊社のソリューション提案に置き換えると、このような分類がされます。

 

①特徴量データ(顔認証に該当します)

取得した画像から人物の目、鼻、口の位置関係等の特徴を抽出し、数値化したデータ。特定の個人の識別が可能なため、「個人情報」として適切に扱う必要がある。( 平成 29 5 30 日に全面施行される改正個人情報保護法では、個人識別符号に該当する。)また、それぞれの特徴量データに対して ID 等の識別子を割り振って利用する場合、更には、それらをデータベースとして保存し利用する場合、検索性があることから、「個人情報データベース等」となる。

こちらは一切取り扱っておりません。

 

②属性情報(顔認識に該当します)

画像データから機械処理で推定した、性別・年代等の情報。当該情報のみで は特定の個人を識別できないため、「個人情報」ではない

こちらを取り扱っております。

 

③カウントデータ

カメラ画像から形状認識技術等を基に人の形を判別し、その数量を計測したもの。顔部分等人物の特徴に類するデータを識別しないことから、特定の個人は識別できないため、個人情報ではない

こちらを取り扱っております。

私たちは個人情報が重要な情報資源となる一方で、プライバシーを守るバランスも大切だと考えています。

弊社が取り扱うどのソリューションにおいてもこの区分を明確に判断し、お客様へ安心できるサービスを提案・提供して参ります。