Solutions

Flow プラットフォームの仕組み

御社でお持ちのPOSデータなどの基礎データに、店内行動を可視化するための様々なIoTデータを付加することで、スマートで効果的な店舗運営を実現します。
また、過去の客数・天気データなどから未来客数やアクション提案をするAI機能もあり、店舗のパフォーマンスを向上させることが可能です。

top-image 

 

Step 1. Integrate
あらゆるデータをクラウドで統合管理
integrate-top

システム拡張と展開規模が自由自在。
御社ですでにお持ちの各種データと店舗分析データを統合。分析の追加オーダーで、お客様の分析の洞察を深めましょう。

 

+ Your Data
お客様がすでにお持ちの店舗データ

Hand taking receipt from pos terminal

POS

商品数、売上、購入件数

Portrait of smiling female staff using digital tablet in super market

スタッフ

スタッフ情報、シフト人数
close up of businessman hand showing texture the world with digital social media network diagram concept Elements of this image furnished by NASA london city background

アトリビュート

共通グループ、面積、天気

Store blur background with bokeh-4

キャンペーン

売場レイアウト、マーケティング


+ IoT Data
IoTセンサーを設置後、お客様の店内行動データを収集
※既にお持ちのハードウェアからでもデータ統合が可能、ご要望に合わせてデータの選択・拡張が可能です

happy young couple with bags in shopping centre mall-3

来店分析/導線分析

来店客数計測で、重要指標「購買率」の分析が可能に。ヒートマップを用いた分析によってVMDが意図した通りに動線を作れているか、見せたいディスプレイが見られているかを把握することができます

Beautiful friends window shopping at the mall

店内動向分析

Wi-Fiによる計測で、平均滞在時間、立ち寄り客数(お店の入口近くにきた人数)を把握することで、お客さまがお店に入店し、商品を見たか、触れたかを把握できます。品揃え、レイアウト、接客などの改善のためのKPIとして活用できます。

happy young romantic couple in love buy jewelry ring in luxury store-1

属性分析

顔認識による分析で個人情報の収集は一切せずに、来店客を6つのセグメントに分別し計測することができます。これにより、来客施策、品揃えが来店客の属性に変化を与えるかが把握でき、マーケティングやブランディングに非常に有効なデータの計測が可能です。

Young couple shopping in a supermarket-2

店前通行人数計測

来店率をKPIとすることが可能になります。これは購買ファネルの最も大きな数字であり、マーケティング施策、来店誘導施策、店頭呼び込みにより改善が見込めます。
Pretty blonde customer looking at medicine in the pharmacy

レジ待ち分析

レジに一定の待ち行列が発生した場合に通知されます。これにより速やかにレジを解放する事や、スタッフを適切に配置することで待ち客の離脱を防ぐことができます。

fitting_room_topimage

試着室分析

試着室への訪問客数と、来店客全体をどれだけ試着室へ誘導できたかの訪問率を計測するができます。試着への誘導と売上の相関関係を見ることができます。



Step 2. Analyze

使いやすくて、便利な機能を利用する

analyze-top

ビジュアル化

現場目線のユーザビリティ
小売業界での現場経験があるスタッフを多く抱え開発を進めており、現場や本部での使いやすさと見やすさがポイントです。データが苦手なスタッフでも、簡単に使える画面です。

ポイント:

  • 一目で数値を確認するダッシュボード、分析を深めるための詳細レポートなど、使いやすいデータビジュアル
  • KPI・データ・機能の見方を説明する用語説明機能付き
JPN_2019_insight_pc_and_tablet_sm

AI機能

データに基づいたアクションへ
収集したデータからアクションへ結びつけるための機能も豊富。数値の変動に基づいたアクション提案や、今後の未来客数予測などを使って、あなたの店舗運営をよりスマートに。

ポイント:

  • 蓄積された過去の客数データや天気データから、未来の来店客数を予測
  • 店舗のKPIが過去の平均値より下回った際に、店頭で起こすべきアクションを⾃動で提⽰

 

Screen Shot 2019-02-19 at 13.17.31



Step 3. Act

データ活用サポートを利用して、パフォーマンスを最大限に

act-top

サポート

無料で利用できるサポート

プラットフォームに搭載されたeラーニング「Flow Academy」や初期トレーニングで、データの見方からアクションを学びます。その後もEmailでのレポートやオンラインセミナー、フォローアップミーティングで継続的にあなたのデータ活用をサポートいたします。

サポートサービス例:

  • Flow Academy
  • 初期トレーニング
  • Emailレポート
  • KPIオンラインセミナー
  • フォローアップミーティング

 

IMG_1661 3

最新機能

API
あなたの業務をよりシンプルに

プラットフォーム の全てのデータは、APIを通して利用可能です。このデータをCRM、マーケティングプラットフォーム、ERP、顧客管理システムなどにデータを直接統合でき、既存のデータセットを充実させます。

このAPIは、新店舗、ハードウェア、その他の管理要素に対するプロビジョニングの自動化など、日常的な作業も容易にします。また、JSON形式でデータ出力を行い、データを安全かつ軽量化しており、システム間のスピーディーな転送を可能にします。

Puzzle with missing piece in green color

 

 お問い合わせ 
小売店舗 売上向上を実現

最高の店舗パフォーマンスを実現しませんか?

Customers Reviews
JPN_2019_insight_pc_and_tablet_sm