Skip to content

Flow計測領域: 施設混雑状況

来客数分析をスケールアップ

施設全体のお客様の人数をカウントします。つまり、店舗での来客数計測を、施設全体に拡大解釈したものです。施設自体の人流傾向と、各店舗・設備における人流傾向を照合することで、より精緻な施策を検討できるようになります。

施設全体の人流を把握

・施設の入口で計測します
WEBカメラ3Dセンサーの設置による自動計測が一般的です
・エレベーターホールやフードコート、メイン通路の交差ポイントなどを計測すると、より詳しい施設全体の人流把握につながります

data_flow_09-1
architecture-2557567_640

施設の運用改善

・施設全体の集客性・効率性を把握

・混雑状況に応じたスタッフによる通行整備・案内を効率化

施設内イベント開催の適正化

売上との相関性をつかむ

・施設全体の来場状況を把握。混雑箇所の可視化で適切な管内誘導が可能に

・施設来客数―店舗来客数―店舗購買客数を統合することで施設全体の人流ファネルを構築。施設の集客・売上能力の把握と改善に活用

など(多数の事例がございます)

お問い合わせ