Skip to content

データ活用とは

ここでは、FLOWが考える「店舗データの活用」についてご説明します。そしてそれこそがFLOWのコンセプトであり、ビジョンでもあるのです。私たちは、主に小売業のお客様に対し、店舗データの活用を推進する強力なサポーターでありたいと、常に願っています。

DXに待ったなし!

ウィズ・コロナな今、始めなければならないこと。それは「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」への対応です。

コロナ禍によって、人々の生活習慣は今まで以上に激しく変化しています。それはビジネスの世界にも波及し、特に小売業ではパラダイム・シフトが起こっています。それがDXです。

来店率の低下やEC利用率の上昇は、OMO、D2C、オムニチャネルなどといった、リアル店舗とインターネットECを横断したDXを生み出し、先進企業が次々と導入し実績を上げています。この流れは今後、事業規模に関係無く、どの企業でも取り入れなければならない取り組みとなることは、間違いありません。

では、小売業はどうすればよいのでしょうか?

無題
Kashika

店舗データの可視化と活用

店舗に関する様々なデータの収集と統合こそが、店舗の売上アップや経営効率化には必要です。

来店客数データ、POSデータ、シフトデータ、VMDデータ…様々な店舗関連データを、貴社はきちんと把握されていますか?または、それらを分散させたままにしていませんか?
それぞれの数値を閲覧することはできても、透過的・総合的に活用し、経営判断材料に昇華できていない企業が、圧倒的多数なのではないでしょうか。

これらすべてのデータを収集し、統合させ、店舗状況を可視化する-経営課題解決のスタートはここから始まると、FLOWは考えます。

FLOWでできること

データを「分析する」

分散されている様々な店舗データを収集・統合し、分析します。直感的な画面操作で簡単に、誰でも利用できるので、店舗状況がわかりやすく可視化されます。

データを「共有する」

画面を通して店舗内で共通の状況認識ができるほか、簡単な報告書作成と共有、チャットによるコミュニケーションなど、スピーディーな情報共有が経営判断を早めてくれます。

データを「活用する」

可視化された事業KPIを使って、お客様の購買までのプロセスにおける課題や店頭販促上のポイントが顕在化されます。スタッフのシフト組成にも有効活用できます。

FLOWの特徴

データ活用の基礎知識(Flowヘルプセンター)