店内分析プラットフォーム"InSight"リリース

by Marie, on 2017/04/13 6:22:00

この4月、弊社開発の店内分析プラットフォーム"InSight"をリリースしました。
「小売店の未来をつくる」をヴィジョンに掲げる弊社。InSightの開発でまた一歩、その未来に近づけたと確信しています!

■InSightとは…
店舗のデータすべてを統合する新しい形の店内分析プラットフォームです。

統合データ
・来店客数
・POS
・天気
・スタッフシフト
・顧客属性
・試着室客数
・入店方向
・Wi-Fi
and more...
その他CSV形式でデータをインポートすることで、様々なデータと統合が可能です。

■エンドユーザーはInSightのアクセスで以下のデータを様々な形式のヴィジュアルで閲覧することができます。

KPI
・来店客数
・購買率
・売上高
・平均買上商品単価
・客単価
・ROV
・購入転換力
・試着室購買率
・スタッフ効率
・店内滞在時間
・入店方向
・店舗前通行量
・来店率
and more...

豊富な機能
地域/グループ/店舗別比較
過去データに基づく来店客数予測
パフォーマンス比較バブルグラフ
店舗ランキング
パフォマンス比較マップ/グラフ
マシーンラーニングを搭載したアクション提案新機能(Coming Soon...!)

InSightのレポート画面

InSightをもっと知る

 

■InSightの特徴

・マルチデバイス対応
PCで店舗比較をして、経営の意思決定に活かすことはもちろん、店舗スタッフが営業中にタブレットで気軽にデータ分析をすることも可能です。

・フレンドリー設計のダッシュボード
ヴィジュアル多彩なダッシュボードで、視覚的に店舗パフォーマンスを理解することができます。

・データエクスポート・インポート機能
POSデータはもちろん、外部データや他社ソリューションによる来店客数データとの統合も可能です。
レポートサイト内から必要なデータをエクスポートして、独自でデータを管理したいというご要望にも応じます。

・過去データに基づく予測機能
データを蓄積していくことで、より緻密な予測が可能になります。
マシーンラーニングを搭載したアクション提案機能も開発中!

InSightについて、気軽にこちらからお問い合わせ下さい。

 お問い合わせ 

InSightができること、InSightが作る未来についてお話させて頂きます。



▶︎小売業界の新常識、IoTで売上を伸ばす!関連記事はこちら
小売業界におけるBIツールとは?
経営をサポートする"BIツール"、あなたはご存知ですか?
小売業界においては特に店舗データの分析と活用が、今後の経営・売り上げに関わってくることは間違いありません。
BIツールで店舗データを統合させて、あなたの店舗ビジネスを加速化させてみませんか?

IoTと小売ビジネスのこれから
昨年から引き続き、IoTが話題です。
IoTを利用した新たなビジネスも次々と生まれてきています。
この記事ではあらためて「小売ビジネスとIoT」について考えてみたいと思います。

Topics:店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1