おなじみのKPI「販売数について」

by Sawako, on 2016/07/05 8:00:00

販売数は、あなたのお店で最も簡単に測定できる、様々な取引に関連するKPIの一つです。

販売数は、売り上げを出すときに必要であり、インストア・マーケティング戦略、顧客サービス、カスタマー体験、などへの評価の基準として利用できます。
販売数を出すとき、一定時間(期間)内でデータを集積するようにします。

 

売上をリアルタイムで追跡できるばかりでなく、繁忙な時間帯および場所に、販売員を増やすなどの対策を講じることが出来ます。

日別、月別でデータを集計すると、次年度の仕入れについて、どの位のスタッフ数で、事前に何個発注する必要があるのかなどが予測出来ます。

 

販売数を、フット・トラフィックや売上など、他のKPI(主要業績指標)とあわせてみていくと、更なるKPIの転換率(購買率)や、一取引あたりの平均金額をリテールアナリティクスによって導き出せるのです。

 

関連記事はこちらから

KPIの目標値設定で小売店の運営を効率化!


 

リテール分析に役立つebookを今すぐ無料でダウンロード!

リテールアナリティクスKPI eBook 

 


メールマガジン配信中
店舗分析についてもっと学んでみたいという方はぜひご購読を!

リテールパフォーマンスを高めるメール 

 
Topics:購買率とはKPIへの理解を深める売上を上げるためには?
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1