FLOW BLOG

ブログ
リテール分析

Brexit余波 英国発のファッションブランドの今後は?

英国が国民投票でEUからの脱退(Brexit = Britain(英国) + Exit(離脱))を決めました。 短期的にも、中長期的にも英国経済への悪影響は免れません。 離脱決定の一報にポンドは急落し、英国企業の株価も大幅に下落しました。日本を含む世界中市場も大混乱となりました。

リテール分析

店内分析をすることで期待できる効果

店内のお客様動向を分析するツールとして代表的なものに、 来店客数の計測を行うTC(トラフィックカウンター)、そしてWiFi信号計測センサー等があります。 これらのツールから得られたデータは、 リアルタイムにクラウドレポーティングシステムから閲覧し分析できます。

リテール分析

「ポケモンgo」が小売業界に与える衝撃

7月上旬より、一部の国だけで公開されたアプリ・ゲームの「ポケモンGo」について、耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。拡張現実(AR)技術により、現実の世界でポケモンを捕まえる疑似体験のできるこのアプリですが、リリースから数日のうちにユーザー数は6500万人を超えています。

リテール分析

生涯顧客、お店の宝をつくろう

ITの進化、オムニチャネル化で消費環境が目まぐるしく変化する中、実店舗の生き残りをかけて、磨くべきスキルがあります。それは、生涯顧客(世代を超えた店のファン)を作ること。ファンになってもらえる為の戦略を立てることが重要です。

購買率とは

目線を広げましょう。客単価より大事なものは?

あなたが管轄するお店では、どこに重点を置いて売上アップのためのスタッフ教育をしていますか?きっと口を酸っぱくして高単価商品のおすすめや、購入点数の増加に繋がるセールストークを教えていることでしょう。

小売業界ニュース

ニューヨーク発!店舗開発の味方 Placemeter

2012年にニューヨークで創業し、世界的に話題を呼んだPlacemeterについて、耳にしたことがありますか?NY市と提携し交通量を測定したのみならず、NY市民を巻き込んだ大規模で網羅的な交通量データ収集、分析をし、注目を集めた企業であり、今後の動向に目が離せません。

購買率とは

おなじみのKPI「販売数について」

販売数は、あなたのお店で最も簡単に測定できる、様々な取引に関連するKPIの一つです。販売数は、売り上げを出すときに必要であり、インストア・マーケティング戦略、顧客サービス、カスタマー体験、などへの評価の基準として利用できます。