KPI[占有率] 混雑状況を知り強化すべき5つのこと

by Chad, on 2020/05/28 9:00:00

これから当面の間、入場制限などの3密対策が安全な買い物に不可欠となるでしょう。 小売ビジネスが再開した後、従業員とお客様に安全な環境を提供することは、すべての店舗の責任となってきます。


デパート、ショッピングモール、ショップにおいて、店内にいるお客様数を数えるだけでなく、推奨人数を超えていないことを証明する方法が必要になります。 Flowは、業界をリードする精度と利便性を備えた居住監視ソリューション「Eddy」を提供致します。 これにより、スペース内のリアルタイムな占有数がカウントされ(管理者は常に顧客数を最適化できます)、監査可能な履歴レコードが生成されます。

私達のソリューションは導入が簡単で、最小限の設備投資にて、組織全体に情報を提供いたします。

Screenshot 2020-05-21 at 18.15.24

KPIの占有率を知り、強化すべき5つのこと

  • お客様に最適で安全な買い物の時間帯提示
  • リアルタイムな占有率情報を開示することで真のロイヤリティーを築く
  • 消毒/清掃などの時間を最適化
  • スタッフスケジュールの最適化
  • 従業員とお客様そうほうの安全を守る

デパート、ショッピングモール、路面店、全ての店舗において対応可能です。
スーパーやドラッグストアの混雑状況を可視化 Eddy

私達Flowはいつでも小売業の皆様をお手伝いしたいと考えています。
今のこの困難な時期に、あなたの店舗を再度成功へと導く最良の機会を作るために!是非ご連絡下さい。
お待ちしています!!

 お問い合わせ 

< TOPへ戻る

Topics:KPIへの理解を深めるFlow Solutionsからのお知らせリアル店舗を盛り上げよう3密対策
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1