データドリブンな運営 Flowダッシュボードを使って占有率をスマート管理

by Chad, on 2020/05/22 15:05:42

Flowプラットフォームは、クラウドベースのテクノロジーを最大限利用し、すべての店舗の状況を理解するデータが同期されたダッシュボードを作成できます。

Close up of businessman touching icon of media screen

Flowのプラットフォームは、資本的費用をかけずに、迅速かつリモートで展開できます。
Flow GOカウンターを使用する場合でも、占有率に特化したEddyソリューションを使用する場合でも、すべてのデータと履歴レコードが同じ統合データベースに保持されます。

自動化されたスマート占有率カウンター

FlowGoモバイルアプリとクラウドベースのダッシュボードを介して、すべての従業員にリアルタイムで店舗占有率が提供されます。 お客様の出入りごとにモバイルクリックを追跡し、タイムスタンプを付けておりますので、システム全体を規制機関や管理者によって監査することが可能です。

入店制限を行うのではなく、できるだけ多くのお客様に時間を分散して店舗に来て頂き、店舗に入る人々の分布を広げることで、より安全で安心な買い物体験を提供します。データで言うならば、グラフ上に 単一の長い線ではなく、短い線が多く広がるほど、店舗内にとどまらず社会的にも距離を作ることに役立ちます。

image_eddy_06


一元化されたコマンドセンター

Flowダッシュボードは、中央集中型のコマンドセンターです。カスタマイズ可能なゾーンベースの占有、自動アラート、データベース管理、および中央集中型ポータルを介し通信を管理します。これからの小売に欠かせないデータドリブン な運営を可能にします。

FOM_2

占有率ダッシュボードは、プライバシーに重点を置いたアクセス制御を通じて共有しますので、すべての利害関係者と通信が可能です。これらの機能は、モバイルアプリを介して店長やスタッフのコミュニケーションに利用できます。
したがって、すべてのショップにおいて常に安全な占有率と密度レベルをお客様に推奨することができるのです。

店舗分析プラットフォーム

Flow APIにより、ウェブサイト、デジタルサイネージ、またはモバイルアプリで店舗の占有率を表示し、密度が最も低い場所をお客様に知らせ、快適に社会的距離を作ることを推奨していきます。

Topics:Flow Solutionsからのお知らせリアル店舗を盛り上げようショッピングセンター3密対策
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1