店舗混雑の解消! 提案型の予防策を打つ

by Sawako, on 2020/05/06 15:37:10

休業要請の対象になっていないスーパー・コンビニ・ドラッグストアーなどでは、レジと顧客の間仕切りやレジ待ち間隔ライン設定が登場し、感染予防への対策が取られる中、混雑時には人が密集する状況が続いています。


london-692137_640

TOPICS:

1. 営業店舗での現状

2.打ち出されている密集予防対策
 
3. 提案型の密集予防対策を!
 
 


スーパーやドラッグストアの混雑状況を可視化 Eddy

1. 営業店舗での現状

自粛/休業要請により、開店している商業施設において混雑が見られている。
また、営業時間の短縮を行っている店舗では、さらに混雑を招く事態となっており、店舗販売員への感染リスクと来店者間の感染が懸念される。
消費者には、少人数での買い物や、混雑時間帯をずらすなどの呼びかけがなされ、
店舗前にて入場制限を行う店舗も見られてきている。

 

2. 打ち出されている密集予防対策

各社が従業員と顧客の安全のため、打ち出した施策
・レジ待ちラインの間隔を開けるライン設定
・店内アナウンスによる誘導
・集客の自粛としてセールスを中止し、期間を延長してのセール特価の提案
・クレジットカード機能の導入
・セルフレジの導入
・電話発注/通信販売の実践と強化
・少人数での買い物を奨励

3. 提案型の密集予防対策

感染リスクを減らすためにどの時間帯が混んでいないのか?
知りたくなることがありませんか?
家にいながらにして正確なデータをリアルタイムで見ることが出来るなら、現状況予防施策に加え、根本からの密集予防対策となるでしょう。

FOM_3

英国では、高齢者の買い物時間を設定しているケースもみられています。(例えば開店から1時間など)
その地域の特性に合わせた時間配分の提案もありではないでしょうか?

家にいながらリアルタイムで店舗の混雑状況を確認
店舗内の人数が一定数を超えた場合のアラート機能にて一時的な入場規制へ

アンケートに回答する
感染リスクを減らす為のアクションを!


 お問い合わせ 

< TOPへ戻る

Topics:データ活用をはじめよう小売業界ニュース
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1