eコマースの成長と小売業界の変化

by Yoko, on 2019/07/12 1:31:05

ここ数年で小売業界にもさまざまな変革が起こり、たくさんの新たな技術が生まれました。

今回はeコマース市場の成長と、それが小売業界に与えた影響について振り返ってみます。

 

TOPICS:

1.  eコマース市場の成長

2. それぞれの業界に与えた変化

3. 実店舗に求められるもの

まとめ
 

 

1.  eコマース市場の成長

eコマース市場の成長により、消費者の購買行動が実店舗からオンラインショッピングへの大きな遷移を促しました。このことは雇用機会を含む小売業界のあらゆる側面に影響を与えています。
より多くの人々がオンラインで買い物をすることを選択することが増え、物理的に顧客が店舗とつながるための必要性が減少することを意味します。

また、eコマース市場は人材採用面でも大きな変革を起こしました。オンラインショップの運営では、人件費を節約することができ、必要な従業員数の点で従来の小売とは大きく異なっています。管理するために実店舗ほど多くのスタッフを必要としません。

しかし、オンラインショップの運営にもっと必要なのはテクノロジーです。
コンピュータスキルを身につけたハイテク知識を持つ人材がeコマースにとって必須となります。

Eコマースの小売売上高は拡大を続けており、その成長は2016年までの14年間のうちの12年間で卸売業および製造業のそれを上回っています。

eコマース市場の成長は、消費者の製品に対する知識を増やし検索・比較することを容易にしたため、商品価格の急激な下落さえ引き起こしています。

Portrait of smiling female staff using digital tablet in super market-2

 

2. それぞれの業界に与えた変化

一方、別の側面もあります。オンラインショッピングの普及に伴い、配達サービスの業界に大きな変化をもたらしました。配達サービスの需要は増える一方で、2012年から2017年の間に、米国での宅配便業者の雇用数は、約50万人から60万人に急増しています。

eコマースの発展がエンターテイメントやコンテンツビジネスの成長をも促進させました。数え切れないほどの数の曲、書籍、ゲーム、映画やテレビ番組などをダウンロードして購入することができる代わりに、パッケージ製品の売上は減少し続けています。

また、ある研究ではeコマースの発展が自然環境に影響を与えることが言及されています。

オンラインショッピングの増加が環境に与える影響とは何でしょうか?
これらの問題は商品自体ではなく、商品を送るための箱やパッケージです。
段ボールはリサイクルすることができますが(約90%がリサイクル可能)、その他の一部は別の廃棄方法で処理されます。
段ボール箱に対する私たちの需要は、廃棄物管理システムが追いつかない速度で増えているのです。
これに加えて、大量の発泡スチロール、プラスチック製のカバー、粘着テープ、一般的なパッケージの中にある緩衝材の処理について議論が行われています。

新規CTA

 

3. 実店舗に求められるもの

eコマースの拡大に押され、全体の傾向としてみれば実店舗は減少傾向にあります。
しかし、依然としてオンラインショップより実店舗を訪れることを好む顧客がいることも事実です。

eコマースにあって実店舗にないものとは何でしょうか。オンラインショッピング
においては店員と会話することや実際に商品を"体験"することができません。実際に商品を見ることができませんし、時には偽物や虚偽の商品を購入してしまうこともあります。

一方実店舗では対面関係があるので、信頼性が高くなります。実店舗からオンラインへの展開を行う小売企業も増えてきましたが、今後、実店舗では、実店舗にしかできない
体験(カスタマー・エクスペリエンス)を提供することが、重要となるでしょう。


Family looking out for home finances at the supermarket-1

 


こちらのeBookで試着室を使って売上を上げる方法を紹介しています。
購買率向上のカギを握る、試着室分析

お問い合わせはこちら

< TOPへ戻る

テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1