サブスクリプションサービスの進化

by Yoko, on 2019/07/03 2:46:28

利用する期間に応じて料金を支払う、サブスクリプション(定額制)サービス。

近年は音楽配信・映像配信などのデジタルコンテンツだけでなく、食事や化粧品、ファッションといった様々なサービスが登場しています。これらの「サブスク」ともよばれるサービスは世の中にどの程度浸透しているのでしょうか?

 

TOPICS:

1. サブスプリクションの利用と認知度

2. 人気のサブスプリクションサービス

3. まだまだある!サブスクリプションサービスの進化

まとめ
 

 

 

1. サブスプリクションの利用と認知度

サブスクリプション(subscription)は本来、雑誌などの定期購読を意味する英語であるが、サブスクリプションサービスとは有料会員制サービスであり、加入者から定期的に料金を徴収する販売形体のことを意味します。

さて、このサブスプリクションサービスですが、どのぐらいの人々に認知され利用されているのでしょうか。

2018年の調査では、何らかの形でサブスプリクションサービスを利用したことのある人の割合は46%と、ほぼ半数の人が利用経験があることがわかりました。

一方で「サブスプリクションサービス」という言葉の認知度は27%とかなり低く、サブスプリクションという言葉を知らずに、何らかのサービスを使っている場合も多いようです。

またジャンルごとに見ていくと、定額見放題の動画配信サービス(Hulu,Netflix,Amazon Prime Videoなど)が半分近くを占め、続く2位が音楽配信サービス、3位が電子書籍の読み放題サービスという結果になりました。

Woman grocery shopping at the local market

2. 人気のサブスプリクションサービス

定番の動画・音楽配信サービスなどの他には、人気を集めているものはどのようなものがあるでしょうか?


●ファッション・アクセサリー
アパレルブランド各社でも、ファッションの定額レンタルサービスを手がける企業が増えています。スタイリストによるコーディネートサービスがあったり、
「新作・新品」の商品をレンタルできるサービスが人気を集めています。
多くのサービスでは、加入期間中「レンタル期限」がなく、一定期間同一商品を借り続けるとそのまま購入したことと同じことになり、気に入った商品を手元に置くことができるというものもある。

●カーシェア・カーレンタル
車をレンタルする定額サービスも登場しています。カーリース自体は昔からあるサービスですが、料金やレンタル形体も多様化しており、頭金が不要であったり、税金などが定額に含まれているものが多く、家計の出費の計画が立てやすいことから、車は買わずに年単位でレンタルする消費者も増えています。
また、選べる車種のなかから、一定期間後に違う車に乗り換えるというような事ができるメリットもあります。

●コスメ
女性に人気を集めているコスメの定期購入サービス。
中には好みや肌質に合わせて商品を届けてもらえるサービスがあり、単品販売では挑戦しにくい高級ブランドの商品を気軽に試すことができたり、新しい商品を知ることができるきっかけとして、利用しているユーザーが多い。

新規CTA

 

3. まだまだある!サブスクリプションサービスの進化

●ランチのテイクアウト
昨年一部地域でサービスを開始した、ランチのテイクアウトサービス「POTLUCK」では、月額サービスに申し込むことにより、登録されている店舗から好きな店舗を選びランチを注文することができる。お得な料金でランチが食べられるだけでなく、事前に予約することによって、待ち時間の節約になるというメリットもある。
尚、「POTLUCK」ではランチだけでなく、一ヶ月の中で、昼食・夕飯合わせて、最大60食分を食べることができる「食べ放題プラン」がある。
店舗にとってもテイクアウトが新たな売上を増やすきっかけに繋がることがあり、これから期待のサービスである。

「POTLUCK」公式サイト
https://www.pot-luck.jp/

●コインランドリー
月額制でコインランドリーが使い放題になるサービス「Araeru」では、4000円の月額費を支払うことで、会員専用のコインランドリーを利用することができます。
大容量の洗濯乾燥機を完備しているので、洗濯物が溜まった場合でも短時間で乾燥まで仕上げることが可能。
洗濯する時間もない、という利用者のために、洗濯から乾燥、たたむまでを行ってくれる「預け放題」サービスもある。
布団や絨毯など大型の洗濯物が洗えることから、一人暮らしの若者だけでなく、主婦の人気も高まっています。

「Araeru」公式サイト
https://www.araeru.jp/

●メガネ
メガネの田中チェーンでは今年から日本初というメガネ&サングラスの定額制サービス「NINAL」を開始した。
月額2100円のプランでは、契約期間3年で、期間中は新品のフレームを3本、レンズ3組まで交換が可能。
また、視力が変化しやすい子供向けのプランとして、月額1800円でレンズフレーム交換し放題のプランもある。
定額制と言っても、選べる眼鏡の種類が300~1000種類以上と豊富であり、視力検査や、フィッテイングのサービスなども通常と変わらないので、メガネを買い換える頻度が高い消費者にとっては注目のサービスです。

「NINAL」 公式サイト
https://www.tanaka-megane.co.jp/ninal/



Attractive young couple moving house getting ready to unpack a cardboard carton of personal possessions below a big window

まとめ

様々なジャンルへの広がりを見せているサブスクリプションサービス。

今回紹介したサービスの他にも、今後もユニークなサブスクリプションサービスが続々と登場することでしょう。
皆さんはどのようなサービスが「定額制」になったら利用してみたいと思いますか?



店舗を可視化する、オンラインプラットフォームの体験はこちらから↓↓


店舗分析プラットフォーム

お問い合わせはこちら

< TOPへ戻る

 

Topics:小売業界ニュース
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1