小売店に欲しい! コミュニケーション プラットフォーム

by Sawako, on 2019/03/08 15:24:15

いま、店舗内で取れる顧客データが増えています。
POS以外にWifiや最新センサーを使ったものなど、様々な方法からデータが取れるようになりました。その結果、
「データがバラバラ」
「一部の人だけが時間をかけて解析している」
「活かしかたが分からない...」

この、膨大なデータ。

店舗運営に関わる人みんなが「使えるデータ」に変えられるでしょうか?

いちばん身近にある車に置き換えて考えてみましょう。
 
 sports car about to take a bend
 
愛車のダッシュボードを見てください。

全てのデータ(スピード、燃料、水温、距離、回転速度などなど)が一目瞭然です。
ガソリン残量やオイルランプを確認し、回転数やスピードなどから、何か微調整する必要がないか、その値を見て判断しています。
 
 
小売店でも同様に、店舗のパフォーマンスをダッシュボードで可視化することが出来る様になりました。
 
 

小売店経営に携わるすべての部署、経営陣・仕入れ物流・販売・運営企画...
店舗運営に関わるすべての人が、店舗状況がリアルタイムで、ひと目で分かる設計
ストアコミュニケーション・プラットフォームです。


ストアコミュニケーション・プラットフォーム InSight
insight-banner

バラバラのシートで出てきていたデータが一箇所に集約!
・誰でも理解できる
・どこでも見れる
・リアルタイム
・店舗のパフォーマンスが一目瞭然
・マルチデバイス対応

→データからのKPIに基づいて店舗スタッフがアクションを起こすから、
店舗パフォーマンスが向上する!

→数値によるパフォーマンス評価なので公平な指導が可能!

大切な店舗データをみんなが共有し、コミュニケーションが円滑に!!
(使用者により必要データの選択ができます。)


店舗の運営にかかわる全ての人が理解できるためにー
各種セミナーやオンライン学習コースも充実しています。
 
 お問い合わせ 
 

 
店舗運営を切り盛りする店長さんのために作られたオンライン学習コース
店舗で見るべきデータについて、分かりやすく楽しく学べます!
新規CTA
 
< TOPへ戻る
Topics:リアル店舗を盛り上げよう店舗の教育課題解決のヒントコミュニケーションを効果的に行う
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1