「店鋪オペレーションの改善」に欠かせない「効果の測定」

by Sawako, on 2018/11/29 6:03:00

店舗利益の最大化に重要な店舗オペレーションですが、見直しの必要があったとしても、どこに課題があるのかが見えにくく、課題が分かったとしても具体的に何を直せばいいのか、改善への糸口が見えにくい面があります。

特に売上に直結する、接客=スタッフや店内レイアウトについて、今の実店舗では「成果はカンに頼っている」のが現状です。

Failure crisis concept and lost business career education opportunity. Lonely young man on a rock cliff island surrounded by an ocean storm waves

 
この曖昧なグレーの部分に、実は成功への鍵が隠されています。
フローソリューションズが扱う店内分析・店鋪分析のメソッドにより、接客=スタッフや店内レイアウトについての「効果測定」が可能になり、「データに基づいて計画し、効果測定を行った上で改善策を実行する」事ができるようになっています。

この「データに基づいた計画を、効果測定を行った上で改善策として実行する」ということは、店鋪運営のPDCAサイクルを効率良く回すこととも言えます。


小売店でPDCAサイクルを回すための5つのヒント
PDCA(
Plan 計画、Do 実行、Check 検証、Action アクション)は、常に計画、実行、検証を繰り返していくことで、その後に取るアクションを、確実に効果のあるものにしていきます。このブログでは店舗運営におけるPDCAについて取り上げています。 


PDCAサイクルをうまく回すために、もう一つ欠かせないのが、店鋪運営に関わる全てのスタッフが共通認識を持つことです。

当然、スキルを持った意識の高いスタッフが少数で努力しても、期待する成果は現れ難いでしょう。全スタッフがプロセスを共有できる、誰にでもわかりやすい「目に見える指標」があれば、現場に浸透しやすくなります。



店長にとって、データを読めると得られる5つのメリット
店長にとってのメリットだけではない!数値化することでスタッフへの指導も、公平で説得力のあるものに変化します。

店長のデータ活用、どうすればいい?
店舗のデータを見られる環境にいるのに利用していないのであれば、今すぐに活用しましょう!データ活用することで、店舗パフォーマンスを把握し、売上をとっていくための具体的な戦略を考えることができます。

エリアマネージャーが注目すべき、小売データ利用
複数の店舗を管轄するエリアマネージャーが小売データ分析で注目すべきポイントについて述べています。

 CSCXって何?CSCXサービスとは…
「高価なトラフィックカウンターを導入したが、活用方法が分からなく見ていない!」「データは見ているがどのように活用していいのか分からない!」というお客様の声にお答えすべく、データ活用についてのセミナー・トレーニングや、データから読み取ったレポーティング、フォローアップのお手伝いをしております。私達CSCX(Customer Success Customer Experience)にお任せ下さい!


店鋪オペレーションを実測値に基づいて評価し、改善し、効率よくPDCAサイクルを回していきましょう。

本社から現場の店長、スタッフまで、社内の全員がデータに基づいた改善をしていく、スマートな店舗運営が求められる時代。
フローソリューションがオススメするInSightでは、POSデータ、来店客数、スタッフデータ、天気情報、などなど
必要なデータを統合。いつでも、どこでも、簡単に、多角的に分析できる!InSightとは? 

< TOPへ戻る

Topics:店舗運営を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1