なぜ人気?男性向け化粧品

by Yoko, on 2018/10/12 18:09:31

近年は男女、年齢を問わず、美容に気を使う傾向が高くなっています。
日本人男性も「美容」に気を使う人が増えてきました。
化粧品・美容業界では消費者の要望を取り入れた男性向けコスメ、男性向けエステなどの販売に力を入れています。

なぜ、男性向け美容商品に注目が集まっているのでしょうか?



TOPICS:


1. マナーとしての身だしなみ+自分磨き

2.美容に対する価値観の変化

3. 商品・選択肢の多様化

4.男性化粧品の進化

5.美容に使う金額の上昇


コスメ容器


1.マナーとしての身だしなみ+自分磨き

社会人として、最低限の身だしなみを整えることは、誰もが気をつけていることだと思います。

ビジネスシーンで出会った男性の肌をチェックしている人の割合は、男性で41.8%、女性で58.3%に達するとの調査結果も出ている通り、
無意識に、相手の肌のハリ・ツヤ、髪型、整えられた眉毛や髭などに注目している人が多いことがわかります。
プライベートやビジネスにおいて、まだ相手のことをよく知らない場合には、見た目が初対面の印象に大きく影響します。仕事上では、営業職・接客業に携わる職種ではその傾向が強いのではないでしょうか。

近年は、自分を綺麗に、よりよく見せる身だしなみはもちろんのこと、筋トレや、スキルアップと同じように、外面を磨くことが、内面を磨くことにもつながると考え、美容に一手間をかける人もいます。

肌が整えられていることで、より健康的な印象を与えることができるでしょう。
また、外面を磨かれることにより、精神的な自信やモチベーションが高まるとの意見も多いようです。


2.美容に対する価値観の変化


一昔前は男性がファンデーションを塗ったり、メイクを施すことはタブーとされるような風潮がありました。
男性も女性と同じく、少しでも相手によく見られたい、評価されたいという気持ちを持っているものです。
近年は世間の男性のメイク・美容に対する抵抗がなくなりつつあり、メンズ・コスメも市場に多く出回るようになりました。

世界規模で見てみると、美容大国と言われている韓国では、世界のメンズ・コスメ市場の売上2割を占めており、スキンケアは当たり前の習慣として実践されているようです。
日本はまだまだ美容意識の高さという面では低いという印象です。

近い将来は韓国と同じように男性のスキンケア、メイクがイレギュラーなことではなくなる時代が来るかもしれません。

髭を剃る男性

3.商品・選択肢の多様化

メンズ・コスメのイメージというと、制汗剤や整髪料に代表されるように、女性向けの化粧品よりも香りや・清涼感・刺激が強いものが多い、という印象がありました。

しかし、人それぞれいろいろな肌質があり、女性も男性も、敏感肌や乾燥肌で悩むことがあります。
これまでは敏感肌で悩む男性は、主に女性向けの商品を購入するしかありませんでした。

そういった消費者の声に答えて、最近では、敏感肌・低刺激を謳ったされたメンズ・コスメも発売され、数年前と比べると商品の選択肢も圧倒的に増えました。

メイクについても同様で、いろいろな選択肢の中から、自分のニーズに合わせた商品を選ぶことが重要です。
「男性は化粧をしない」という考えが広く根付いている日本社会において、
気づかれない程度にさりげなく肌をきれいに見せるメイクアイテムが人気を集めています。

ドライヤー 美容用品


4.男性化粧品の進化

基礎化粧品だけでなく、様々なバリエーションのメンズ・コスメが登場しています。
例えば以下のようなアイテムです。

・オールインワン
1アイテムで洗顔後の肌を整えることができるので、忙しい朝でも簡単にスキンケアの時短になり、複数アイテムを揃える必要がなく、比較的価格がリーズナブルというところも人気を集める秘訣のようです。

・CCクリーム
BBクリームより自然に肌のトーンアップが期待できることから、メイクに抵抗のある男性でも使いやすいとの声があります。ニキビやシミなどをさりげなくカバーすることができます。

・美容家電
最近は男性向けのエステメニューなども増えてきていますが、エステサロンに行くことに抵抗がある、という場合には美容家電の利用も視野に入るかもしれません。
シェービングや頭皮エステ、洗顔をサポートする美容家電が人気のようです。


5.美容に使う金額の上昇

メンズ・コスメ市場は毎年売上を伸ばしており、今後も市場の拡大は続くものと予想されています。
売上の大半は30代-40代の年齢層が多く、毎月の美容にかける費用の平均額も伸び続けています。

「ジェンダーレス男子」という言葉に代表されるように、若年層ほど、男性のスキンケアやメイクへの抵抗が無くなりつつあります。

今後若い世代が今後社会に出ていくことによって、ますます男性の美容意識、メンズ・コスメ市場の拡大が予想されるでしょう。

 


「店舗分析フローチャート」無料配布中!

フローチャート

Topics:リアル店舗を盛り上げよう
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1