お問い合わせ
ログイン

繁忙期に向けてやるべき3つのポイント

by Mihoko, on 2018/03/15 8:00:00

3月に入ってから暖かくなり、春を感じさせる季節になりましたね。

そろそろ厚く重い冬物におさらばし、軽くて明るい春物を着たくなる時期です!
外を歩いても春物商品に目がいくようになりました。

20180315_pic01.png


アパレルで働いている方は、

店頭に出していたプレコレクション(メインコレクションの前に発表される小規模なコレクション)からメインコレクションに移行された頃ではないでしょうか?

ここからいよいよ本格的な繁忙期が始まります!

そこで、アパレル業界で働いているあなたに質問です。

あなたのお店は繁忙期に向けて対策は整っていますか?

「繁忙期?!対策?!」、「まだ出来ていない~!!」「何をすればいいの~?!」と思っているあなた、繁忙期にするべき3つのポイントをここで教えちゃいます。

 

1.在庫の確保

繁忙期に商品が揃っていることはとても大切なことです。

例えばお店に行って、「ちょうどこの商品のMサイズが人気で在庫がない!!」という経験はありませんか?

在庫がないという事は、せっかく売れるはずの商品が購買に至らなかったということになります。お客様にご迷惑お掛けしてしまうだけではなく、お店の購買率を下る原因になります。

過去のデータを分析して、人気商品や人気サイズの在庫の確保はしっかり行いましょう。

2.スタッフ

スタッフの数は足りていますか?

接客できる体制は整っていますか?

繁忙期は、購買意欲があってお店に入られるお客様が増えます。
買うつもりがなくてもスタッフさんの一言で「これ買っちゃおう!!」という気持ちになります。

20180315_pic2.png

お客様に「サイズ違いを聞きたいのに、店員さんがいないからいいや」と思わせてしまったら、売れたかもしれない商品が売れなかったという環境を作ってしまいます。

人員確保し、いつでも接客できる体制を取りましょう。

そして、閑散期と繁忙期の
スタッフのシフトのメリハリを作りましょう。


3.メインテナンス

忙しいとついついお店のメインテナンスが疎かになってしまうケースってないですか?
お客様に商品を見せているうちにテーブルが洋服の山になっていたり...

繁忙期は、新規お客様もお店に入ってきます。

というこは、

お客様が入られた状態がそのブランドのイメージになります。

もし、初めて入ったお店がメインテナンスが出来ていない状態でしたら、その状態がブランドの顔になってしまいます。

そうならないためにもコツとしては、接客しながら商品を整えることです。
繁忙期だからこそ、お客様に気持ちよく売場を整えることが大切になります。

これら3つのポイントをもう一度見直しして、本格的な繁忙期に入る前にお店を整えましょう!

 

小売業界の企業がこの閑散期にすべきこととは?

VMDでつくる、お客様とのコミュニケーション


顧客体験が重要視されている今!
目を通すべき資料はこちら!!

 新規CTA

Flow Solutions TOPページへ

Topics:リアル店舗を盛り上げようアパレル業界人におすすめ情報
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1