来店客の「滞留時間」延ばす工夫していますか?

by Seiichiro, on 2018/02/27 7:02:00

リテール店舗の「売上」は来店客の「滞留時間」に正比例します。

 

滞留時間↗︎ ➡︎ 購買機会↗︎ ➡︎ 消費金額↗︎

 

来店客の増加

来店客が店舗内に長く留まるほど、それに比例して売上も伸びるのです。
リテール業界でも、車や家具
など、購入にあたり「熟慮」がもとめられる商品をのぞいてですが。

 

什器位置によって増える客の視線

みなさまは、来店客に店舗内になるべく長く留まっていただけるよう、どのような取組み(施策)をしていますか?

来店客の滞留時間は「なに」と関係があるように見えますか?

 スタッフの接客? 什器の位置? 配ったチラシ? 
店内のBGM? イベント? 天気?

 

 

ここで、施策の「効果」の「見える化」が必要となります。

みなさまは来店客の「滞留時間」を延ばすための施策の「効果」を「見える化」して、分析・比較・検討できていますか?

 

店内レイアウト

例えばここで、来店客の滞留時間を延ばす施策として「BGM」を取り挙げて考えてみましょう。

店内でBGMを流してなかったときと比べて、
滞留時間は長い
短い?それとも、
変化なし
来店客の滞留時間が長くなるBGMであれば、そのBGMは売上向上に役立っており、反対に短くなるBGMであれば、そBGMは売上の点で逆効果になってしまっているとみなすことができます。BGM以外の諸条件が同じであることが前提ですが。

 施策の効果を「見える化」しましょう。

そして、来店客の滞留時間を延ばす施策を見つけ出し、それを継続しましょう。

c01_cta_11ways.png

Topics:データ活用をはじめよう売上を上げるためには?店舗運営を学ぶリアル店舗を盛り上げようVMDの考え方を学ぶ店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1