AI(人工知能)で変わるショッピング体験

by Yoko, on 2018/02/10 3:46:06

Amazon EchoやGoogle HomeなどAI機能が搭載されたスピーカー(スマートスピーカー)が注目されています。

スマートスピーカーでは検索をしたり、音楽を聴いたりするだけではなく、調べもの、会話、家電の操作、メモ代わりなど各社、多くの機能を提供しています。
スマートスピーカー以外にも、昨年GoogleはAndroid端末向けにGoogleアシスタントの提供を開始しています。

今後、人工知能の普及で今後の購買行動はどう変わっていくのでしょうか。



1.人工知能で変わるショッピング体験
Amazonは自社で展開するクラウド音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応したスピーカー「Amazon Echo」を提供している。
WalmartはGoogle Assistantと連携しており、音声操作によるショッピングを可能にした。
これらのスピーカーによってスマートフォンを探し回ったり、取り出す手間もなく、簡単に短い時間で買い物ができるようになりました。
Alexaではクラウド上に買い物リストを作成することができ、思い出した時に登録しておけば買い忘れる心配も少なくなります。


Happy young colleagues using tablet computer at creative office.jpeg

2.人工知能によるパーソナライズ
ユーザーの好みを把握しデータの分析によるリコメンドで有名なのはAmazonのおすすめ機能が有名です。
今後は、このようなパーソナライズの機能が進化し、
ほしいと思う前に、好みの商品を探したり、購入のタイミングを分析し、たとえば日用品などが切れる前に、
先回りした購入の提案をしてくれるかもしれません。

Equalizer sound wave background theme. Colour illustration..jpeg


3.今後の課題
定期的に注文している商品などでは問題ないですが、
新たな商品を探す場合には膨大にある商品の中から、音声だけで、好みに合う商品を探すことは難しいことも多いでしょう。

また、AIの技術がいくら進歩したと言っても、まだまだ人間の会話を完全に認識させることはできません。
今後さらに技術が進化していけば、AIと会話しているということも忘れてしまうような自然な会話ができ、スマートスピーカーが秘書のような存在になる日も来るかもしれません。

Topics:顧客満足度を高める方法AI/IoT/デジタルの最新テクノロジー
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1