消費者がリアル店舗に求めているものは?

by Sawako, on 2017/10/31 11:59:37

今、消費者はリテール業界に何を求めているのでしょうか?
品揃えや便利さ価格だけであれば、これからもよりeコマース産業のみが拡大していくでしょう。
商品を見に行く手間や時間帯の制約なく、配送料さえも低価格でオーダー出来るネット購入は効率的です。
 
新規CTA
 
しかし、実店舗をもつ小売店でも、SNSをうまく活用しMDやVMDが成功している店舗では売上が伸びています。
このことは、消費者が効率的なことだけを望んでいるわけではないことを示しているのではないでしょうか?
 
 「ちょうどいい」「自分に合っている」商品を手に入れること。
買い物する時間を楽しみ、手に入れた時の満足感を得ること。

Woman smiling looking up to blue sky taking deep breath celebrating freedom. Positive human emotion face expression feeling life perception success peace mind concept. Free Happy girl enjoying nature
 
 
百貨店の化粧品売場について考えてみます。
毎日のスキンケアからメイクアップまで、美しくありたい人の関心が高い、日常不可欠な商品です。変わり続ける最新の技術。専門スタッフからカスタマイズされた提案を受けるには、やはりリアル店舗に足を運ぶ必要があります。
 
ソファーやテーブルを置き、くつろいだ自宅スタイルの提案をするアパレル店では、居心地がよく洗練された空間を歩きながら、自分の部屋に置き換えて、着心地のいいセーターを購入したり。

屋外でテントやバーベキューを楽しむ提案をするスポーツ用品店では、必要な商品を1か所に集め、キャンプサイトのイメージ提案により、初心者用セットを購入するに至ったり。

誰かへ贈り物をする場合はどうでしょう。
商品の魅力だけでなく、ラッピングが与える影響力も大きいと思いませんか?
そうした付加価値が人の満足に大きく作用します。
 
gifts over white in red and golden colours.jpeg

 
リアル店舗に足を運んだからこそ得られる経験。
私達が五感を使って体験できるリアル体験が実店舗にはあります。

平面的には目立たなかった商品が、立体的な空間で活きてきます。

手に入れたい!と思う衝動が生まれたら、目の前にある商品は便利なネット商品より強いのです。

 
新規CTA
 
 
消費者がリアル店舗に求めているもの。
便利さや価格だけではない、その場に行けば得られる、多方向からの満足感なのではないでしょうか?


 
 
空間などの演出や接客、様々な施策からどんな効果が生まれているのか、データにとり、効果測定をし、次の新たなアイディアに活かしていきませんか?お問い合わせお待ちしております。

  お問い合わせ  
 
 < TOPへ戻る
 
Topics:リアル店舗を盛り上げようVMDの考え方を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1