カスタマージャーニーへのサポートツール

by Sawako, on 2017/10/19 7:09:00

お客様が目的とする「ゴール」に達するまでのカスタマージャーニーは常に進化しています。
最近よく聞かれる「カスタマージャーニー」とは、予め設定したペルソナ(対象となる架空の人)の動きを見える化したものです。
見える化することで、ペルソナが必要としている情報を、適切なタイミングで提供することが可能になります。

今までのマーケティング手法だけでは買い物客の購買行動を把握しきれなくなってきていると感じませんか?
Facebookやtwitterインスタグラムなど複数のSNSが主流となり、SNSの友人レコメンドから商品やサービスの購入を検討するというお客様も増えています。
この様な、お客様が商品やサービスの認知・購買のプロセスが多様化してきている事実から、時系列で把握のできるカスタマージャーニーは有効であると言われています。
 
 Road Trip sign with road background.jpeg
 
店内のお客様の行動について考えてみると、スマートフォンの普及により、いつでもどこでもインターネットを利用することができるようになりました。その為、商品やサービスの接点ポイントが多様になってきています。家を出ることなく製品や価格について調べる事が出来ますし、店内で商品を調べ、比較して購入という場面も見受けられる様になりました。
お客様が店内に入る時、ある程度は既に目的の商品は決まっている場合が多いといえるのではないでしょうか?
店内に足を運んでいただいたらチャンスです。お客様にVMDが成功すれば、それ以外の購入点数もどんどん増えていくわけです。
 
人口減少や実店舗において買い物客人口が減ってきている今、リテール業界のマーケティング担当にとって求められているのは、適切な時間に適切なチャネルを介して、適切な顧客をターゲットにすることです。
それを効果的に実行するために、様々な情報が必要です。
 
お客様の来店はいつ?何人あった?
訪問する頻度は?滞在時間や場所は?

顧客の買い物への旅をよりよく理解できるように、あらゆる情報から、可能性のある洞察をする必要があります 。
その手助けとなるサポートツールを弊社フローソリューションズはご提供しております。
スタッフや店長、経営陣に至るまで、会社全体で情報共有が出来る様に、分かり易い丁寧なサポートを目指しております。
店舗分析のソリューションについてこちらのeBookをぜひご活用下さい。

 このeBookを読む
Topics:マーケティングを取り入れる小売業界ニュース
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1