「また来たくなるお店」を作る5つの方法

by Sawako, on 2017/03/15 6:21:00

「また来たくなるお店」とはどんな店でしょう?
年齢や男女差など属性の違いや、シングル、カップル、またはファミリーなど置かれる立場によって違います。

どの小売企業でも理念や経営方針を考えた時、お客様の満足度を上げる取り組みについての目標、例えば「お客様にとって最高の買い物体験を提供できるお店」「生涯顧客をつくれるお店」といった目標が挙がっているのではないでしょうか?
 
お客様個々の特性や属性を把握し、会社の目標達成の手助けとなるのが、店内分析=買い物客分析です。
 
 
店舗前を通過した人のうち何人が入店した?
 
お客様が商品を手にとったスポットはどこ?
 
スタッフが試着室でお客様に応対した時間帯は?人数は?
 
何人の人が、どの時間帯に購入につながった?
 
 
といった従来は勘に頼っていた数値を、データとして残すことで様々な考察が可能です。
店舗のお客様との接触機会や、お客様の店内行動を事細かに検証し、次に起こすアクションをよりお客様に寄り添ったものへと改善していきましょう。その繰り返しが、満足度の高い買い物体験を創出できるでしょう。

 
関連記事
 
 
「また来たくなるお店」を作る5つの方法
 

「また来たくなる店」を作るための、買い物客を分析する、5つの方法をご紹介します。
 
1.店内分析「来店客数計測」
 
店舗前通行量の計測で来店率を算出したり、来店率を用いたディスプレイのABテストを行います。
何人の通行人がディスプレイを見たのか?そのうち何人が入店しなかったのか?をモニタリングすることが可能です。
正確な来店率を計測することで、ディスプレイの訴求効果を検証することがで きます。
来店率を分析し、入店に繋がった店舗の アクションがどういうものだったのかを知り「思わず入りたくなるお店」を目指しましょう。
 
2.店内分析「店内動向分析」
 
WiFiを使った店内動向分析で、買い物客と店舗スタッフや商品の接触機会を把握します。
再来店率の最も高い期間に行われていた マーケティングキャンペーンやプロモーション、 商品ラインナップを検証することで効果的な集客が行えます。

ヒートマップを使いボトルネックはどこなのか?または、店内で一番人気のスポットが見つかります。
そのデータを参考に店内レイアウトや商品 配置を改善していきます。
 
3.店内分析「試着室分析」
 
プライバシーに配慮しながら試着室での滞在時間や人数を把握し、スタッフの応対を分析します。

繁盛期に充分な接客スタッフ人数を配置し、サービスのレベル向上を目指します。
 
4.店内分析「属性分析」
 
ディスプレイに設置したデジタルサイネージと属性分析を連動させることで、買い物客がディスプレイとのインタラクションにどれだけ時間を割いたのかを計測が可能です。

属性分析により、どの年齢層の男女が店内のどこに興味を示しているのかが計測できます。
 
5.買い物客分析をスムーズに行うため「分析結果をプラットフォームで統合・可視化」「共有」
 
スタッフの行動、店舗の販促活動を購買率で数値化し、入店客を買い物客に転換するアクションを店舗全体で実施します。
効果測定を行うことで、店舗のパフォーマンスを向上させるための確実なアクションへと改善させます。
 
売上に至るまでのスタッフの行動評価にもつながり、モチベーションの向上にも期待できます。
 
 
 
 
データを用いた確かな情報を基に、個々のニーズに合わせた提案をし、お客様に満足を提供していきましょう。
 
 店内分析のメリット

Topics:来店客数を増やす店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1