先進小売業で必要な予測データ分析

by Sawako, on 2017/02/13 6:35:00

多くの小売業関係者が、「適切な商品」を「適切な時間と場所」で顧客に提供したいと考えています。
しかしこれを実現させることは簡単なことではありません。

Wifiやインターネットの普及がなかったつい最近まで、小売業者は自分の経験や小売技術、アナリストの予測、または顧客のフィードバックから得られた洞察に委ね、ビジネスの戦略を立てなければなりませんでした。

しかし、時代の変化の恩恵を受け、今やデータ分析により、先進小売業者はビジネスの進行状況をリアルタイムにより詳しく理解することができるようになり、将来の見通しを明確に立てられるようになりました。

予測データ分析は、小売業者が既に持っているデータの山から、将来起こるであろう出来事や消費者行動の可能性のある結果を分析し、予測するための幅広い技術とアプローチ(統計モニタリング、データマイニングなどの技術)を使用し行います。

 
先進小売業で必要な予測データ分析
 

関連記事
あなたの小売ビジネスのどこを改善すればよいか、そしてどのように行うべきか決める時、データなしで意思決定をすることは、より事柄を複雑にしてしまいます。データに関する3つの考察は、ビジネスでの大切な意思決定をする際、キー・パフォーマンス・メトリックの品質を評価するのに役立ちます。
 
これからの小売店経営においてKPI分析は欠かせません。小売店で重要視されているKPI(重要業績評価指標)は、来店客数・購買率・客単価です。これらの数値を読み取ることで、店舗のパフォーマンスを詳細に把握することができます。
 
予測分析の最大のビジネス価値は、小売業者が消費者の期待に先んじて対応できるようになるということです。
 
これはより良いショッピング体験の提供を、データに基づいて行う事ができ、マーチャンダイジングとプランニングを効果的に行えるというメリットがあります。
リアルタイムプロモーション、需要予測、価格設定、在庫切れの分析と管理においても同様のことが言えます。
 
 先進小売業で必要な予測データ分析
 
また、最近までデータ分析ソフトウェアのユーザーは、データアナリストの仲介人が設計し提供するレポートを待たなければなりませんでしたが、今やビジネスユーザーには、使いやすいダッシュボードや直接クエリが可能なセルフサービスアプリケーションが用意されています。

このソフトウェアにより、ビジネスユーザーは必要な情報に関連する質問・回答を迅速に得ることができます。
 
この専門の小売分析ソフトウェア使用により、ビジネスユーザーである店長やマネージャーにとってのメリットは、
  • 店舗に関連するデータにわかりやすい分析手法を使用し理解が深められる
  • 数回のクリックで簡単にデータアクセス・探索・分析が可能
  • 迅速かつ容易にサプライチェーンのデータに取り組める
  • 製品やマーチャンダイジング手法を分析し意思決定が可能
  • インタラクティブな視覚化のライブラリから選択することで、消費パターンの特定・顧客の行動把握が可能
    などが挙げられます。
 

使いやすいデータ分析ソフトを利用し、正確なデータに基づく予測分析で小売ビジネスの収益性を上げていくことに
世界の先進小売業は注目しています。
 
店舗分析技術比較一覧
 
先日Amazonがおもしろいサービスを開始したとのニュースを見ました。その名も「Amazon Fresh Pickup」希望の日時を指定し、実店舗に商品を受け取りに行くというスタイルのようです。
 
 
 
Topics:リテール分析
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1