Wifiを店舗で利用しIoTデータを活用

by Sawako, on 2017/01/31 9:40:19

「ありとあらゆるモノ」がインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)ビジネスが普及してきています。
Wifiを利用したインターネット利用率の増加に伴い、小売業実店舗においても分析ツールを検討・導入される企業が増え、今後さらにIoT導入が当たり前の時代が来るかもしれません。
 
このよく聞かれる「モノのインターネット=IoT」とはそもそも何でしょうか?
「ありとあらゆるモノがインターネットに接続する世界」のことであり、身近にある携帯電話をはじめ人や車、椅子、冷蔵庫などなど、これから繋がりそうなモノ全てがIoTになり得ます。

モノがインターネットと繋がることで、便利さや快適さ、コスト削減などの利便性が大きな魅力として挙げられるでしょう。


IoTと小売のこれからを知りたいあなたへ!おすすめの記事はこちら:
IoTと小売ビジネスのこれから
 

  Wifiを店舗で利用しIoTデータを活用
 

実際に「モノのインターネット」ビジネスとはどんなことなのか?それは、大きく分けて次の❶〜❹の動作で行われる流れといえます。
 
❶実店舗内のセンサー・デバイスで生成されたデータや、顧客がスマートフォン、タブレット、ウエアラブルなどを使用し接続することにより得られる有用なデータを収集する。
❷インターネットを経由し「クラウド」にデータを蓄積する。
❸この「クラウド」に蓄積されたデータを人工知能(AI)により分析する。
❹実店舗での販売戦略のアイディアとして小売店にフィードバックする。
 
ではこの流れを活用することによって小売業に見られるベネフィットとはどんなことがあるのでしょうか?
 
Wifiを店舗で利用しIoTデータを活用
 
具体的には、店内デバイスから収集されたデータおよび接続された消費者の買い物履歴から、各顧客のショッピングプロフィールを作成することができ、ショッピングパターンによりカスタマイズされたショッピング体験を提供できるようになることが考えられます。
 
スマートフォンアプリからのリアルタイム位置データの分析は、顧客のトラフィックパターンと購入行動に変換することができ、この情報から、店内のボトルネックがどこにあるのかを把握することが出来ます。
 
又、レジの混み具合から、顧客の待ち時間を短縮することも可能です。
過剰在庫や在庫切れに対応する在庫管理とサプライチェーン管理の改善にも期待できます。
 
今世界的に、先進的な小売業では、インターネット利用でデータ収集や分析することは当たり前の事となってきており、競ってこのテクノロジーの恩恵を受けようとしています。
 
今後、小売業界でこの革新的な技術使用によって買い物客の店内体験をよりカスタマイズする事に成功し、人々は更にパーソナライズされたサービスに期待するとみられています。
 
こちらのブログにて店舗分析によるメリットを分かりやすくご紹介しております。
 
 データを分析し有効活用するためのヒントがみつかるブログも是非ご覧ください。
 
 
このeBookを読む
 
 お問い合わせ 
 
 
Topics:リアル店舗を盛り上げよう店舗分析を学ぶ
テーマ別おすすめ記事

ブログの最新情報を受け取る

facebook_follow_001-1